原美織のボッキンオンジャパン

「HでMなみーんなの妹」人気女優の原美織が、大好きなオナニーについて語り尽くすスペシャルコラム! 今月は……まだ何も知らないおぼこ娘時代のみおりんが主人公。生まれてはじめてワレメを濡らした瞬間の思い出を、こっそり告白しちゃいます。とっても恥ずかしいから、みんなにはナイショにしといてね!

第10回「お姉ちゃん、これってお漏らし?」

原美織のボッキンオンジャパン
ス●ール水着だとあそこが濡れても安心!

私が初めてパンツを濡らしたのは、3歳のときでした。当時よく遊んでもらっていた近所のお姉ちゃんが、道端に落ちていたエロ本を指差し、「この本はね、大人になったときのために読んでおいたほうがいいんだよ」と言いました。

お姉ちゃんの言葉を素直に受け取った私は、その場にしゃがみこみ、興味津々にエロ本を覗き込みました。描写されている内容は、当然ですがまったく理解できません。なのになぜか本の中の世界に引き込まれてしまい、夢中で絵や写真を眺めていました。なんでこの本に出てくる人はみんな裸なんだろう?

しばらくすると、違和感に気がつきました。……お股が冷たい。気づかないうちにおしっこを漏らしてしまったのかな? そっとパンツの中を見てみると、おしっことは違う、ねちゃねちゃとしたものがついていました。これ、なんだろう? なんだか恥ずかしくて、お姉ちゃんにねちゃねちゃの正体を聞くことはできませんでした。

イメージ画像
他の女の子たちの初濡れ、気になります……。

それ以来私たちは、道端でエッチな本を見つけては熟読しました。そのたびにパンツはねちゃねちゃになりました。他のお遊びは飽きることもありましたが、このお遊びだけは飽きずにずっと続けていました。大人になり、形は変わりましたが私は「このお遊び」をいまだにやめられません。

「女性器が濡れる」のってなんだか神秘的ですよね。子どもですら興奮して濡らしてしまうんですもの。一方で成人女性でも濡れないこともあります。メンタルの影響を受けるので、緊張していたり、ときめきが足りないと濡れないことがあります。まさに「心が濡れる」と「性器も濡れる」というやつ。セックスに限った話ではなく、バイブやディルドを使ってオナニーするときも、ローションを使うより、愛液まみれのほうが断然気持ちいいので、チョコをちょい足しして(第9回参照)、ときめきオナニーするとよいでしょう。

私の場合「心が濡れ」、「性器が濡れる」と、「頬が濡れる」──泣きマンなので、気持ちよすぎると勝手に涙が出ちゃうんです。ね、やっぱり「濡れる」のって神秘的。また来月えっちなお話ししよーね♡

Profile

原美織

原美織(はらみおり)

1993年9月13日生まれ。2014年、AVデビュー。身長150cm、B84・W57・H85。
公式ブログ:原美織オフィシャルブログ
Twitter:@miori_hara

放送情報

原美織ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる