ハダカのおしゃべり

第34回 美咲かんな(後編)
「マジメ男性を見るとムラムラする」

前編はこちら→「嫌じゃないのに嫌がる凌辱」

──初体験のお相手はどんな男性だったんですか?

「18歳のときにつき合った、当時10歳上の男性でしたね。そのカレはもともと、バイト先によく来ていたお客さんでした。年上の大人な男性に憧れていた時期で、なんか格好よく見えちゃったんでしょうね」

──ティーンの女子あるあるですね。初体験の感想は?

「始まる前は怖かったです。高校のときの女友だちからは、『血が3日間ぐらい止まらなかった、死ぬかと思った』とか聞いていたので、徐々にホテルでカラダを慣らしつつみたいな感じでしたね。結局するまでに3ヶ月ぐらいかかりました。痛くて泣きましたけど、終わってみれば『なんだ、私でもできるんだ』みたいな感じでしたね」


──けっこう長期戦だったんですね。その後もカレとはいろんなSEXを試したんですか?

「そうですね。まぁ、SEX自体はノーマルだったんですけど、ちょっと変わった場所でしたこともありました。その中でも、休日に誰もいないカレの会社でしたときは、興奮しましたね」

──まさか社長室で?

「応接室でした。ソファやテーブルをくっつけてベッドみたいにして。けっこうクセになっちゃって、その後も何度かしました」

──リアルAVですね(笑)。実家でしたこともあるんですか?

「あります。自分の部屋でしていたとはいえ、さすがにお父さんやお母さんも感づいていたと思います。隣が妹の部屋だったんですが、やっぱり聞こえていたのかな……」

──少なくとも妹さんには丸聞こえでしょうね。いろんなSEXを試したのは、その初体験の彼氏だけなんですか?

「そうですね。それ以降は新しく彼氏とかできていないので」

──なるほど。そこからデビューに向かうわけですね。キッカケは?

「『自分にできることで、コスパがいい仕事って何だろう……』と考えたときに、『そうだAVがあるじゃないか!』と思いついたのがキッカケです。やっぱり生まれながらにしてエロが好きだったんでしょうね」


『「あなたのために… 濡れ堕ちた献身妻/夫には言わないで 〜後戻りできない義弟との秘め事〜」 美咲 かんな・あかね 葵』(チェリーボムHD)

──すごい自己分析力ですね。とはいえ不安じゃありませんでしたか?

「不安でしたね。正直こんなに普通にデビューするとも思ってなかったので。それこそチョイ役ぐらいで出られたらいいなぐらいに思っていて。AVを作品としてちゃんと観たことがなかったので、たぶん脇でエロいことをする役があると思っていたんですよ」

──映画でいうと通行人の役みたいな?

「そうそう! 画面のはじのほうで小さく映ってオナニーしている役みたいなイメージでした。それなのに気づいたら『私、美咲かんなです!』みたいにデビューしていて」

──汁男優ならぬ汁女優希望だったんですね。初めてAVに出て驚いたことは何でしたか?

「スタッフさんがいっぱいいることに驚きましたね。男優さん以外にもADさんや音声さんが10人ぐらいいて、『え〜こんなに人がいる中でSEXするの!?』って。イメージしていたのは、デジカメを使ったハメ撮りみたいな感じだったんで」


『「あなたのために… 濡れ堕ちた献身妻/夫には言わないで 〜後戻りできない義弟との秘め事〜」 美咲 かんな・あかね 葵』(チェリーボムHD)

──撮影現場は機材とかも大掛かりですから、緊張したでしょうね。

「ハイ、一発目のSEXが怖くなっちゃって。まぁ、5分ぐらい男優の大島丈さんと話ししていたら普通にできたんですけど」

──デビュー作品の1発目といえば、やっぱり安心の丈さんですね。

「すごく優しくしてもらえて『私、AVやれるかも!』と自信がつきました。これから頑張っていこうと思うキッカケになりましたね」

──何にしても、初めてのオトコが肝心なんですね。ところで前編の制作秘話の中で、「SEXできない相手とのSEX」を想像して撮影現場で悶々と興奮していたとありましたが、プライベートのかんなちゃんも、そういうシチュエーションに興奮するんですか?

「そうですね、『この人とはSEXできないんだろうな……』って思うとムラムラします。たとえばコンビニの店員さんや駅員さんって、よけいなサービスをあまりしないじゃないですか。ああいった機械的というか業務的な対応をされると、『こんなマジメに仕事をしている人は、SEXするときはどんな感じになるんだろう……』と気になっちゃうんです」


『「あなたのために… 濡れ堕ちた献身妻/夫には言わないで 〜後戻りできない義弟との秘め事〜」 美咲 かんな・あかね 葵』(チェリーボムHD)

──ヤバイですね(笑)。ムラムラが抑えきれなくなったことはないんですか?

「一応、そこはなんとか耐えていますね。ただ最近、病院に検診に行って、診察の一環でお医者さんに手を握られたんですけど、あのときはヤバかったです」

──このお医者さんとSEXしてみたいなって妄想しているところに、現実がつながっちゃったんですね。

「診療中のベッドではカラダが火照って汗だくでした。やっぱり、働いている男の人はかっこいいんですよ。街を歩いているサラリーマンとかもみんな気になっちゃって。今度、仕事中の頑張っている男性に、私とSEXしてくれるかどうか聞いてみたいですね」

──そりゃもう即諾ですよ。かんなちゃんは、MかSかでいえばどっちなんですか?

「う〜ん……どうですかね。相手によるっていうのもあるし、正直両方の面があると思います。男性が感じているところを見ているのは楽しいですし、逆に自分が感じているところを見ていてほしいっていう気持ちもあります。でも乱暴に扱われるのは嫌かな……」


『「あなたのために… 濡れ堕ちた献身妻/夫には言わないで 〜後戻りできない義弟との秘め事〜」 美咲 かんな・あかね 葵』(チェリーボムHD)

──理想のSEX像はありますか?

「デビュー前はSEXの経験が多いほうではなかったので……ちょっと変わった場所やシチュエーションですることに今でも憧れがありますね。特に学校の教室。高校時代にコンプレックスがあるのかもしれませんが、異常に学校でのSEXに興味があるんです。高校のときのマセている同級生たちは、こっそり学校のトイレや階段の踊り場とかでしていて、『自分も経験したかったな……』という気持ちが強いんです」

──やってる子たちが羨ましかったんですね。

「自分でAVの台本を考えていいよっていわれたら、女子●生の設定は絶対にワンシーンは入れたいですよね。あと教室でのプレイ。自分がかなえられなかった夢を映像化できたら楽しいだろうなって思います」

──美咲さんが作品に出るうえで、心がけていることはありますか?

「最近は撮影前に類似作品を観て勉強するようにしています。今までは他の女優さんの真似をしちゃうのが嫌だなと思って、あえて観ないようにしていたんですけど。それだと表現の幅が広がらないので」


『緊縛令嬢 美咲かんな』(kmpチャンネル)

──引き出しは多いほうがいいですもんね。今後はどんな女優になっていきたいと思ってますか?

「いつかトップ女優の中に食い込めるようになりたいですね。すごい方々がたくさんいるので、さすがに『頂点取るぞ!』までは宣言できないですけど。100人の男性に『美咲かんなを知っていますか?』と聞いたら、う〜ん……50人くらい? いや、80人が知ってるって答えてくれるような女優になっていきたいです」

──欲張りな数字が来ましたね(笑)。今後AV以外に挑戦したいことはありますか?

「スカパー!さんの番組で、もし虫を食べるロケとかあったら、やらせてほしいです。私、生きている虫は見るのも触るのもダメなんですけど、食べ物としてなら実はイケるんじゃないかなと思って」

──む、虫!? 蜂の子とかですか?

「ハイ、芋虫みたいなのを炒めて食べてみたいです。AVでもなんでもいいから、虫を食べる企画をやってほしいですね」


『緊縛令嬢 美咲かんな』(kmpチャンネル)

──そんなこと宣言してると、ほんとに出演オファーが来ちゃいますよ(※隣にいるマネージャーは苦笑い)。あと、結婚についてはどんな考え方ですか?

「結婚して、子どもを産んで、温かい家庭を築くみたいなのにはちょっと憧れます。生命を育てるってすごいことですよね。子どもにとって生みのお母さんは1人じゃないですか。今はまだ子どもがいないのでわからないですけど、いつか『子どものためならどれだけ苦労してもいい』みたいに思える母親になれたらいいですね」

──いいお母さんになりそうですね。結婚相手に求める条件は何ですか?

「マジメさですね。SEXの上手下手は重要視していないです。あと、私のために時間をさいてくれる人。稼ぎは普通でいいから、残業とかせず早く家に帰ってきてほしいです」


『緊縛令嬢 美咲かんな』(kmpチャンネル)

──殿方は毎日直帰でしょうね。最後にファンにひとことお願いします。

「ふだん、イベントとかに参加する機会が少ないのですが、そんな私なのに支え続けてくださって、本当にありがとうございます。毎回『新作買ったよー』とSNSでリプを送ってくれたりとか、すごくうれしくて。皆さんの応援がなかったら、私は今ここにいないです。これからもよろしくお願いします」

Profile

美咲かんな(みさきかんな)
1994年7月3日生まれ。2014年、AVデビュー。身長158cm、B85・W58・H88。
イベントの情報はブログ・ツイッターをチェック!
ブログ:美咲かんな オフィシャルブログ
Twitter:@kanna_misaki

Profile

文・ミルキー中野
みるきーなかの。1985年生まれ。しがない編集&ライター。紙媒体、WEBで細々と記事を執筆する傍ら、女性の“鼻”に異常なほどの執着をみせる。

放送情報

美咲かんなちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる