ハダカのおしゃべり

第2回 浜崎真緒(後編)
「従姉妹と妹をクンニする小学生」

前編はこちら→「鳥インフルになったから辞めます」

──前半では「伝説のダメバイトっぷり」などをお聞きしましたが(笑)、初体験って、どうだったんですか?

「まだ学校いってるときだったんで、14か、15ですね。なんか流れで、彼と2人でカラオケいったんですよ。で、違和感を感じながらも、『2人っきりでカラオケとかつまんねーな』とか思いながら歌ってたら、なんか触ってくるし、いきなりマイク降ろされるし。カラオケなのに(笑)」

──「歌ってる場合じゃないから」みたいな(笑)。で、気がついたら違うマイクを握らされて。

「そうそう。初めてなのにフェラさせられるし。しかも、血が出なかったから『ホントに処女?』って疑われるし、最悪の思い出ですね。まあ、流されやすい私がいけないんですけど……」


──初体験でも、たまに血が出ないコもいる、っていいますよね。

「私、小学校1年か2年ぐらいのときに、当時小6くらいの、いとこの男の子に指入れられたことがあって……。そんときに処女膜なくなっちゃったのかな? みたいな」

──小2と小6で、どんな遊びしてんですか!(苦笑)

「ホント、顔がカッコ良かったんですよ♪」

──知らんわ!(笑)そもそも、それはどういう状況だったんですか?

「その日は大晦日で、年が明けたらみんなで神社にお参りにいく予定だったんですよ。で、お参りにいく前に子供は仮眠してなさいっていわれたんで、30分ぐらい2人でお布団のなかに入ってたんですよ。そしたらなんか急に隣の人のほうから手が出てきて、もぞもぞって」


──ビックリしたでしょ?

「超ビックリした! 超ビックリしたけど、なんか『いっかな』て思っちゃった。かっこいい人だったから(笑)」

──何されてるかもわかってないでしょ? だって。

「実は私、あんまり詳しくはいえないんですけど、小さい頃からパパが家で普通にAVを流してる環境で育ったんですよ。それがあったからって、いとこにオッパイとかアソコを触られて気持ちよくなったりとかはないけど……」

──これって、パパのアレと一緒なんじゃないかと。

「そう。触られたり、ちょっとチューされたり」

──じゃあ、それがファーストキス?

「ファーストキスか! え、本当だ! ヤバい!」

──今気付いたんですか(笑)。話が面白すぎて、全然AVの話に進めないんですけど……。

「アハハ。そのあとで神社いったときも、うちのクルマ、8人乗りのワンボックスだったんですけど、『子供らは一緒に後ろにいけ』っていわれて、2人並んで後部座席に座らされたんですよ。前にパパ、ママ、親戚の人たち。で、私たち2人と、あと、ほかにも誰かいて。ママが『寒いから』って毛布かけてくれたんですけど、そしたらパパとママが目の前にいるのに、その彼が毛布の中で、またもぞもぞと……」


「終電無くなったので貴方の家に泊めてもらってもイイですか?」(kmpチャンネル)

──いちいち、とんでもないガキだな……(苦笑)。

「あ、今思い出したんですけど、まだどこにも話してない話がもう1コあって」

──ほう。ぜひお願いします!

「小学校3年生ぐらいのときに、お母さんのほうの10個ぐらい離れてる年上のいとこのお姉ちゃんがいて、そのお姉ちゃんにクンニされたんです(笑)」

──カオスすぎるよ!(笑)浜崎家の親戚はどうなってるの?

「『絶対に気持ちいいから』っていわれて、『黙っといてね』みたいな感じで。でも、本当に気持ちよくって……。それで、『じゃあ、私のも少し舐めて』みたいな(笑)。たぶん、絶対モテない系の人だったから、誰かにクンニされたかったんだと思うの。でも、自分ではできないから、私に要求してきたんじゃないかなって」


「出会った瞬間に即ハメ!即イラマ!即発射! ついでに酔った勢いでノンストップ中●し!浜崎真緒」(レインボーチャンネルHD)

──で、真緒ちゃんはマ●コ舐めたんですか?

「舐めた舐めた。しかも、今、私と妹の中ではむっちゃタブーな話になってるけど、それ妹にいったの。『ちょっと、いま下(オマ●コ)舐められたんだけど』みたいな。で、『ホント気持ち良かった』っていったら、妹が『え、そんなに!? ちょっと私のも舐めてみて』って」

──マジで!? 舐めたの?

「ちょっと舐めた。そしたら『え、気持ちいい』とかいって(笑)」

──やっぱりおバカ姉妹ですね……(※前編参照)。

「その、いとこのお姉ちゃんが……その人のせいだよ! そんな小3でさ、クンニの気持ちよさ知っちゃったら、オナニー始まっちゃうじゃないですか」

──始まっちゃったのね(笑)。で、そろそろAVデビューの話をお聞きできればと思うんですが、キッカケはスカウトですか?

「はい。18歳のときに声かけられたんですよ」


「出会った瞬間に即ハメ!即イラマ!即発射! ついでに酔った勢いでノンストップ中●し!浜崎真緒」(レインボーチャンネルHD)

──どんな口説かれ方をしたんですか!?

「『ご飯食べにいこうよ。奢るよ』っていわれて、ファミレスに連れていかれて、その日は帰されたんですよ。それで、また次に会ったときに具体的な話になって。

──その頃、仕事はしてなかった?

「髪の毛ピンクだったし、ふつうのバイトは無理だから、キャバクラの体入荒らし(体験入店を繰り返すこと)みたいなことやってました」

──超ダメな女ですね(笑)。そんな人でもキャバで雇ってもらえてた?

「だからいいキャバのお店がないか、話を聞きたかったんだけど、スカウトの人がだんだんAVの話になって。で、『プライベートでもセックスしてるでしょ?』っていわれて、『まあ、してますけどね』みたいな。そしたら『変わんないよ』っていわれて。それで『ちょっと事務所で話だけでもいいから聞こうよ』みたいな流れになり……」


「出会った瞬間に即ハメ!即イラマ!即発射! ついでに酔った勢いでノンストップ中●し!浜崎真緒」(レインボーチャンネルHD)

──畳み掛けてきますね~。真緒ちゃん、考えるの苦手だから流されちゃうよね。

「そう~。真緒ちゃん、こうバンバンいわれると、だんだん『いいかも』ってなっちゃうから。で、移動してるときに、『事務所に所属するなら、大きいところと、ちっちゃいところどっちがいい?』っていわれて、『えー』みたいな。『じゃあ、大きいとこ』っていったら、今の事務所に連れてこられて。気がついたら、その日のうちに契約書にサインしてました」

──はあ~……! 流されやすいにも程がありますよ! でも、デビューしてからしばらく相当態度悪かったらしいじゃないですか。

「そうなの。AV女優って、脱いだらそれでオッケーだと思ってたから若干なめてたんですよ。デビューしても髪の毛ピンクのままだったし、ガム噛みながらフェラしたりとかして。男優さんの足舐めさせられたことに自分が納得できなくて、現場で泣いたこともあったし」

──超扱いにくい人ですね。どのへんからプロ意識が芽生えていったんですか?


「全裸家政婦ハーレムスペシャル!最高の家政婦『尾上若葉 浜崎真緒 紺野ひかる 夏目優希』が全裸で家の事をなんでもやってくれる!僕のチ●チンはフル勃起しっぱなしで、何と下の世話まで!」(レインボーチャンネルHD)

「最初はプレステージの専属でデビューしたんですけど、1年後にデマンド(SOD)さんに期間限定で移ったんですよ。そこで一般公募で募ったファンとカラむ企画があって、『ええ!?』みたいな。イベントで会ったことある人たちもちょいちょいいて、それこそ筆おろしみたいな人もいたりして」

──プロの男優さんとカラむのとは違いましたか。

「相手はファンだし、私も適当な態度でいちゃダメだって思って、そこで意識がちょっと変わったんですよね。で、デマンドさんとの契約が終わってキカタンになったんですが、そこで完全にチェンジしました。人格が。お仕事の保証がなくなったので」

──なるほどなー。1本1本、しっかり仕事をしないと、次の現場で声をかけてもらえないもんね。そういう意識を持つようになったら、もうプロですよ。デビューしていつが一番楽しかったですか?

「今が一番楽しいです。現場いっても知り合いばっかりだし、だんだん性格も変わってきて、無理だなって思ったことは『無理です』っていえるようになったし。昔は結構、無理してたときもあったんで」


「全裸家政婦ハーレムスペシャル!最高の家政婦『尾上若葉 浜崎真緒 紺野ひかる 夏目優希』が全裸で家の事をなんでもやってくれる!僕のチ●チンはフル勃起しっぱなしで、何と下の世話まで!」(レインボーチャンネルHD)

──今後のAV女優としての抱負とかあります?

「あ、はい。私、個人的な目標があって、このAVの人生が終わりになるまでに、事務所がNGにしてること以外は全制覇したいと思ってて。だってAVの仕事を辞めたら絶対できないことばっかりじゃないですか。だから、やってないことはやり切って辞めたいなって。来月も初めてロウソクやるんですよ」

──へー、そんな目標を秘めてるんですねー。ちなみに、今年3月のスカパー!アダルト放送大賞2016で「女優賞」は受賞できずに残念でしたけど、真緒ちゃんに投票してくれた方や、真緒ちゃんのファンの方にメッセージをお願いします。

「えー、恥ずかしいですね、なんか。スカパー!アダルト放送大賞2016で投票してくれたみなさん、本当にありがとうございます。あんなにダメダメだった自分がこうやってノミネートされるようになったのも、ファンのみなさんがいてくれるおかげです。優秀な女の子がいるなか投票してくれて、本当にありがとうございました。そして、みなさんの期待をこれからも裏切らずに精一杯頑張っていきたいと思いますので、どうか成長を見守っててください!」

Profile

浜崎真緒(はまさきまお)
1993年10月20日生まれ。2012年6月、プレステージからAVデビュー。身長165cm、B85・W59・H84。
イベントの情報は公式ブログ・ツイッターをチェック!
公式ブログ:浜崎真緒ですが 何か?
Twitter:@Hamasaki_mao

Profile

文・苗田シュン
なえた・しゅん。1973年生まれ。アイドルよりもAV女優のほうに女としての魅力を感じてしまう、根っからのAV好きライター。いつか痴女に出会うことが、ひそかな夢。

放送情報

浜崎真緒さんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる