ハダカのおしゃべり

第53回 原美織(前編)
「オジサンの首筋の匂いに欲情」

後編はこちら→「元彼はTOHJIROファンのドS男」

──今回は「HでMなみんなのアイドル」として数々の作品に出演し、セクシーアイドルグループ「ギンギン♂ガールズ」でも活躍する原美織ちゃんに会いに来ました〜! 12月のスカパー!アダルトでは、美織ちゃんが出演している作品が2本放送されます。まずは「原美織 ピタッ!密着おうちDE真正中●し」(プレイボーイ チャンネル)ですが、こちらの見どころから教えてください。

「懐かしい〜、これはまだデビューしたばかりの頃の作品ですね。タイトル通り、私が恋人気分でラブラブ&イチャイチャな中●しSEXに明け暮れる作品です」


ギンギン♂ガールズ3周年記念ライブ(パラダイステレビ提供)

──まだういういしい美織ちゃんのボディとエッチが楽しめるというわけですね。この作品で一番苦労した点はどこですか?

「とにかく一日中SEXする作品だったのですが、当時はまだプレイの見せ方にまで気を回すことができませんでした。この頃は尺のこともわからないので、最初から全力でプレイしちゃってたんです。たとえば、朝するHでも夜するHでもフェラって必ずするじゃないですか。でも、そのフェラを使い分けてメリハリを出さないといけないんです。だから、意外にこういう恋人との自然なSEXを演じるときのほうが難しかったりもしますね」

──作中ではオナニーシーンも結構ありましたが、スカパー!アダルトで連載していた美織ちゃんのコラム『ボッキンオンジャパン』でも、オナニーについてはかなり力説していましたよね。

「ハイ、12回もオナニーについて書きました(笑)。バナナ、ブドウ、キウイ、桃、梨など旬の果物を使ってオナニーし比べたり、いろいろ試しましたね。ちなみにあのときに使った梨は、ファンの方からもらったものでした」


ギンギン♂ガールズ3周年記念ライブ(パラダイステレビ提供)

──オナってよし、食べてよしで、二度美味しかったわけですね(笑)。最近、美織ちゃんがハマっている妄想オナニーのネタはありますか?

「ここ半年のイチオシは、マッサージ店に行って男性スタッフに際どい部分を触られる妄想です。もともと私ってエステ店で女性スタッフに触られるだけでもドキドキするタイプで、実際にそれで濡れちゃったことも一度や二度じゃありません」

──エステやマッサージ店では楽しみ方がいっぱいあるんですね。続いては、「催眠術で『時間よ止まれ』をガチでやってみたら物凄くエロいことになった!」(パラダイステレビ)ですが、こちらの作品について紹介をお願いします。

「この作品より前にも、こういった『時間よ止まれ』系の作品に出演したことがあったのですが、実はですね……そのとき、本当は止まってなかったんです(小声)。そこで、今回はREDさんというガチの催眠術師をお招きして撮影したんです」


『原美織 ピタッ!密着おうちDE真正中●し』(プレイボーイチャンネル)

──プロの催眠術を体験してみてどうでしたか?

「なんだろう……酔っぱらったときよりも頭がくらくらして、不安を覚える感じでした。男優さんが(私の本当の)お兄ちゃんに見えたり、共演の川越ゆいちゃんと一緒にお風呂に入ってたのに、気づいたら別な場所にいたり。術にかかっている間に移動させられてるから、その間の記憶がないんですよ。もうワケがわからなかったです」

──なるほど、催眠術にかかっている間は、「時間よ止まれ」状態になっているわけなんですね。この作品のエロポイントはどこですか?

「うーん……これはもう、エロとシュールなギャグが混ざってる感じ(笑)。たとえば、ガタイのいい男優さんと駅弁ファックをしていたはずなのに、気づいたら駅弁を持たされてました。駅で売ってるお弁当ですよ。あとは打ち合わせの最中に、用意された特製の『長いもの弁当』を食べていたら、その途中で催眠をかけられて、お箸で口に運んでいたウィンナーがいつの間にかオチンチンに代わってました」


『原美織 ピタッ!密着おうちDE真正中●し』(プレイボーイ チャンネル)

──「長いもの弁当」って、どういうものですか?

「現場に入ったら控室にすごく細長いお弁当箱が置いてあって、これどうしたんだろって不審に思ってたんですよ。カットしていない丸々1本のきゅうりとか、長い食材ばかりを詰め込んだお弁当をわざわざスタッフさんが作ってくれてたんです」

──おバカな小ネタに対するパラダイステレビの情熱はスゴイですね。美織ちゃんはパラダイステレビの女子アナ(2015年10月〜17年3月)もやっていましたが、女優としてかなり鍛えられたのではありませんか?

「ハイ、アドリブやとっさの対応をするための力がかなりつきました。もともと小さい頃は学芸会で木の役をやるようなタイプで、学生時代も引っ込み思案で人前でしゃべることも苦手だったんですよ。それがパラダイステレビさんとの出会いのおかげで変わって、自分がイベント向きの女優になってきたなって実感しています。どれだけ無茶振りな台本を渡されても、なんとかする自信があります。今はVR作品に出演する機会も増えたのですが、いろんな角度から見られる自分を意識する頭の使い方は、パラダイステレビさんのバラエティ番組で学びました」


『催眠術で『時間よ止まれ』をガチでやってみたら物凄くエロいことになった!』(パラダイステレビ)

──演技の面でも成長していますか?

「パラダイステレビさんの女子アナをやっていると、いい意味で芸人化していくんです。なので私はバランスを取りたいなと思っていて、ちょうど女子アナと同じ時期にGIGAさんの戦隊物にもたくさん出させてもらってたんですよ。GIGAさんは台本がガッツリありますから、演技を勉強させてもらいました。あとはVシネやピンク映画とかにちょこちょこ出させていただいてましたね」

──初めてAVに出て、一番驚いたことは何でしたか?

「現場の皆さんがすごく普通だったことです。業界に入るまでは、演者もスタッフも入り交じって乱交みたいな感じかと思っていたら、全然違いました(笑)。特に男優さんは、監督さんから撮影のストップ指示がかかったらすぐに離れるし、サッとバスローブをかけてくれたりと気遣いがスゴイ。あとは、男優さんのプレイ時間の長さにも驚きました。オチンチンの持久力もそうですが、舌とか疲れないのかなって思いましたね」


『催眠術で『時間よ止まれ』をガチでやってみたら物凄くエロいことになった!』(パラダイステレビ)

──美織ちゃんが理想とするSEX像を教えてください。

「私ってオジサンの匂いが大好きなんですよ。特に通勤ラッシュで疲れてるオジサンの首筋から匂う加齢臭。ちょっと甘い匂いがするんです。そんな素敵なオジサンに痴●されたら、何回でもイケます」

──基本的にMの受け側ってことなんですね。

「一応Mなんですが、MだからこそSになることもできます。たとえば本気でビンタをされて感じることができるから、私のビンタは人一倍強いんです。それに、イタズラして相手を困らせるのも好きで、よく男優さんが嫌がるのを知っててアナルを舐めたりします。男優さんが『ひえっ!』ってなって面白いんです」

──清純な見た目とエロのギャップで男をメロメロにする原美織ちゃんですが、後半では初体験やデビュー秘話について聞いていきます! お楽しみに!

後編はこちら→「元彼はTOHJIROファンのドS男」

Profile

原美織(はらみおり)
1993年9月13日生まれ。2014年、AVデビュー。身長154cm、B84・W57・H85。
イベントの情報はツイッターをチェック!
Twitter:@miori_hara

Profile

文・ミルキー中野
みるきーなかの。1985年生まれ。しがない編集&ライター。紙媒体、WEBで細々と記事を執筆する傍ら、女性の“鼻”に異常なほどの執着をみせる。

放送情報

原美織ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる