ノーブラ広報ちゃん

「スカパー!アダルト」編集部で働く「ノーブラ広報」(女子・彼氏いない歴5年)が「スカパー!アダルト」の旬な情報はもちろん、アダルト業界やエロについてのゆる~い意見をふんわりと語ります。お弁当でいえば添えもののミニトマトのようなもの。軽い気持ちでつまんでいってね♪

第12回「たくさんセックスできる人が羨ましい」

ノーブラ広報ちゃん

一部ネット住民たちを賑わせている、某有名文化人の愛人多股騒動。彼が作ったセックスファイル(評価付き)が流出したり、「やった」「マグロだった」と書かれた女性が「やってない」と真っ向から反論したり、元愛人が実録漫画を描いたりとまだまだ新たな展開を見せそうです。実はノーブラ広報もその愛人のひとりでして……あ、すみません、ウソつきました。でもこの騒動についてよく知らないまま、感じたことがあります。それは「○田さん、たくさんセックスできていいなあ」ってこと。

女は身持ちが固いほうがいいとか、たくさんセックスしている女性は軽いとか不真面目とか不潔とか、マイナスなイメージで語る人が多いけど、わたしは「いっぱいセックスできるなんてすごい! 羨ましい!」と思ってしまいます。すごく美人でスタイルがよければ、自分の価値を高めるために、ある一定以上のランクの男性以外とはしないとか決めて、近寄りがたい雰囲気を出したり、誘われても「ノー」と突き放したりするかもしれないけれど、そのどちらでもないわたしにとっては、「したい」といってくれる人は貴重な存在。「えっ、わたしなんかでいいんですか!? なんだかかえってすみません」と恐縮しながらも尻尾を振ってついていくしかありません。しかももう三十路もなかば。売りにできるような若さもないとくれば、ここはもう少ないチャンスをなんとか逃がさないようにしないと。

「安売りするな」とか「自分を大切にしなさい」とか言うひともいるけれど、セックスをすることで相手と深く分かり合えることもあるし、たまに「あー、めんどくさい、この人とやんなきゃよかった」と思うことで、より地雷の少なさそうな相手を見極める目も育つというものです。学習しなければ結果は生まれてきません。

ノーブラ広報ちゃん

美味しいお店に行かないと本当に美味しい食べ物を知らないみたいに、たくさんセックスしないと、セックスのよさはきっとわからないはず。好き嫌いの激しい女より、なんでも「おいしー♪」ってにこにこ食べる女のほうが、絶対に気持ちがいいじゃないですか。ノーブラ広報も何でも美味しく食べられるタイプ。キラキラしたオシャレな食べ物はもちろんのこと、たまにはゲテモノや、「え、これ食えんの?」と思うような変わったものも食べてみたい。そうやってどんどん人数を増やしていけば、その数だけ自分の価値が上がったような、満たされたような気がしてしまいます。相手から見ればただの「ヤレる女」なのかもしれないけれど、こっちからだって、「ヤレる男」なんだからおあいこです。

女だからセックスの誘いは待っていなきゃいけないっていう常識もイヤだな。ぺヤングマキ監督もインタビューで語っていたけど、ここのところ、男の都合のいいように女が発情して男を襲うというAVも沢山作られているし、「ヤリマンは悪」みたいな風潮がなくなればいいのにと思います。男の人だって、何も知らないようなウブな女の子にイチからいろいろと教え込むより、「あっ、そんなとこまで舐めて……フアァァァ!」っていう百戦錬磨の奉仕型の女の子のほうが気楽なはずです。

ただ、「俺マジでスゲーんだぜ! イカせまくりだぜ!」って言い放ってる男子は興ざめ。それほど経験がなさそうに見えて、ベッドの上では華麗なるテクを見せてくれるような男の人と出会いたいな。だからわたしも黒い胸のうちを隠して「えー? セックスとか別に好きでも嫌いでもないです」とか言って、できるだけ普通を装いたいと思います。

Profile

ノーブラ広報

ノーブラ広報

自称「スカパー!アダルト」編集部の夜の蝶。牛レバ刺しが復活する日を祈りながら日々働いています。誰か二日酔いが劇的に治る薬を開発してください。ツイッター @sptv_adult も見てね。

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる