成瀬心美の喜怒哀楽コラムはじめました。

第7回【喜】
はるきちに渡せてよかった!

さてどーも!!

今回もガシガシ書いていきますよ!!
今月の私の気分は【喜】かしらね。

実は2月に体調の関係で、お仕事の休業を発表したのだけど。
ファンの皆と逢える公の場に出るのが2月のスカパー!アダルト放送大賞2013だったのさ。

アダルト放送大賞と言えば、去年のバレンタインデーに私の夢が叶った場所。

ずっとずっと願ってた事が実現した場所。

涙も鼻水もいっぱい出た場所。
あれから1年が経って、今年はプレゼンターという形で参加しました。

思えば私がこの夢を見だしたのは、大好きで尊敬するRioさんが女優賞をとった翌年。Rioさんがプレゼンターとしてアダルト放送大賞に参加したのを会場の片隅で見たときでした。

一緒だ。へへ。

楽屋に入るなり女優賞にノミネートしている方々が居たのだけど、皆が皆、凄い緊張感で、なんだかクスッっとしてしまった。

去年の私はと言うと、楽屋の張りつめた空気に慣れなくって、ずっと逃げ出したかったなぁ。
お弁当の野菜たちに、ご飯の黒ゴマで顔を作って緊張を和らげていたっけ。

そんなことを思い出しながら“今年は“誰が賞を獲るのかなー?”なんて考えられるくらい、気持ちに余裕があったかな。

この1年、女優賞をとってから、周りからの目も変わったし、自分なりに“受賞者としてふさわしい人間にならなきゃ!”と、背筋を伸ばしてきたつもりだった。

きっとそれは自分の自己満足でしかないかもしれないけど、歴代の受賞者の方の顔ぶれを思い出すたびに 自分もなにか頑張らないとプレッシャーに押しつぶされてしまうような気がしてたの。だからあまりこの1年は記憶がない。

思えばデビューしてから1つ1つ覚えてはいるけど、ざっと思い出そうとすると何も浮かんでこない。不思議だ。

でも、それだけがむしゃらだってことなんだと思う。

私は誰かに求められるって事が大好きで。アルバイトをやっていた時も仕事を一生懸命覚えて 週7日仕事をしていた。店長とかに必要とされていたのが嬉しかったからだ。

だからこのお仕事も、メーカーさん、事務所、ファンの皆さんに必要とされたくって仕事をバンバンやっている。有名になりたいとか、お金を稼ぐとか、そんなんもう関係なかったのかもしれない。

そんな5年間の中で1つ持った夢が”女優賞”をとる事だったから、それを叶えられた自分はなんて幸せ者なんだろうって心から思う。

自分だけで獲れた賞ではもちろんない。だからこそ嬉しかった。

この1年、色んな物を背負ってズンズン山を登っていたけど、先月、同じステージで女優賞をとった、さとう遥希ちゃんにトロフィーを渡した瞬間に肩が軽くなった。
そしてなんだかすごく泣きそうで足が震えてしまっていた。

きっとこの1年間、私の中にあったおもりが一気になくなったんだろう。

この1年の私は、女優賞をとった人間として100点の行動をとれていたかは、わからない。
でもただ、すごく幸せだった。

そんな気持ちをはるきちに手渡せたのは、すごく嬉しかった。

はるきちは自分の中ですごく似てるなって思う女優さん。だから、勝手に二人三脚な気持ちで作品とかも一緒に盛り上げていたって気がする。

だからトロフィー渡せてよかった。”おめでとう。よろしくね”って気持ちと一緒に。

その後、壇上ではるきちが言ってくれた
「私は成瀬心美のような女優になりたい」って言葉が、「1年間よく頑張りました」って言ってもらえたようで涙が止まらなかった。

あ、勝手にアダルト放送大賞でトロフィーを渡してから燃え尽きたっていう話になってしまいましたけども、私また帰ってきますからねwww

だからこのコラムも、一旦お休みになっちゃうけど、またこうしてだらだら書かせてもらいますからね!!
終わりませんよ!!!!????

いつも原稿の提出期限を守らなくって、担当さんに迷惑をかけてしまっていたと思うけど、「お休みで!」って言ってくださったので、またこうして日々のうんたらかんたらを、このコラムで爆発させてもらいますからね!!!w

それまではいっぱいストレッチしときます。
戻ってきたときにまた突っ走りたいからさw
誰かに必要とされたいから。

皆!待っててくれよな!!!!!!!!!!!!!!

では、冬眠にはいりまーーーーーーすwwwwwww

Profile

成瀬心美
1989年3月3日生まれ。身長147cm、B89・W60・H82
成瀬心美公式ブログ - ここみんねっと(・ω・)ノ`*
Twitter-@coco3n

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる

>