熟女AV女優のSEX履歴書

第40回 森ななこ(後編)
「AVに出たのは上司の紹介です」

前編はこちら→「中2のななこに群がる男たち」

──高校を卒業してからは、普通に就職なさったんですか?

「はい、普通にOLやってました」

──森さんみたいなコが新卒で入ってきたら、オジサンたちはざわつくでしょうねー。

「全然! 全然そんなのなかったですよ。まあまあ大きい会社だったんですけど、男の人は30歳になったら皆結婚してるような会社で。そういうなかで、結婚してない人にはすごいアピられたりしましたけど」

──やっぱニジリ寄られてるんじゃないですか(笑)。森さんってこれまでの人生で、あまり男には困ったことなさそうですよね。


「うん、あんま困らない。だって普通に生きとけば、普通に身近で誰かが好きになってくれるじゃないですか。普通にしとけば」

──「普通にしてれば相手ができるものだ」ってことですか? でも、それは「かわいい」って前提あっての話ですよ、やっぱり。

「でも、身近な人が……例えば学校でもそうだし、仕事とかでもそうだし。男の人は頑張らないといけないから、自分からいかないとですけど、女って普通に生きとけば、絶対誰か身近な人が好きになってくれる」

──でも好きにはなってくれたとしても、それを森さんが受け入れるかっていったら別の話じゃないですか。

「アタシは身近な人とつき合っちゃいますね、やっぱり。押されちゃうと結構弱いんですよ(笑)」

──お話聞いてる限り、相当押しには弱そうですけど(笑)。それはそうと、普通にOLをやっていた森さんが、なぜAVの世界に入ってしまったかってことなんですけど……デビューのキッカケはスカウトとかですか?


「バック限定 ケツフ●ックベストセレクション TOP20 Ver.2015」(レインボーチャンネルHD)

「いや、自分で志願しました(笑)。もとから興味はあったんで」

──なんと志願組でしたか!

「私がつとめてた職場は上司も含めて、皆すごく仲良しだったんですよ。で、『アタシAVとかに出てみたいんだよね』っていったら、『あ、俺の知り合いに関係者がいるよ』ってなって、今の事務所を紹介してもらったんです」

──ええーっ、そんなことあるんですか!?

「それがあるんですよ。上司が、『じゃあ紹介するよ』『うん、お願い』って。その1、2週間後の仕事帰りに、今の事務所の人に話を聞いて、そのままデビューっていう」

──じゃあ、そのときの上司は森さんがAVやってることをご存じなんですか?

「知ってます。私、今は企画単体でやらせてもらってますけど、最初はムーディーズでデビューだったんですよ。で、デビュー後、しばらくは昼の仕事も並行してやってましたからね」


「バック限定 ケツフ●ックベストセレクション TOP20 Ver.2015」(レインボーチャンネルHD)

──すごい話だな~。AVに出てみたいって気持ちはいつ頃からあったんですか?

「その……乱交したメンバーがいたじゃないですか(前編参照)。乱交事件の前に、同じメンバーで普通に遊んでたんですよ。そのときに初めて観たAVが乱交もので」

──また乱交物! そいつら、それ再現しただけじゃないですか!(笑)

「(笑)。でも、そのときはさすがに自分が出たいとかじゃなく、『痛そう』としか思わなかったんですよ。その後、つき合った彼氏の家ではよく一緒にAV観たりしてたんで、その頃からなんですかね~。出てみたいって気持ちが芽生え出したのは」

──どういうところに興味があったんですか?

「男優さんのSEXとか(いい笑顔で)」

──今、いい顔でいいましたね~(笑)。例えば、志望の動機として「それまでSEXでイッたことがない」とか、「プライベートのSEXが不満だった」とか、そういう話はよく聞くんですけど、森さんの場合、そういうことでもないわけですよね?


「バック限定 ケツフ●ックベストセレクション TOP20 Ver.2015」(レインボーチャンネルHD)

「違いますね。単純に、『AVってどんな世界なんだろう』とか思いません?」

──思わないことはないですけど、男優になりたいとは思わないですよ(苦笑)。「キレイな女優さんといっぱいSEXデキてうらやましいな」とは思いますけど。

「アハハ。でも、私はAVの裏側も含めて興味があったんですよね」

──そうなんですね~。森さん、本数的には結構な数の作品に出られてますよね?

「500本ぐらい出たんじゃないかな。素●系で名前を出してない作品も含めたら」

──500本とは、さすが人気女優! まあ、実際、僕も何度かお世話になってますしね(笑)。でも、森さんって、なんで若妻的な役どころが多いんですかね?

「年齢的にかな(笑)。そうじゃなければ、もうハタチの女優さんでも若妻とかやってるけど、『若妻』っていうジャンルが流行ってるからじゃないですかね」


──いやいや、きっとそれだけ若妻役がハマるんですよ、森さんは。

「ありがとうございまーす♪」

──500本近く出演されてきて、まだこれからやってみたいことあります?

「お仕事のオファーをいただける限りはAV女優を続けていきますけど、正直、AVの活動ばっかりでもアレかなと思ってるんですよ。そういう意味では自分にとって新しいことにチャレンジしたいなと思ってます。温かい目で見守ってください。応援をよろしくお願いします!」

Profile

森ななこ(もりななこ)
1985年8月1日生まれ。身長164cm、B92・W58・H87。
2008年にAVデビュー。

Profile

文・苗田シュン
なえた・しゅん。1973年生まれ。アイドルよりもAV女優のほうに女としての魅力を感じてしまう、根っからのAV好きライター。いつか痴女に出会うことが、ひそかな夢。

放送情報

森ななこさんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる