君のハダカに恋してる

第15回 吉沢明歩
「学校では教えてくれないこと」

吉沢明歩。グラドル活動を経て2003年にAVに転身。デビューから10年が過ぎたいまなお、第一線でコンスタントな作品リリースを続けるAV界のリビングレジェンドである。

“花の命は短くて苦しきことのみ多かりき”的なAV業界において、極めて異例の10年選手。心身ともに強固であり続けなければ、届くことのない極みに達した唯一無二の存在。吉沢明歩、マーガレット・サッチャーよりも“鉄の女”という称号が似合うアイアンストロングな女優である。

日本では、金融危機などにより経済が低迷の一途をたどった90年代前半~00年代前半を「失われた10年」などと称するが、その「失われた10年」の直後に吉沢明歩がAVデビューを遂げているとは、つくづく数奇なものである。



結論から述べると、彼女のAVデビューは、日本経済回復のための最大のカンフル剤であったのだ。吉沢明歩のデビューから現在までに至る10年は、「失われた10年」をリカバリーする「取り戻す10年」。つまり彼女の活躍、彼女の存在が日本経済を持ち直したのである。

大仰だと思うかもしれないが、彼女がアダルト産業をとおして、日本経済と日本人のマインドを健全な方向に上方修正したことは疑いようのない事実である。現状ではまだ「学校では教えてくれない経済学」にすぎないが、次回の教科書改訂時には、当たり前のように、吉沢明歩と日本経済の関係がヘアヌードグラビアつきで掲載されていることだろう。

それだけ吉沢明歩と、その10年には価値があるのだ。現代を生きる日本のサムライたちは、この10年、喜びも悲しみもすべて吉沢明歩と共有してきたといっても過言ではない。夜汽車に飛び乗り故郷を逃げ出したあの日も、工場で油にまみれて日銭を稼いだあの日も、駄菓子屋の帰り道でスキップをしてアキレス腱を断裂したあの日も、吉沢明歩はAV女優であったし、我々は彼女でティッシュボックスをカラにした。

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とは憲法25条の条文だが、その最低限度の生活には、吉沢明歩が不可欠だ。NO吉沢明歩NO LIFE、NO吉沢明歩NO FUTUREである。

繰り返すが兎にも角にも10年の間に、吉沢明歩は、市井の人々が日常生活を送る上で“なくてはならない存在”になってしまったことは事実だ。それは、もはや生活必需品、災害時避難時の持ち出し品に属する。「総務省消防庁や内閣府が選定した災害時の非常持ち出し品リスト」には、「食料品、飲料水、医薬品、日用品、衣類」とあるが、担当者がうっかりしていたのか、最も大事な「吉沢明歩のDVD」が抜けている。これでは危機的状況をかいくぐることはできない。

「人はひとりで生きていけない」というが、それは間違いである。正しくは「人は吉沢明歩なしで生きていけない」だ。吉沢明歩がいなければ、人類は滅亡するだろう。吉沢明歩のAV女優としての息吹が、ときを進め、未来を創造するのである。吉沢明歩は一介のAV女優ではない。至極当然の結論であるが、その重みは果てしない。

これまで多くの人々が青天井に吉沢明歩を語り、自慰し、出演作のタイトルを写経してきた。一億総評論家時代ともいわれる現代にあって、多くの吉沢明歩にまつわる名言・金言も誕生している。最後に、日本が生み出した最高傑作AV女優・吉沢明歩にまつわる名言・金言を紹介することで、当コラムの緞帳を下ろさせていただくことにする。

【吉沢明歩に関する金言集】

● 男は、幼少期は母親の乳、成人期は吉沢明歩の乳で成長するものである
● どんな傑作映画より吉沢明歩のアダルトビデオのほうが琴線を刺激するものだ
● 人生に必要なのは、勇気と想像力。そしてちょっとばかりの吉沢明歩だ
● あなたがその人と友達になりたければAVの話をしなさい、親友になりたければ性癖の話をしなさい、絶交したければ吉沢明歩の悪口をいいなさい
● インドの修行僧も一日一度は吉沢明歩のことを考えている
● 人生に迷ったときは、吉沢明歩が喜ぶほうを選びなさい
● 法の番人も吉沢明歩の前では、理性を捨てる
● 我輩の辞書には吉沢明歩しかない
● 人は人生で三度だけ慟哭することがある。一度目は「この世に生まれたとき」、二度目は「愛する人が亡くなったとき」、三度目は「吉沢明歩がAVを引退したとき」である
● 私は吉沢明歩のDVDを小脇に抱えていれば、100mを5秒で走れる


Profile

今月のPICKUP女優・吉沢明歩(よしざわあきほ)
1984年3月3日生まれ。身長161cm、B86・W58・H86。
タレント活動を経て2003年に『天使の蕾』(アリスJAPAN)でAVデビュー。近年は映画やドラマ、バラエティ番組へも活躍の場を広げている。活動10周年に当たる2013年にはスカパー!アダルト放送大賞で作品賞を受賞した。

Profile

文・ダイキタケザワ
エロと競馬とタバコをこよなく愛するライター&エディター。最近知った豆知識は「風俗のシャワータイムで鼻歌を歌ったら、女の子にやさしくしてもらえる」。
Twitter-@daikitakezawa

放送情報

吉沢明歩ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる

ml>