ハダカのおしゃべり

第45回 真木今日子(前編)
「SもMも男も女もイケちゃいます」

後編はこちら→「待ってばかりじゃ女はダメ」

──今回は、99センチのHカップ巨乳が神々しすぎる、真木今日子さんに会いにきました〜! いや〜見事なバストラインですね。

「ありがとうございます。今日はよろしくお願いします(乳房がズシっ)」

──ちょ、もうオッパイが大きすぎて、ふつうに座っているのに下チチがテーブルの上に乗っかってますね(笑)。そんな真木さんの魅惑のおっぱいは、5月のスカパー!アダルトでたっぷり放送されます。まず1本目は、『部長の奥さんがエロすぎて...総集編①!満たされない性欲が妻の道徳心を破壊させ中●しさせる…』(レインボーチャンネル)。真木さん演じる人妻がエロすぎるというタイトルですが、具体的なところを教えてください。

「ある日、酔いつぶれた私の夫を、部下のかたが自宅まで届けてくれたんです。欲求不満だった私は、帰ろうとする彼を引き止め、2人で飲み直すことにしました。そしてムラムラが抑えられなくなって、彼が止めるのも無視して、激しくSEXを求めていくんです」

──痴女・真木今日子の本領発揮ですね。作中で一番見てもらいたいエロシーンはどこですか?

「彼を誘惑する場面です。もちろん、絡みも大事ですけど、その前段階として、そもそも誘い方が上手でなければ、SEXまでいけないですからね。しかも、相手は夫の部下。私が全力でエロスを出していかないと、彼もその気にはなってくれません。『ねえ彼女とかいるの?』『え……あ、いないです』みたいなやりとりから徐々に距離を詰めていくんです」

──上司の奥さんに手を出すのは、男にとってかなりの勇気がいります。そこにいたる経過に説得力を持たせるのが、真木さんの演技力ってわけですね。そういう男心を盛り上げるテクは、どこで学んでるんですか?

「基本的に私のオナニーのオカズは、男性向けのエロマンガなんですけど、勉強にもなるんですよ。へぇ、男の人ってこういうセリフを言ってほしいんだなって思うことがよくあります。『子宮の奥まで届いちゃう!』とか私じゃ思いつかないようなセリフが出てきますからね。そもそも、おちんちんは子宮の中には入ってきませんから」


『部長の奥さんがエロすぎて...総集編①!満たされない性欲が妻の道徳心を破壊させ中●しさせる…』(レインボーチャンネル)

──エロマンガは男の妄想の缶詰ですからね。
そして続いて2本目は、『産婦人科痴●!ドスケベ産婦人科医のおじさんが、未経験と無知識なのをいいことにカーテンで仕切られた反応のいい下半身を看護師にもバレないように治療と称して中●しまでっ!!2』(レッドチェリー)です。これは1本目と対照的に、真木さんが受け身で悶える展開が見もの。

「検査で産婦人科に行った私が、これでもかというぐらいセクハラ医師に犯されます。最初は、アソコに指を入れられてグリグリされても、『これも検査の一環なのかな……』程度に思って耐えているんですが、そのうち必要以上に膣内を掻き回され、しまいには生ハメや中●しまでされてしまうんです」

──とまどう真木さんの姿に注目ですね。医者はいやらしい気持ちでやっているのに、真木さんのほうは、あくまでも検査を受けている気持ちでいるというギャップが、見どころでしょうか。

「そこが興奮ポイントだと思います。先生の指の刺激で、『あん!』って声が漏れることもあるんですが、先生は冷静な声で『大丈夫ですか? 痛かったですか? ちょっとガマンしてくださいね〜』って心配してくださるんです。結局この奥さんは、おちんちんを入れられる直前まで、気づかないんですよ」


『部長の奥さんがエロすぎて...総集編①!満たされない性欲が妻の道徳心を破壊させ中●しさせる…』(レインボーチャンネル)

──なんだか僕、コーフンしてきました! と、ここでスカパー!からお知らせがあります。5月に放送される、今日子さんご出演の作品が、チューナーもアンテナもなしで見られる新サービスが始まっています。

「スマホで見られるってことですか? かなり便利になりましたね」

──そうなんです! これは「IPリニア」というサービスでして、インターネットを経由してスマホ・タブレット・パソコンなどで番組をチェックできるんです。

「これさえあれば、いろんな女優さんのSEXがどこでも楽しめるんですね」

──ひとつのチャンネルにつき、1ヶ月に数十本の番組が放送されていて、月額2000円程度ですから、お買い得ですよ。読者の皆さんも、ぜひお試しください! さて、ここからは真木さん自身のお話を伺っていきたいと思います。その定評ある演技力はいつ頃から身についたんですか?

「2011年にデビューした頃は全然ダメでしたけど、2015年に『あぶない女刑事 SEXYリベンジ』というVシネマ作品に出させていただいてからですね。あの経験があったから、私は演技を頑張ろうと思えるようになりました」


──なるほど、Vシネ出演がキッカケなんですね。ここでは男勝りの女刑事役で主演を務めたわけですが、演じていて楽しい役柄というのはありますか?

「最近、ギガ(特撮ヒロイン物で有名なAVメーカー)さんの作品で、悪役を演じることが多いのですが、『何をしておるのじゃ』『わらわに逆らうのか!』みたいな、なかなか言わないセリフがあって、楽しいんです。役にはまることが好きなので、TMAさんが作っているような本気のコスプレAVに出させてほしいなーってずっと思ってます。アニメとかゲームのキャラクターになりきりたい。●ァイナル●ァンタジー13のライ●ニングとか、10のユ●ナとか」

──かっこいいキャラからかわいいキャラまで、欲張りですね。でも最後は犯されちゃうんですけども。

「そこも含めて、楽しみです。犯す役もOKですし」


『産婦人科痴●!ドスケベ産婦人科医のおじさんが、未経験と無知識なのをいいことにカーテンで仕切られた反応のいい下半身を看護師にもバレないように治療と称して中●しまでっ!!2』(レッドチェリー)

──ペニバンを着けてかわいい女優さんをヤっちゃうような?

「そうです。ある戦隊物の作品では、男装というか男の役として出演してるんです。レズ物にもたくさん出させてもらってますし、何でも楽しいんですよ私」

──演じられる役柄の幅がすごいですね。真木さんはSとM、どっちの要素が強いんですか?

「どうですかね……昔はどちらかといえばM寄りだと思っていたんですが、今はニュートラルかな。プライベートでも作品でも、相手に合わせてギアを切り替えることができるようになりました」

──2倍SEXを楽しめるってことですね! 理想のSEXについてもお聞かせください。

「相手が好きな人というのは大前提で、1時間ぐらいの長いSEXがしたいです。まだ経験はありませんが、ポリネシアンSEX(挿入したまま長時間抱き合う性行為)は憧れますね」


『産婦人科痴●!ドスケベ産婦人科医のおじさんが、未経験と無知識なのをいいことにカーテンで仕切られた反応のいい下半身を看護師にもバレないように治療と称して中●しまでっ!!2』(レッドチェリー)

──1時間って結構長いですね。真木さんがSEXしたくなるのはどんなときですか?

「撮影があったにもかかわらず、フェラや愛撫だけで『本●ないんかい!』って日ですね。その日の夜は、メチャメチャ欲求不満になります。あとは、男性がTシャツを脱いだとき。引き締まった筋肉を見ると、ムラムラします。ふだんはかっこよくスーツを着こなしているのに、脱いだらお腹がポッコリ出ているオジサマもかわいいですけどね」

──日本中のおじさん全員に、可能性があるってことですね。妖艶な美貌で男をトリコにする真木さんですが、後半では、実は意外にマジメだった学生時代のエピソードについて聞いていきます!

後編はこちら→「待ってばかりじゃ女はダメ」

Profile

真木今日子(まききょうこ)
1990年9月3日生まれ。2011年、AVデビュー。身長160cm、B99・W60・H88。
イベントの情報はブログ・ツイッターをチェック!
ブログ:真木今日子オフィシャルブログ
Twitter:@maki_kyouko

Profile

文・ミルキー中野
みるきーなかの。1985年生まれ。しがない編集&ライター。紙媒体、WEBで細々と記事を執筆する傍ら、女性の“鼻”に異常なほどの執着をみせる。

放送情報

真木今日子ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる