ノーブラ広報ちゃん

「スカパー!アダルト」編集部で働く「ノーブラ広報」(女子・彼氏いない歴4年)が「スカパー!アダルト」の旬な情報はもちろん、アダルト業界やエロについてのゆる~い意見をふんわりと語ります。お弁当でいえば添えもののミニトマトのようなもの。軽い気持ちでつまんでいってね♪

第1回「オンナはいくつまでAV女優になれるのか?」

ノーブラ広報ちゃん

近頃人気の熟女女優さんたち。
多くのメーカーからオファーが殺到している単体女優の一条綺美香さんをはじめ、川上ゆうさん、風間ゆみさんなど、AVやグラビアなどで活躍されている女優さんには30代以上の熟女がいっぱいいますね。
そういえばコンビニのエッチな本のコーナーをチラ見すると熟女雑誌が満載になっています。一条さんはなんと今年で50歳というから驚きますが、そもそもデビューしたのが48歳のとき。
で、わたしは思ったのです。オンナはいくつまでAV女優になれるのか? と。

一条さんの「48歳デビュー」を支えたのは昨今の熟女ブームであるのは明確です。80年代に美少女AVアイドルとして一世を風靡し、引退→復活を遂げた松本まりなさんも「AV業界では熟女がブームって聞いて、またやってみようかなって思った」とおっしゃっていました。
まあ、おふたりはもともとが美人であるわけですが、90年代なら考えられなかった40代でのデビュー(や、再デビュー)が歓迎されるようになってきたのは、「オンナはいくつになっても性欲があってスケベである」「いやむしろ年をとってからのほうがスケベになってないか?」ということが浸透してきたからではないでしょうか。

オンナは子供を産んで育てればそれでおしまい。セックスぅ? そんなのおばちゃんがするのかよ~、なんてかつてはいわれたりしていましたが、いまは「熟女が好き」とお笑い芸人がお昼の番組で公言できる時代です。

ノーブラ広報ちゃん

※写真はイメージです。

日本人男性は基本的にロリ好きで、オンナは若ければ若いほどよいという傾向は変わっていないと思いますが、皆が皆そうでもない、ということがなんとなくおおやけになるにつれ、我々(というのはそれほど若くもない女性のことです)に明るい光が見えてきました。
若くて美しいオンナのセックスにだけ価値があるわけじゃないんだ! 40代には40代の、50代には50代のよさがあり、ファンがいる。年をとるのは怖いことだと思っていたけど、そんなに怖くないじゃん!

熟女ブームといわれて久しいですが、かつてこのブームをけん引した20代後半から30代の美熟女たちはキャリア10年を超えてなお活躍中、加えて、40代、50代の「普通のおばさま」たちも、「不況で夫の給料が減ったから」「セックスレスを解消したくて」「最後にひとはな咲かせたい」「若い男優さんととにかくエッチがしてみたかった」と次々にAV出演を果たしています。
売上だって、美少女新人のデビュー作より50代熟女の不倫温泉旅行モノがいいなんて話もチラホラ聞きます。

三十路をむかえ、日々、オンナとしての価値がゴロゴロと音をたてて下がっていくのを感じていますが、AVの中ではむしろ脂が乗ってくる頃あい。ノーブラ広報、まだまだイケるよ!

いくつになっても男を受け入れて、人に見られて輝く女性たち。張りをなくした胸や垂れたお尻、何段にも重なったお腹の脂肪など、長く生きてきた証を堂々とカメラの前にさらし、自分の欲望のままにセックスしまくる姿はたくましいです。
求められればいくつになっても女性はAV女優になれちゃうってことなんですね。
それを見ながら「うわ、こんなババアがwww」などと草を生やしながらも、股間を固くして思わずチ●コを握ってしまう男たちがいるのかと考えると、なんてかわいいのかしらと感慨深くなります。
熟女ブームはすでにブームの域を超え、もはや定番のジャンルとなっていますが、この傾向、わたしは大歓迎。年をとることを恐れず、それから、熟女ブームにおごることなく、日々を過ごしていきたいものですね。

Profile

ノーブラ広報

ノーブラ広報

自称「スカパー!アダルト」編集部の夜の蝶。牛レバ刺しが復活する日を祈りながら日々働いています。誰か二日酔いが劇的に治る薬を開発してください。ツイッター @sptv_adult も見てね。

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる