熟女AV女優のSEX履歴書

第53回 成宮いろは(前編)
「処女フェラからのゴックン」

──今回は、2015年7月に「専属妻 成宮いろは38歳AVデビュー」でAV界に現れた奇跡の38歳にして、現在、一般投票受付中の「スカパー!アダルト放送大賞2016」熟女女優賞にもノミネートされている成宮いろはさんにお話を聞きにきました!

「よろしくお願いいたします」

──このコーナーは「熟女AV女優のSEX履歴書」というタイトルが示す通り、キャリアの長い女優さんにご登場いただくことが多くて、『スカパー!アダルト放送大賞2016』熟女女優賞は、過去にこのコーナーにも登場した五十嵐しのぶさん加山なつ子さんというベテラン女優さんがノミネートされています。で、成宮さんはこのおふたりと対決するわけですが……。

「もうホントに……こんな大先輩たちのなかに、ポッと出の私が入って、一緒に肩を並べていいものか恐縮しちゃいますよ。でも、せっかくノミネート女優に選んでいただいたからには、何か結果を残したいなと思うので頑張ります。まだまだ投票受付中なので、これを読んでくださっている皆様、よろしくお願いいたします!」


──成宮さんは、デビューして半年が経ちましたけど、作品は何本撮りましたか。

「昨年12月にリリースされた新作が6本目になりますけど、撮った本数ですと10本いっていると思います」

──ご自身が思う「成宮いろはのセールスポイント」って、どこだと思いますか?

「えー、なんですかね……? お尻はよく褒めていただくことが多いですし、お尻をフィーチャーしてもらった、騎乗位がメインの作品があるんですけど……」

──それはもしや、今月のプレイボーイチャンネルHDで放送される成宮さんの出演作「成宮いろは 美尻奥さま騎乗位狂い」のことですかね?

「あ、そうです。それです!」

──では、そのまま作品の見所を教えてください!

「はい(笑)。えっと、私、騎乗位がすごく好きなんですよ。女性主体の体位って少ないですけど、騎乗位なら自分の好きなところに当てられるじゃないですか。だから、私も楽しんでやってるのが伝わるんじゃないかと思います」


「【恥らい妻】成宮いろは38歳デビュー 初々しいのに超大胆!!」(プレイボーイチャンネルHD)

──騎乗位好きな女性は、腰振りも高速なイメージがあるんですけど……。

「速いといわれます。現場スチールの人に『シャッターのピントが合わないからゆっくりにしてください』っていわれますから(笑)」

──いいですね~。では、今日はそんな成宮さんの幼少期のお話からお聞きしたいと思うんですけど、ご出身はどちらなんですか?

「栃木県です。佐野市ってとこなんですけど」

──あー、佐野ラーメンで有名な。僕も地元、栃木なんですよ。

「あ、そうなんですか! 一緒ですね」

──僕ら年も近いし、うまくすれば地元で出会えたかもですねー(笑)。ご兄弟とかは、いますか?

「はい、妹がふたりいます。私は長女なんですけど」

──え? てことは三姉妹ですか? 成宮三姉妹的な。まあ、成宮ではないと思いますけど(笑)。

「はい、三姉妹です(笑)」


「【恥らい妻】成宮いろは38歳デビュー 初々しいのに超大胆!!」(プレイボーイチャンネルHD)

──おおー。さぞかし、地元では評判の美人姉妹だったんじゃないですか?

「いやいやいや、そんなことないです。みんなちっちゃくて、コロコロしてっていうのが共通点で(笑)。私も小さいですけど、母も妹たちもみんな小さいので」

──そうなんですね。学生時代はクラブ活動とか部活とかなさってましたか?

「中学と高校の途中まで、剣道をやってました」

──剣道! これまでインタビューした女優さんのなかでも剣道経験者はいなかったです。

「ホントですか? あと、小学生の頃から習いごとはいろいろやってて、ピアノ、習字、そろばん、スイミング、お花と一通りやりましたね。でも、中学の部活で剣道を始めて忙しくなったこともあって、ほとんど辞めちゃったんで、得意なものはそんなにないんですけど(笑)」

──小学校卒業までに、そこまでいろいろやっていたということは、割と親御さんが教育熱心だったとか?


「【恥らい妻】成宮いろは38歳デビュー 初々しいのに超大胆!!」(プレイボーイチャンネルHD)

「それもあるんですけど、私自身も好奇心旺盛でいろんなことに興味があったし、私が『やりたい』っていったことには結構参加させてくれる両親だったんです。だから、嫌々やってたわけじゃなくて、むしろ楽しんでやってました」

──すごいなー。初恋とかって覚えてます?

「男のコを意識したのは小学校高学年とかで、初めておつき合いしたのは中2ですね。相手は同級生で」

──初体験の相手もその人ですか?

「いえ、初めてつき合った人は結局Bまでで、初体験の相手はまた違う人ですね。初体験は結構遅くて、高校2年生の終わりなんです」

──「B」って表現が嬉しいですね。初体験はどんな感じだったんですか?

「それまでにも何度もトライしたんですけど、ちゃんとできるまでに1年ぐらいかかったんですよ。私が痛がったのもあって、なかなか最後までできなかったんですよね。でも彼は収まりもつかないし、私も申し訳ないから、しばらくの間は手とか口でしてあげてたんです。『ごめんね。ごめんね』っていいながら」


「【恥らい妻】成宮いろは38歳デビュー 初々しいのに超大胆!!」(プレイボーイチャンネルHD)

──でも、処女の手コキとフェラですからね。だいぶ付加価値ありますよ。処女とはいえ、それなりに知識はあったんですか?

「そうですね。中学生ぐらいになると周りも興味を持ち出すじゃないですか。AVを持ってくるコがいたり、エッチな週刊誌を漁ってきたりとか」

──漁ってきたり(笑)。そんなことするんですか? 女子も。

「はい、女子もします。あと、うちの父が出張にいくたび、新幹線で読む用に週刊誌とか買うんですよね。『週刊大衆』とか。そういうのに載ってるヌードのグラビアとか、ものすごく興奮しましたね」

──『週刊大衆』ですか、いいですね~(笑)。初体験の話に戻りますけど、しばらくの間は毎回お口で受け止めてたんですか?

「そう。毎回、口で受け止めて、そのまま飲んでました。口の中に出された精子を出したら、失礼なんじゃないかって思ってたんで」


「【恥らい妻】成宮いろは38歳デビュー 初々しいのに超大胆!!」(プレイボーイチャンネルHD)

──超エロいじゃないですか! いやー、そのときの彼氏が羨ましい!

「だから、AVの世界に入ってからも『精子を飲む』ってことに対して、あんまり抵抗がないんですよね。そもそも吐き出すという概念がないので」

──いい子過ぎますよ! で、1年近くそんなことを続けて、やっと初体験を終えたと。

「とにかく痛かったけど、達成感というか、嬉しかったですね。周りも結構済ませてるコが多かったので、焦りもありましたし」

──多かったですか。まあ、佐野だけじゃなくて、栃木県はね~。

「やることないですからね。高校生になったら、とりあえずヤるみたいな(笑)」

──ホントにやることないですからね(笑)。じゃあ、ここで初体験を済ませてからは割とお盛んになっていく感じですか?


「【恥らい妻】成宮いろは38歳デビュー 初々しいのに超大胆!!」(プレイボーイチャンネルHD)

「いや、そうでもないですね。今はこういう世界でやっていますけど、元々は結構臆病な性格なんですよ。まず自分から男の人に『好きです』って告白できないし、ナンパされてもコワいのが先に立ってしまうからついていけないし。なので、あんまり『何人斬り』みたいな武勇伝も持ってなくて」

──持ってなくていいと思いますよ(笑)。この業界は、たまに「2万人」とか極端な人がいますけど。

「いますよね(笑)。だから私の場合は、特別な関係になった人とは結構突き詰めるタイプで。それこそ若いときは好奇心もあるから、いろんなことやってみたくなりますし」

──何をしてきたかが非常に気になります(笑)。では、後編ではデビュー後のお話も含めて聞いていきたいと思います!

Profile

成宮いろは(なりみやいろは)
1977年6月8日生まれ。身長151cm、B86・W61・H88。
2015年にAVデビュー。
twitter:@narimiya0608

Profile

文・苗田シュン
なえた・しゅん。1973年生まれ。アイドルよりもAV女優のほうに女としての魅力を感じてしまう、根っからのAV好きライター。いつか痴女に出会うことが、ひそかな夢。

放送情報

成宮いろはさんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる