ハダカのおしゃべり

第63回 美谷朱里(前編)
「まさか私が痴女になるなんて」

美谷朱里

第63回 美谷朱里(前編)
「まさか私が痴女になるなんて」

後編はこちら→「親の留守中にこっそり挿れてみた」

──今回は、現役女子大生としてデビューしてからもうじき2年、高い演技力とドエロなテクニックで男を悩殺する美谷朱里ちゃんのご登場です! まずは、3月に開催された「スカパー!アダルト放送大賞2019」授賞式では、「FLASH賞」受賞おめでとうございます!

「ありがとうございます。今日はよろしくお願いします」

──5月のスカパー!アダルトでは、朱里ちゃんの作品が5本放送されます。まずは「美谷朱里 愛する夫の為に…私は大嫌いなアイツにこの肉体を捧げます」(プレイボーイ チャンネル)ですが、こちらはどんな作品ですか?

「ある日、私たち夫婦が暮らす家に、夫の上司が将棋を指しに来ます。上司は連勝して気分を良くしたのか、その後も私たちの家に入り浸るようになるんです。私たちは上司をどうにかしてお引取り願おうとしますが、そのことが彼の逆鱗に触れてしまい、夫は会社でパワハラを受けるようになります。夫を見かねた私は上司に体を差し出し、何度も何度もオチンチンで子宮を突き上げられてしまうんです」

美谷朱里

──朱里ちゃんは嫌がり方もすごくいやらしいですよね。かと思えば、いつの間にか男の凌辱を受け入れてしまい恍惚とした表情も見せてくれる。あの変化はタマりません。

「寝取られ作品にはたくさん出させていただいてるんですが、嫌がるときは本気でブルブル怯えて、SEXに堕ちるときはしっかり感じるように意識しています。でも、体がただ気持ちいいからという理由だけでは、レ●プされている女性がSEXに堕ちることはないと思うんです。だから、たとえば男優さんに弱みを握られて脅されたタイミングで、それをキッカケにM心に火がつくように演じたりしますね」

──そこまでリアルな女性心理の表現にこだわっているんですね。2作品目は、「7年ぶりに訪れた地元で元カノに再会、イチャイチャしながらヤリまくった週末!美谷朱里」(レインボーチャンネル)ですが、こちらはどんな作品ですか?

「昔、3ヶ月だけつきあっていた元カレと7年ぶりに再開して、過ぎ去った時間を徐々に取り戻していくお話です。再会のキス、SEXと重ねていき、とにかく私がイキまくります。最初に台本を読んだときに、よくできたストーリーだなと甘酸っぱさを感じたのを覚えてます」

美谷朱里
「美谷朱里 愛する夫の為に…私は大嫌いなアイツにこの肉体を捧げます」(プレイボーイ チャンネル)

──この作品ではどんなことを心がけましたか?

「なるべく演技しないように、あくまで自然な恋人同士のSEXになるように意識しましたね。自分だったら、好きな人とこうやってイチャイチャしたり、笑いながらチューとかするだろうなって考えて、素の自分を出しました。ただ、映像にはない過去(元恋人として一緒に過ごして別れた過去)の心情なども表現しないといけないので、かなり想像を膨らませましたね。もともと私は感受性が強い方なので、キャラに入り込むのは得意なんです」

──想像力と感受性、それが朱里ちゃんの武器なんですね。3作品目は「美少女たちの本気中●しセックス「濃交」 美谷朱里/倉多まお」(チェリーボム)ですが、この作品の見どころも教えてください。

「これはドラマ物ではなくてプレイ中心の作品です。『私の目を見て……』『赤ちゃんほしい!』って言いながらひたすら中●しSEXします。途中から痴女っぽい感じで攻めるシーンもあるので、ぜひそのへんも楽しんでいただけたらと思います」

美谷朱里
「美谷朱里 愛する夫の為に…私は大嫌いなアイツにこの肉体を捧げます」(プレイボーイ チャンネル)

──こういうプレイ中心の作品と、ドラマ物だったら、どちらがやりやすいんですか?

「設定はある程度あった方がやりやすいんですが、ドラマ物だとカメラアングルにプレイを合わせる必要があって、『ここではあまり腰を入れないほうがいいな……』とか考えなければいけません。一方で、こういう作品の場合は比較的自由なかたちでプレイに専念することができます。なので、それぞれの良さがあると思います」

──続いて、4作品目は「媚薬を盛られ汁を垂れ流すほど発情しイキ堕ちる清純デッサンモデル」(バニラスカイチャンネル)。この作品はモデルのバイトでやって来た朱里ちゃんが、媚薬を投与されてイキまくる姿をデッサンされるという、かなり破天荒なストーリーですが、スタイル抜群の朱里ちゃんがモデル役というのは、ピッタリなキャスティングですよね。

「どうですかね……自分としてはそんなにいいスタイルとは思ってなくて、もうちょっと胸と腹筋がほしかったかな。私、腹筋がある女優さんが大好きなんです。腹筋がないと、正常位のときに段々腹になっちゃいますからね。ただ、撮影が終わって、実際に男優さんたちが描いてくれた私の絵を見たら、ものすごくヘタで驚きました(笑)」

美谷朱里
「7年ぶりに訪れた地元で元カノに再会、イチャイチャしながらヤリまくった週末!美谷朱里」(レインボーチャンネル)

──彼らは絵のプロではないので許してあげてください(笑)。それに朱里ちゃんの腹筋は十分エロいですよ。あと、媚薬が効き始めるシーンもエロかったですね!

「監督さんもこのシーンにはかなりこだわってましたね。嫌がり方についても、『最初は抵抗して、段々プルプルと痙攣して』『もっとそこで痙攣して!』みたいな。だから私も『監督が想像する以上のいい演技をしてやる!』と力が入りましたね」

──負けん気というか、女優魂ってやつですね。最後にご紹介する作品は「マイホームの前オーナーに犯され続ける美人妻 美谷朱里」(AV王)ですが、この作品はどんなストーリーですか?

「私たち夫婦は、中古のマイホームを買って引っ越したのですが、その家の屋根裏には前の家主が棲み着いていたんです。その男は私たち夫婦を襲い、縛り上げた夫の目の前で私を犯し、何度も中●しするんです」

美谷朱里
「美少女たちの本気中●しセックス「濃交」 美谷朱里/倉多まお」(チェリーボム)

──この作品では前の家主役の男優さんもいい味を出していて本当に怖かったです。朱里ちゃんおすすめのエロシーンはありますか?

「最後の絡みのシーンですかね。最初はかなり一方的に凌辱されるんですけど、終盤では縛られた夫を挑発するかのように、動物みたいな激しいSEXを見せつけるんです」

──朱里ちゃんは2017年にデビューして以来、かなりの数の作品に出演されていますが、今回放送される5作品も含め、内容を細かく覚えているのが凄いですよね。

「共演した女優・男優さんはもちろん、監督さんやスタッフさんもけっこう覚えてますね」

美谷朱里
「媚薬を盛られ汁を垂れ流すほど発情しイキ堕ちる清純デッサンモデル」(バニラスカイチャンネル)

──デビュー作の撮影のことも覚えていますか?

「覚えてます。何が何だかわからない状態のなか、スタジオでは淡々と準備がされていて、気づいたら男優の小田切ジュンさんが目の前にいました。特に3Pの最中は頭が真っ白で、最後は放心状態の私の口元に精子をいっぱいかけられて終わりましたね。ただ、小田切さんの優しい人オーラに安心できたこともあって、わりとスムーズに撮影を終えることができました」

──その頃の自分と今の自分を比べて、一番成長したと思うことは何ですか?

「デビュー当時は、本当に男優さん任せのSEXしかできませんでしたが、最近は逆に痴女として男性を回す役ばかりを演じてます。まさか自分が痴女になるなんて夢にも思ってませんでしたけど、今となってはこっちのほうが楽しいです」

美谷朱里
「マイホームの前オーナーに犯され続ける美人妻 美谷朱里」(AV王)

──痴女が楽しいと思えるようになったキッカケの作品はあったんですか?

「『舌でチロチロ焦らしてグッポグッポ咥え込む!チンシャブ大好き美女の腰抜けフェラテク魅・せ・て・あ・げ・る 美谷朱里』(2018年、痴女ヘブン)という作品です。フェラ物なんですけど、ここで初めてガッツリしゃべる役をもらえたんです。痴女物の場合、自分が頑張らないと作品として終わっちゃうので、プレッシャーもありましたし、表現についてもいろいろと考えましたね」

──高いハードルを乗り越えたことで、女優として成長できたんでしょうね。痴女から凌辱妻まで幅広くこなす実力派女優の美谷朱里ちゃんですが、後半では初体験の思い出エピソードや理想のSEX像、『スカパー!アダルト放送大賞2019』授賞式での心境などを聞いていきます! お楽しみに!

Profile

Profile

美谷朱里(みたにあかり)
1997年4月15日生まれ。2017年、AVデビュー。身長166cm、B83・W58・H86。
イベントの情報はツイッターをチェック!
Twitter:@akari_mitani17

Profile

Profile

文・ミルキー中野
みるきーなかの。1985年生まれ。しがない編集&ライター。紙媒体、WEBで細々と記事を執筆する傍ら、女性の“鼻”に異常なほどの執着をみせる。

放送情報

美谷朱里ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる