今年で16回目を迎える、AV界の伝統あるビッグイベント『スカパー!アダルト放送大賞2020』には、スカパー!のアダルト放送の各チャンネルから、総勢12名の女優たちがノミネート。昨年12月1日から今年1月末にかけてのファン投票レースで女優賞、新人女優賞、熟女女優賞を争った。その結果は、本来なら今年3月の授賞式で大々的に明らかになるはずだったが、折からのコロナ禍により延期。11月28日放送のBSスカパー!や、スカパー!オンデマンドアダルト、スカパー!みんなのファン祭り特設サイトにてついに発表されたのである。

























コロナ禍への配慮から徹底した感染防止対策が行われ、無観客開催となった会場は、例年の雰囲気とは異なるものの、ピリッとした緊張感に包まれていた。いつもは熱気あふれるファンであふれる観客席では、ソーシャルディスタンスを保ったノミネート女優たちが艶やかなドレスに身を包み、焦らしに焦らされた賞レースの結果発表を待っていた。

 そこに登場したのは昨年に引き続きMCを務める尾形貴弘(パンサー)と女優の米田弥央。「毎年、野太い声で『尾形、帰れー!』なんて言われますが、それがなくて今年は寂しいですよ!」と、尾形もコロナ禍での無観客開催を残念がった。

 2人の掛け合いもほどほどに、すでに座っているノミネート女優の紹介が行われた。名前を呼ばれスッと立ち上がる姿は、それぞれトップ女優の雰囲気を存分に醸し出している。彼女たちからビンビン伝わる緊張感に尾形も「ヤバイですよ」と、謎の汗が吹き出す始末だ。

 そして、いよいよ受賞者の発表がスタート。まずは、「スカパー!オンデマンドアダルト賞」。スマホやタブレット、PC向けのアダルト番組配信サービス「スカパー!オンデマンドアダルト」において、期間中に最も多く購入された作品の主演女優に贈られる、まさにネット上での人気が如実にわかる賞だ。

 この賞を受賞したのは、『幼馴染みと子作り中●しセックスを練習しまくることになった僕。小倉由菜』で、エンタ!959からノミネートされた小倉由菜。「まさか選ばれるとは思ってなくて、寝耳に水です」と壇上で驚いていた。尾形に先んじて放った「サンキュー!」は受賞も納得のかわいさなので、ぜひ見てほしいところだ。

 また、授賞式後のコメントでは、「(違法で)アップロードされてる動画で見てます! って悪びれずに言われることがあるので、『AVは買って見る』ということがもっと浸透してほしい」とAV業界の発展も願う、しっかり者の一面も覗かせた。

 続いては、「ダラケ!賞」の発表だ。今年1月に放送された「ダラケ! お金を払ってでも見たいクイズ」の「スカパー!アダルト放送大賞2020ノミネート女優大集合! 人気セクシー女優ダラケのA-1グランプリ2020!」で活躍した女優に贈られる賞である。

 この番組では出演女優たちがアドリブでさまざまなセクシー演技を披露して芸達者ぶりをアピールしていたが、VTRで登場した番組MCの千原ジュニアの口から出た受賞者は、紺野ひかるだった。予選ブロックで一度は負けながらも、敗者復活戦からの這い上がりぶりがジュニアの印象に強く残ったようだ。

 受賞後のスピーチで、「ダラケ!」の収録当日は体調不良だったと紺野は明かしたが、それでもしっかりと結果を残した女優魂はさすがの一言。「紺野さんの力で、終了してしまった『ダラケ!』復活を!」と尾形も彼女のバラエティ力に期待していた。

 さて、いよいよ主要3部門の発表に移る。まずは、大浦真奈美、サーシャ、永野いち夏、篠崎かんながノミネートされた「新人女優賞」。昨年、同賞に輝いた唯井まひろがプレゼンターとして登場し、新人女優賞の肩書きを得たことで充実した1年になったと報告した。

 昨年から導入されて好評だった、ファンからの手紙を女優が読み上げるコーナーは今年も継続。各女優ともファンの愛情たっぷりのメッセージに触れて感極まった様子だったが、永野の順番でハプニングが発生。「えーと、この字、読めないです……(笑)」と告白する永野。サーシャの通訳が耳打ちし「栄(は)えある」という1文を無事読むことができた永野にこの日、一番の笑いが起きた。

 ノミネート女優が壇上でファンへの感謝などを述べた後は、いよいよ受賞者の発表だ。尾形が高らかに呼び上げた名前は……大浦真奈美! 癒し系の雰囲気と抜群のスタイルが人気の、業界注目の女優だ。唯井からねぎらいの言葉をもらった大浦は涙ながらに「早くファンの方に直接感謝を伝えたい」とコメント。デビュー以来、不安を抱えたり落ち込むこともあったが、ファンの励ましと支えでここまでやってこれたと語った。そのういういしい姿に客席にいた他部門のノミネート女優たちももらい泣きするほどだった。

 続いては、綾瀬麻衣子、並木塔子伊織涼子が並んだ熟女女優賞。昨年、受賞した加藤あやのが登壇すると「熟女女優好きは芸人でも多く、なかでも加藤さんはスターですから」と尾形も興奮を隠しきれない。そんな艶っぽいフェロモンを放出する熟女たちが並んだステージ上でスポットライトが当たったのは……綾瀬麻衣子! 十代だった1991年にAVデビューし、わずかな活動期間をもって引退していたが、2018年末からSOD女子社員としてAVに復活。年齢を感じさせない笑顔がキュートな熟女女優だ。

 若くして引退したことを後悔し、やり残したなにかをモヤモヤと抱えながら生きてきたという綾瀬。再デビューして以来、懸命にAV女優として頑張ってきた彼女は、今回の受賞で「再デビューが認められた気持ちです。夢は何歳になっても叶うんだって身をもって体験させていただきました。投票してくださったみんな、ありがとうございました!」とあふれる涙を止めることができない。

 授賞式後の取材では「ぶちこみ隊(綾瀬に投票してくれた方々の愛称)のみんながぶちこんでくれたので、いい反応をお返ししたい。お返しとしてどんなお礼がいいのかをぶちこみ隊に聞いて、今後活動していきたいです!」と、熟女らしいサービス精神も忘れていない。彼女の今後の展開が楽しみだ。

 そして授賞式を締めくくるのは「女優賞」の発表だ。佐倉絆、橋本れいか、紺野ひかる、あおいれな、小倉由菜らAV界のトップをひた走るノミネート女優たちを前に、プレゼンターの戸田真琴が登壇。昨年の女優賞受賞をきっかけに自分が好きになり自信を持てたと、この賞の存在の大きさを語った。

 女優たちが読み上げるファンからの手紙にも「引退するきずぽん(佐倉の愛称)への唯一の後悔は(2017年の女優賞ノミネート時に)最高の賞を獲らせてあげられなかったこと」「れなぱん(あおいれなの愛称)、ちっぱいだけど胸を張れ!」とより一層熱がこもる。

 かくして緊迫感が最高潮となった会場で呼ばれた、女優賞受賞者の名は……佐倉絆! デビューから約5年半もの間、million専属女優としてメーカーの看板を背負い、惜しまれつつも今年3月に引退を果たしている。佐倉のファンたちは引退の花道を作るべく大いに意気込んで投票していたようだ。 2年前の「スカパー!アダルト放送大賞2017」では、女優賞レースでAIKAに敗れた彼女だが、今回は必ず獲るぞとの意気込みで臨み、その気持ちにファンが応えた格好だ。佐倉はステージでカメラに向かって「みなさま、“推し”は推せるときに推せ!」と語り、AV業界と女優たちへのさらなる応援をファンに呼びかけていたが、佐倉のセリフなら説得力絶大である。

 また、佐倉はそうしたファンへの感謝を述べつつ、「ここみん、もらいました! ここみんと同じ賞をもらえました!」と、感無量の様子。自身が女優を目指すきっかけとなった憧れの成瀬心美(※スカパー!アダルト放送大賞2012にて女優賞を受賞)と同じ賞を獲れたうれしさを爆発させた。その瞬間、この日一番の拍手が巻き起こったことは言うまでもない。授賞式後の取材では「女優人生は今日の受賞で100点になりました!」と賞の重さを実感していた。

 式の最後に、受賞と同時に就任するスカパーのアダルト放送の広報大使である「スカパー!アダルトアーン♡バサダー2020」への意気込みを聞かれた佐倉、綾瀬、大浦はみな業界の発展のために尽力すると力強く答えた。コロナ禍によってAV界のみならず新たな様式が求められるが、受賞した3人ならばどんな状況でも業界を牽引してくれるに違いない。

■スカパー!アダルト放送大賞2020公式サイト
https://adult-awards.com/

■スカパー!オンデマンド アダルトで授賞式の模様を見逃し配信中!
『スカパー!アダルト放送大賞2020』
配信期間:12/31(木)後11:59まで
※無料配信 要会員登録
https://r20.skyperfectv.co.jp/feature/awards-live

■「スカパー!みんなのファン祭り」特設サイト
※無料配信 登録不要
https://promo.skyperfectv.co.jp/fan-matsuri/?cid=M0054

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる