ハダカのおしゃべり

第77回 早川瑞希(前編)
「ちんちん舐めてもいいですか」

早川瑞希

第77回 早川瑞希(前編)
「ちんちん舐めてもいいですか」

──今回は天真爛漫なキャラクターとむちむち巨乳ボディで鳴らす、早川瑞希さんに会いに来ました~! 12月のスカパー!アダルトの編成では、早川さんが出演している番組がたくさん放送されます。まずは「【完全主観】巨乳ナースだらけの病棟に入院したボクのエロすぎるハーレム看護日誌」(レインボーチャンネル)から紹介していきましょう。

蓮実クレアさん浜崎真緒さん、大浦真奈美さんと私がナースとして出演していて、みんなで患者さんを誘惑するという作品です。女優のキャリアと同じく、役の中でも、蓮実さんと浜崎さんが先輩ナースで、真奈美ちゃんが後輩ナース。私は先輩2人についていく役どころとはいえ、『私、新人です』って感じの演技はできない立場だから難しかったです。でしゃばりすぎず、でも目立ちたいみたいな」

早川瑞希

──中間の立場って難しいですね。蓮実さんや浜崎さんがグイグイいくなかで、割り込むタイミングを見計らわなくちゃいけない。

「ここは目立ちどきかなって思うタイミングがいくつもあるんですけど、いざ攻めようとすると、先輩が先に動いてるんですよ。特に浜崎さんのアドリブがすごくて、『あ、またやられた、これもやられた!』っていうのばかり。やっぱりすごいなって思いました。バックでハメられてるときにチュウしようと思ったら浜崎さんが先にやってたり、言おうと思ってたことを言われたりして、悔しさが残ってます(笑)」

──他の作品でも、早川さんは痴女として攻める役が多いかと思いますが、そんなツワモノでも太刀打ちできないとは。

「でも、実は私、痴女役が苦手なんですよ。罵倒するのは得意なんですけど、いやらしいお姉さんみたいな言い回しが、照れちゃうんです。それでふだんから参考にしてるのが蓮実さんなんですよ。この作品でも、蓮実さんから出てくる言葉が、その場に的確すぎて、やっぱりリスペクトすべき女優さんだなって思いました。めっちゃ勉強になりました! そんな尊敬できる先輩方と新人の真奈美ちゃんに挟まれて頑張ったので見てください!」

早川瑞希

──続いて、「デカ尻スキャンダル セックスアイドル2 早川瑞希」(レインボーチャンネル)です。これはカンパニー松尾監督とのプライベート感あふれるカラミが見どころですね。

「松尾さんとのデートっぽい雰囲気で楽しかったです。松尾さんとタピオカ買ったりして、いちゃいちゃしてましたね(笑)」

──ドキュメンタリーっぽい、いちゃいちゃする撮影はお好きですか。

「好きです。松尾さんはたまに冷たくて、突き放してくるところがまたよくて、キュンと来ます。振り向かせてやろう、頑張ろうって思いますね。私、松尾さんのことが大好きなので、シャワー入る前に『ちんちん舐めてもいいですか』って聞いて舐めさせてもらったり、セックスも結構、素が出てるかもしれないです。『早川瑞希』じゃなくて本名の私でセックスしてたかも(笑)」

早川瑞希
「【完全主観】巨乳ナースだらけの病棟に入院したボクのエロすぎるハーレム看護日誌」(レインボーチャンネル)

──それは必見ですね! この作品は早川さんが加入しているアイドルグループ「原宿☆バンビーナ」も関係しているんですよね。

「そうですね。松尾さんがライブを見に来てくれて、ライブ終わりにそのままホテルに行きました(笑)」

──昔からアイドルには興味があったんですか。

「もともと『モー●ング娘。』が好きでした。原宿☆バンビーナは2016年6月に始まったんですけど、そのときの結成メンバーに入れなかったのがすごい悔しくて、それでマネージャーにめっちゃ頼んで、翌年1月に入れてもらったんです。念願でした」

──メンバーの脱退など紆余曲折あった原宿☆バンビーナですが、根強いファンがいますよね。

「原宿☆バンビーナの一員として活動するなかで、応援してくれるファンが増えました。ライブでファンに会う機会が増えたり、いいことがすごいあって、やってよかったと思っています!」

早川瑞希
「【完全主観】巨乳ナースだらけの病棟に入院したボクのエロすぎるハーレム看護日誌」(レインボーチャンネル)

──残念ながら早川さんと七海ゆあさんによる原宿☆バンビーナは、今年12月22日のライブで最後となりますが、いつか復活することを祈っています! さて、今月放送される3作目は、「愛人と人妻と濃厚接吻 大槻ひびき 千乃あずみ 早川瑞希 玉城マイ 舞川ゆりな」(kmpチャンネル)です。

「これも痴女系で、セレブ妻がねっとりと不倫セックスを繰り広げる作品です。まだ私が新人の頃だったので、めちゃめちゃ緊張して、全然痴女ができなかったのを覚えてます」

──積極的な人妻という役は難しかったですか。

「今はこういう役が多いので、恥ずかしさや苦手意識はなくなってきましたけど、当時は『また痴女の役? どうしていいかわかんないよ!』みたいに思ってました。プライベートのセックスでは、自分からいやらしくしたことなんてなかったから、『次どうしたらいいですか』ってセリフの言い回しを監督さんに聞きまくってました」

早川瑞希
「デカ尻スキャンダル2!アイドルとAV女優の狭間!早川瑞希」(レインボーチャンネル)

──この作品も痴女の勉強になった現場だったんですね。痴女は自分なりに研究していたんですか。

「そうですね。蓮実クレアさんの作品を見て勉強してました。あとファンの人に『痴女が苦手』って言ったら、『これ見たらいいよ』って紹介してくれた作品もあって、それで自分なりに研究して、なんとか今まで乗り切ってきました」

──そもそもSとMでは、ご自身ではどちらだと思いますか。

「以前はMでした。でも、今は攻めるのも攻められるのも好きなので、相手に合わせます。相手が喜ぶほうをしたいですね」

──12月14日と15日に開催されるTOHJIRO監督の「SMナイト」にも早川さんは参戦する予定ですが、SMにも目覚めたんですか。

「SM系の作品に出たことはそんなに多くないんですよ。でも、一度緊縛をしたことがあって、数日残る縄の痕を見て『これ、好きかも』って思いました。攻めることのほうが多かったので、緊縛されて身動きできない状態で攻められるのは新鮮でよかったですね」

早川瑞希
「愛人と人妻と濃厚接吻 大槻ひびき 千乃あずみ 早川瑞希 玉城マイ 舞川ゆりな」(kmpチャンネル)

──TOHJIRO監督の作品に出たことがきっかけでイベントに呼ばれたんですか。

「ドグマさんの作品に出させてもらったのは、『縛交 狂乱交尾・ドマゾ女を縛肉連続ファック 早川瑞希』(2019年)だけなんですけど、これ、TOHJIRO監督の作品じゃないんですよ。だけど、この作品を撮っているとき、TOHJIRO監督が楽屋に来てくれて、めっちゃフルーツを差し入れてくれたんです。それに、原宿☆バンビーナのライブにも来てくれましたね」

──TOHJIRO監督、早川さんのことがかなり気になってるみたいですね。

「SMの経験値がないから、『SMナイト』の出演は断ろうかとも思ったんですよ。だけど、せっかく誘っていただけたんだし、こんな機会はめったにないし、世界が広がるかもと思って出ることにしました」

早川瑞希
「愛人と人妻と濃厚接吻 大槻ひびき 千乃あずみ 早川瑞希 玉城マイ 舞川ゆりな」(kmpチャンネル)

──女優のキャリアとしても貴重な経験になるでしょうね。さて、最後は「やらずに三十路を迎える『やらみそ美女』が急増中!ならば、チンポでお役に立ちたい」(パラダイステレビ)です。

「そもそもずっと疑問だったんですけど、『やらみそ』って言葉は、ほんとにあるんですか?」

──ネットで検索するとたくさん出てきますよ! ハタチすぎても童貞の「ヤラハタ」、ミソジなのに処女の「やらみそ」みたいな感じですね。

「ほんとにあるんだ! パラダイステレビさんの創作だと思ってた(笑)。この作品の私は、処女という設定で出演しているんですけど、監督さんが『いつもの早川さんの感じでいいよ』って言ってくれたから、あんまりキャラクターを作らないで演じています。男優さんもノリの良い方だったので、ぎゃはぎゃはと笑いながら撮ってました。ほんとに処女っぽく見えたかどうか、ちょっと……不安ですね」

早川瑞希
「やらずに三十路を迎える「やらみそ美女」が急増中!ならば、チンポでお役に立ちたい」(パラダイステレビ)

──経験豊富な女優さんが処女を演じるのって、逆に技量が問われると思いますが、いかがでしたか。

「ちゃんと『おちんちんって、どこ触ればいいんですか……?』って、何も知らない様子でやりました! あと、男優さんはノリが良い人だったんですけど、若くてイケメン風な感じだったんですよね。私、そういう人の前だと緊張しちゃって、目を合わせるのも、顔を近づけるのも恥ずかしかったです。なので、そういう照れくさい感じは処女っぽさが出ていたと思います!」

──自分の処女時代を思い出してやったりしなかったですか。

「そこまで、処女を大事にしてなかったし、気づいたらチンコ入ってたみたいな感じだったから、そこはあんまり……(笑)」

──気づいたらヤッてたって、なにか盛られたんじゃ……。後半では、そんな気になる早川さんの初体験やプライベートのお悩みなどをお届けします!

Profile

Profile

早川瑞希(はやかわみずき)
1993年11月9日生まれ。2015年、AVデビュー。身長162cm、B88・W60・H88。
イベントの情報はツイッターをチェック!
Twitter:@MizukiHayakawa

Profile

Profile

文・安部千房
あべちふさ。1994年生まれ。好きなAV女優に会いたい一心で業界に入った安直AVライター。最近は女性に顔面を舐めてもらうことにハマっている。

放送情報

『愛人と人妻と濃厚接吻 大槻ひびき 千乃あずみ 早川瑞希 玉城マイ 舞川ゆりな』

12/4(水) 深4:30~
【その他放送日】-


『【完全主観】巨乳ナースだらけの病棟に入院したボクのエロすぎるハーレム看護日誌』

12/3(火) 深3:00~ CS初放送
【その他放送日】7・11・20・25


『デカ尻スキャンダル2!アイドルとAV女優の狭間!早川瑞希』

12/5(木) 昼0:00~ CS初放送
【その他放送日】20・27


『やらずに三十路を迎える「やらみそ美女」が急増中!ならば、チンポでお役に立ちたい』

12/11(水) 後11:00~ CSオリジナル
【その他放送日】13・15・18・20・23・26


Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる