熟女AV女優のSEX履歴書

第57回 江波りゅう(前編)
「時給600円の町工場が楽しかった」

──今回は、かつて着エロアイドルとして記録的なDVDの売り上げを残し、2011年からAVシーンで活躍中の“個性派美女”、江波りゅうさんにお話を聞きに来ました!

「インタビュー受けるのは久しぶりなんですけど、よろしくお願いします」

──まずは江波さんの経歴をお伺いしていく前に、今月、スカパー!アダルトのレインボーチャンネルHDで放送される江波さんの出演作品の見どころをお聞きかせください。作品はニューハーフ女優・ゆきのあかりさんとの共演作『江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2』(h.m.p)なんですが、江波さんはわりと男も女もいける感じなんですか? というか、ニューハーフもいける?

「いけるんですけど、経験自体は初めてでした」


──元々は、江波さんが、ゆきのあかりさんのことをいいなと思っていたとか。

「はい。ルックスどうこうとかじゃなくて、何か惹かれるものがあったんですよね。このコは何かを抱えてる、みたいな(笑)。ニューハーフに対する偏見は全然ないんですけど、セックスした経験はなかったので、どう接していいのかわからなくなる瞬間は何度もありました。エッチのときも場面場面で、どっちなんだろう? って」

──作品を拝見した限りだと、ゆきのさんのほうが女子っぽいですよね?

「あー、そうかもしれないですね。いろんな意味でなかなか難しい作品ではあったんですけど、見どころはやっぱり私がニューハーフ処女を卒業する過程ですかね(笑)」

──なるほど、わかりました(笑)。では、幼少期のお話からお聞きしていきますが、小さい頃はどんなお子さんでしたか? 

「4歳上のお兄ちゃんがいるんですけど、お兄ちゃんが高校生になるくらいまでは全然仲良くなくって、私はおとなしいコでしたね。普通、子供ってうるさいじゃないですか? 私は手のかからない子供だっていわれてました」


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

──へー、そうなんですね。クラブ活動や部活動はしてましたか?

「中学校ではバレーボール部で、高校は男子バスケ部のマネージャーですね。足が速かったんで最初は陸上部に誘われたんですけど、練習厳しいからすぐ辞めちゃって……。それで誘われるがまま男子バスケ部のマネージャーに」

──本コーナーのいつもの展開だと、早い子はこのくらいの時期までに初恋だったり、初体験を済ませる感じなんですけど……江波さんの場合はどうでしたか?

「1年生のときに、バスケ部の1コ上の先輩とつき合ってました」

──向こうからいわれて?

「いえ、私のひとめ惚れです(笑)。カッコイイというより、色白で綺麗な人だったんですよ。どちらかというと、少女漫画の登場人物に近い感じというか。でも、私は告白とかできるタイプじゃないから、地味にアピールしまくったんですよ。『(先輩の)クシをください!』っていってみたり、ず~っと視線を送ったりとか。そしたら、向こうから告白されて」


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

──すごい! 初体験もこの人ですか?

「そうです。つき合って半年ぐらいした頃に彼の家に遊びにいったら、だんだん服を脱がされてそういうことになりました」

──めっちゃニヤニヤしてましたね、今(笑)。その綺麗な先輩との初体験はどうだったんですか? やっぱり痛かったのか、最初からわりと良かったのか。

「向こうもあまり経験がなかったのか、すごくぎこちなかったんですよ。ただ、私自身も『来るかな?』って予感があったからヤる前は興奮してて、すごく濡れてて。そのせいか、痛くなかったんですよね」

──ビショビショだったせいで。

「はい(笑)。でも、『入ってるな』っていうのはわかるんだけど、『気持ちいい』っていうのは全然なくて。だから、AVみたいに声出したほうがいいのかな? って考えて、いちおう声を出して」


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

──うわー、気遣いの人だな~(笑)。で、この彼とは結構続いたんですか?

「いや、すぐ別れましたね。私が高1の終わりぐらいで高校を辞めちゃったんで、そのまま自然消滅的な感じで」

──高校は、なんで辞めちゃったんですか?

「勉強も苦手だったし、仲良くなった友達は、みんな妊娠して辞めたりしてたんですよ。そういうことの積み重ねで楽しくなくなっちゃったんですよね」

──高校を辞めてからの江波さんは、どこに向かうんですか?

「母親が勤めていた工場で働いてました。埼玉の田舎の、すごい小さい町工場みたいなところで。毎日、同じ作業の繰り返しなんですけど、私には合ってたというか、なんか楽しかったんですよね。2年ぐらい勤めたんじゃないかな」

──その町工場、時給はいくらだったんですか?

「え、600円……」


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

──ええーっ!! 東南アジアとかじゃなくて、埼玉でしょ? それ相当安いですよ!!

「そうですね。いくら埼玉の田舎の町工場とはいえ、今考えると安いと思いますね」

──でも、当時の江波さんは特に疑問も持たずに、600円で「意外とこの仕事楽しいな」って思ってたんですよね?(笑)。「私向いてるわ」って。かわいいなー。ちなみに、町工場で知り合った男性と何かあったりとか……。

「あ、それはまったくなかったです(笑)。AVではありがちですけど、社長と私以外は60過ぎのおばちゃんとかばかりだったんで」

──そんな地道な生活をしばらく続けて、そこからどう展開していくんですか?

「パチンコ店で働き出したんですけど母親に猛反対されて、その後マ●ドナルドにいったんですよ」


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

──出た、マ●ク! このコーナーに過去にご登場いただいた女優さんのマ●ク率はかなり高いんですけど、聞くと皆さん、かなりの確率で店長とヤってるんですよ。

「ホントですか? 私は全然なかったですね~。でも、このへんの時期に近所の男のコと、夜に学校のプールに忍び込んだことがあって」

──おおー、青春っぽい! ヤりましたか?

「まず、その彼を裸にして突き落としたんですよ(笑)。なんか、そういう衝動に駆られちゃって。それからプールで泳いだりして、ひとしきり遊んだあと、私の車の中でヤりました」

──青春映画にありそうですよ、そんな展開。相手のコはいくつですか?

「そのとき中2だったのかな。私は、たぶん18歳のとき」


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

──中2!! しかも、18歳と14歳!! 彼は経験あったんですか?

「童貞だったんですけど、中2のくせにAVが大好きだったらしく、手マンとかすごい頑張ってくるんですよ。だから、そんな頑張らなくていいよって思いましたね(苦笑)」

──でも、彼にしてみたら強烈過ぎる初体験ですよ。たぶん、その後の彼の性癖にかなり影響を与えちゃったと思いますよ。

「今頃どうなってるんでしょうね(笑)」

──他人事のように。悪いお姉さんだな~(笑)。ところで、マ●クはしばらく続いたんですか?

「しばらくは続いたけど、派閥みたいのが嫌で辞めて……。そこから少しして水商売の世界にいくんですけど、そこで今の事務所の社長と知り合うんです」


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

──今もまさに江波さんの隣にいらっしゃる、こちらの個性的な社長と運命的な出会いを果たすわけですね。

「はい(笑)。初めて会ったとき、私がそれまでに出会った大人の中でいちばん危険な香りがしました」

──アハハ。では、その続きは後編でお願いします!

Profile

江波りゅう(えなみ りゅう)
1982年7月16日生まれ。身長164cm、B88、W60、H90。2011年にAVデビュー。
ブログ:りゅ日記。

Profile

文・苗田シュン
なえた・しゅん。1973年生まれ。アイドルよりもAV女優のほうに女としての魅力を感じてしまう、根っからのAV好きライター。いつか痴女に出会うことが、ひそかな夢。

放送情報

江波りゅうさんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる