熟女AV女優のSEX履歴書

第58回 江波りゅう(後編)
「本当にヤルなんて思ってなかった」

前編はこちら→「時給600円の町工場が楽しかった」

──前編では、今の事務所の社長と出会うまでを話してもらったわけですけど、そもそも社長とはどういうふうに出会ったんですか?

「社長が経営するキャバクラで働いてた同級生のコを、私がクルマで送ってあげてたんですよ。その頃、仕事もしてなくて暇だったんで。そしたら、その同級生から『私、社長に気に入られちゃって食事に連れていってもらうんだけど、友達も一緒においでっていってるから来てよ』と誘われまして。で、あるファミレスで初めて社長と会うことになったんですけど、一目見た瞬間、危険なニオイを感じてソッコー帰ろうとしたんですよ。友達は『大丈夫だから、大丈夫だから』っていうんですけど、『いや、ダメでしょ! アレは』っていうくらい(笑)」


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

──第一印象は最悪だったんですね。

「はい。で、キャバクラで働くつもりとかも全然なかったんですけど、その後も社長とは何度か会う機会があって。で、ある日、たまたま呼ばれたときに社長がお店にいなかったんですけど、そこの店長が『社長が戻ってくるまで働いてみれば?』と」

──なんなら時給も出すしと。

「お金のことは全然考えてなかったけど、着替えてきなよっていうから、『えっ……わかった』って。素直だから、私(笑)」

(ここで社長が乱入)「でも、帰りに1万5千円ぐらいあげたじゃない」

「覚えてないなー。たぶん、おカネもらったと思うけど」

──でも、かつて時給600円の町工場で働いてた江波さんからすれば、1日1万5千円とかもらえてビックリしたんじゃないですか?(笑)

「うん、ビックリした。で、次の日も『明日、何時に来れる?』とかいわれて。また素直な私はいっちゃうわけですよ、友達と一緒に」


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

──そこから継続的に働くことになるわけですか。

「そうです」

社長「ただ、綺麗なだけだったらアレだけど、このコは中身が独特だったんですよ。変わった雰囲気もあって」

──確かに独特の雰囲気がありますよね。そこから着エロでデビューされるわけですけど、これはどういうキッカケだったんですか?

「社長は複数のキャバクラの経営と並行してプロレスとか芸能関係の仕事もしてたんで、そのツテで着エロの話が来たんでしょうね。それで私に、『こういうのがあるんだけど、やってみないか?』と。撮られること自体は嫌いじゃなかったんで、『まあ、別にいいけど』って」

──1000枚売れれば帳尻が合うとされる着エロDVDの世界で、累計10万枚ぐらい売ったそうで。すごいですよね。

「そういうふうにいわれても、私は全然実感ないですけどね。お店と並行しながら結局ハタチから28歳くらいまでやって、全部で30枚くらい出したのかな。途中、2年くらい休んだ時期はあるんですけど」


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

──そんな着エロ活動を経て「芸能人枠」でSODクリエイトからデビューされるわけですけど、それは着エロで全部やり尽くしたみたいな思いもあったんですか?

「辞めるか、AVいくかしかなかったんですよ。撮られる仕事は続けたいなって思ってましたし」

──とはいえ、人前でSEXするっていう非日常の世界に飛び込むわけじゃないですか。そこに戸惑いはなかったですか?

「『本当にヤるんですか?』って、何度も何度も聞いてました(笑)。でも、みんな『ヤるよ』『いくよ』と。しかも、デビュー作だからスタッフの人もすごい多くて……。それで余計に緊張したんですけど、お酒を飲ませていただいたんで、デビュー作なのに潮がバンバン出たんですよ」

──アハハ。結果オーライだったんですね。ところで、よくAV男優さんのSEXは、一般人のSEXと全然違うみたいなことを聞きますけど。


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

「そこはわからないなー。要所要所でカット入るし。普通のSEXって、カット入らないじゃないですか」

──そこですか!

「うん、だから萎えさせないように、男優さんって自分でずっとチ●コ触ってるんですよね。そこは、すごいなぁと思いますね。あ、でも手マンはうまいと思います」

──手マンはうまい。なるほど、ピンポイントですね(笑)。ホントに素直だなー、江波さんは。今年で5年目ということですけど、本数的にはこれまでどのぐらい出られてるんですか?

社長「ピンもので100ぐらい。総タイトルで270~280ぐらいじゃないですか」

「だそうです(笑)」


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

──(笑)。AVをやり始めて自分のSEXが変わった、みたいなとこあります?

「AVをやるようになってからのほうが、SEXがより気持ち良くはなりましたね。それも含めて、この業界は自分に向いてると思います」

──なるほど。今後目指す方向というか、野望なんかはありますか?

「う~ん……海外で仕事してみたいんですよね。着エロでは何度かいかせてもらったんですけど、AVではまだないんで。それとAVの活動自体は40代になっても続けてる気はするんですけど、最終的には物を書く仕事とかにも興味はあるんですよ。そんなに喋るほうではないんですけど、書くのは好きなんで」

──へえー、その転身は面白そうですね。ぜひ実現させてほしいです! ところでスカパー!アダルトの視聴者は50代、60代の方も多いんですけど、そのあたりの年代の方は江波さん的にはどうですか?


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

「基本的には、男であればいいです。仮にチ●コが勃たなくても、男を捨ててない人がいいですね」

──アハハ。いいコメントです。では、最後にスカパー!アダルトの視聴者と、江波さんのファンの方にメッセージをお願いします。

「えっと今も月に1度は撮影会をやっているんですけど、それとは別に『江波りゅうを本気(マジ)で応援しよう会』、通称『マジ会』というのがありまして、不定期ですけど、継続的にオフ会的なことをやっているんですよ。私と一緒に飲んだり、デートできたりするんですけど」

──おおー、それはファンにはたまらないですね!

「もう2回実現したんですけど、私自身も楽しんでます(笑)。告知は毎回、私のブログに載せているので、興味がある方はぜひ来てほしいですね」

──わかりました。今日はありがとうございました!

「あ、そうだ」


「江波りゅう&ゆきのあかり①②③④ ~NHと♀、SとM、これはレズなのか?!~レズ・オーガズム2」(レインボーチャンネルHD)

──え? なんかありました?

「私、町工場でバイトしてた時代に、出会い系で知り合った女のコとレズSEXしたことがあったなーって」

──そんなイイ話、なんで今思い出すんですか!(苦笑)

「いや、すっかり忘れてて(笑)」

──では、また機会があったら詳しく聞かせてください! 最後までマイペースな江波さんでした!

「ウフフフ。ではでは~」

Profile

江波りゅう(えなみ りゅう)
1982年7月16日生まれ。身長164cm、B88、W60、H90。2011年にAVデビュー。
ブログ:りゅ日記。

Profile

文・苗田シュン
なえた・しゅん。1973年生まれ。アイドルよりもAV女優のほうに女としての魅力を感じてしまう、根っからのAV好きライター。いつか痴女に出会うことが、ひそかな夢。

放送情報

江波りゅうさんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる