ハダカのおしゃべり

第78回 早川瑞希(後編)
「おじさんのニオイにムラムラ」

早川瑞希

第78回 早川瑞希(後編)
「おじさんのニオイにムラムラ」

前編はこちら→「ちんちん舐めてもいいですか」

──ここからはデビュー前の早川さんについて聞いていきたいと思います。どんな学生時代を送っていたんですか。

「部活一筋って感じでした。練習が忙しくて、男の人とつきあうとかはなかったです」

──となると、初体験は結構遅めですか。

「いや、16歳のとき高校の先輩とです(笑)」

──つきあってはいないけどヤッてるんですね。そんな初体験の詳細を聞かせてください。

「好意はなかったんですけど、2人で遊びに行って映画見て、ご飯食べて『やることなくなったね』ってなったときに、その人が『ホテル行ったらカラオケあるし、ジュース飲めるし、DVD見られるよ』って言い出したんです。私はなんの疑いも持たずに『じゃあ、行きますか』ってついていっちゃった」

早川瑞希

──男はヤル気満々なのに、気づかなかったんですか。

「いま思えばそうなんですけど。私は運動部の上下関係が染み込んでて、先輩が言うんだから大丈夫ってなんにも疑わずに行っちゃった。そしたら、『セックスするぞ』みたいな展開になっちゃって、ここで断ったら先輩に失礼だし……なんて考えているうちにしちゃった」

──僕も運動部に入ればよかったです(笑)。

「だから、思い入れのある初体験じゃなかったし、気持ちよくもなくて『しちゃったわあ』って感じ(笑)」

──でも、やっぱり初めてチンコを見たときはびっくりしたんじゃないですか。

「今までおちんちんはお父さんのしか見たことなかったから、お父さんのおちんちんが頭をよぎった(笑)。お父さんもこんな感じだったなって」

早川瑞希

──お父さんの勃起したチンコを見たことはないでしょ(笑)。

「たしかに見たことはないですけど(笑)。だから、カチカチのは初めてでしたね。なんだこりゃ、これがこれから入ってくるのかって感じでした。その後、先輩とはつきあいもしなかったですけどね」

──好印象ではない初体験を経て、早川さんのセックス観を変えてくれた人は現れたんですか。

「はい! 部活を引退してやることがなくなって、コンビニでバイトを始めたんですけど、そこの店長のセックスが超よかった。ちなみに、店長は私をその店舗に紹介してくれた女の子の彼氏だったんですけど、好きになっちゃったんですよね。だめだと思いながらも告白して、そのままお店のバックヤードでセックスしました」

早川瑞希

──とんでもない話になってきましたね。店長のカノジョも出入りしてるわけだし、お店でハメてたらバレるでしょ。

「私は22時でシフトが終わるから、バックヤードで着替えるんですよ。その間に、店長はトイレに行くふりして、ぱっぱっとヤッてた。周りの人にはバレてたかもしれないですね。でもやっぱり、バックヤードではゆっくりできないので、週2でホテルに行ってました」

──店長のセックスはなにがよかったですか。

「前戯ですね。『おちんちん入れるまで、この人はこんなに時間をかけるんだ!』ってびっくりしたんです。それまで経験してきたセックスって、チューしてすぐ入れて、相手が発射したら終わりみたいな感じだったから。店長はとにかく舐めてくれて、それでセックスが好きになりました。店長は全身を舐めるのが好きで、足の先まで舐めてくれました……」

早川瑞希
「【完全主観】巨乳ナースだらけの病棟に入院したボクのエロすぎるハーレム看護日誌」(レインボーチャンネル)

──今、思い出して興奮してます? えらいねっとりと説明してくれましたけど。

「ちょっとだけ興奮してますね。年上のねっとり系のセックスって、それくらいいいんですよ。あと、パイパンにしたのも店長がきっかけなんです。『カノジョがパイパンにしてくれないんだ』って言ってたから、『カノジョがしないなら私がする!』って。それからずっと年上ばかりとセックスしてました。21歳のときは、46歳の人とつきあってたし、年上が好きですね」

──早川さんのパイパンのルーツがよくわかりました。店長以外で印象的なセックスはありますか。

「クラブに行って、朝起きたらホテルで知らない人と寝ていたことがありました。しかも、お互いの体にすごい噛み痕があって痣だらけで、相手はお尻も噛まれてましたね。あれはびっくりした。でも、やっぱり若い人よりもおじさんとのセックスが好きです」

──セックス以外でおじさんの良さってあるんですか。

「ニオイがめっちゃ好き! 耳の後ろのニオイがいいんですよ、俗に言う加齢臭。私の中で好きなニオイだったら、その人も好きになっちゃう。汗が混じった脂っぽいニオイというか、そういう皮膚のニオイが好きですね」

早川瑞希
「デカ尻スキャンダル2!アイドルとAV女優の狭間!早川瑞希」(レインボーチャンネル)

──電車に乗ったときは、周りのおじさんたちの加齢臭チェックをしちゃうんですか。

「かぐかぐ! 満員電車でかいでみたりします。でもたまにですよ! そんなしょっちゅうじゃないですから。若い人のニオイもいいんですけど、おじさんのほうがムラムラっときます。舐めたいなあって思います」

──監督さんや男優さんのニオイもかいだりするんですか。

「アキノリ監督のニオイがめっちゃ好きなんです。だから、アキノリさんと同じニオイになりたくて、同じハンドクリームを使ったりしてました」

──アキノリ監督は羨ましいですね。そんな年上好きのカワイコちゃんがAVにデビューしたきっかけを教えてください。

「知人の紹介ですね。お金ももらえて楽しいならやってみようかなって気持ちで始めたんですけど、デビュー作で『こんな楽しいことないわ!』って好きになりました。もちろん、緊張してたし、AVってダークなイメージがあったんですけど、実際は全然そんなことなかったです」

早川瑞希
「デカ尻スキャンダル2!アイドルとAV女優の狭間!早川瑞希」(レインボーチャンネル)

──今までのセックスとは段違いの快感でしたか。

「こんなに気持ちいいセックスがあるんだって思いましたね。店長より全然よかったです。初めてカラんだ相手が志良玉弾吾さんだったんですけど、めちゃめちゃ優しくて、初めてが志良玉さんでよかったなって思います」

──キャリア5年目の早川さんですが、本気でAVやろうと思った瞬間はいつでしたか。

「専属拘束が4本あって、そのときはまだ学生だったし、言われたことをやるだけみたいな感じでした。でも、企画単体になったときに『本気でやろう』って思ったんです。あそこで私は変わったと思います。女優として自分磨きをしていこうって」

──学校を卒業して一般企業に入る道は考えなかったんですか?

「就職セミナーに行っていた時期もありましたけど、企業に入るよりも、AVのほうが刺激的で楽しいと思うと、就活に全然身が入らなくてやめちゃったんですよ。AVは今しかできない仕事なんだから、『ちゃんとAVやりたい』って思いましたね」

早川瑞希
「やらずに三十路を迎える「やらみそ美女」が急増中!ならば、チンポでお役に立ちたい」(パラダイステレビ)

──そうして本気になった早川さんにとって印象的だった作品はありますか。

「アキノリ監督との出会いの作品『徹底的鼻』(2015年/アキノリ)です。鼻コキのシーンがあるんですけど、世の中にはいろいろな性癖があるんだって勉強になりました。そういうフェチものを撮ってると、すごく心が広くなるんですよ。だから、世界中の人がAVに出たら、世界は平和になると思います!」

──たしかにAVはダイバーシティの最先端ですからね。デビュー当時の自分と比べて、今の自分はどんなところが成長したと思いますか。

「これだけ長い期間、AVを続けるとは思ってなかったです。成長したところはなんだろう……5年もやってるとベテランと呼ばれるようになりますけど、今でも緊張するし、失敗もするし、落ち込むし、撮影前は寝れない日もたまにあるし……」

──惰性で仕事に臨んでいないということじゃないですか。初心を忘れていないというか。デビュー前と今とで、大きく変わったことってありますか?

「AVやるようになって、プライベートが一切なくなっちゃった! ほんとにプライベートがなにもない、そこが悩みです」

早川瑞希
「やらずに三十路を迎える「やらみそ美女」が急増中!ならば、チンポでお役に立ちたい」(パラダイステレビ)

──でも、仕事で24時間拘束されてるわけじゃないですよね。

「そうなんですけど、プライベートでエッチもしてない。お仕事のエッチが気持ちよくて安全だっていうのもあるんですけど、彼氏はほしいなって思いますよ」

──プライベートがないっていう嘆きは、恋をしたいという意味だったんですね。彼氏を作るための活動はしてるんですか?

「好きな監督さんやADさんや男優さんに次いつ会えるんだろうって、そのドキドキでじゅうぶんお腹がいっぱいになっている面もあるんですよ。でもこれだと彼氏になる前の段階で男性と接点がなくなっちゃう。最近はひとり焼き肉もひとり映画もデビューしちゃって、ひとり〇〇を満喫しちゃってますね。彼氏がずっといないから、どうやって彼氏を作るのかも忘れちゃった」

──バーに1人で来て、クダを巻く女みたいになってきましたよ。

「たしかにお酒を飲むとムラムラっとして地がでちゃうかも。ふだんは相手のノリとか見つつ、気を使いながら生きてるので、お酒を飲むとはっちゃけちゃうんですよ」

早川瑞希
「やらずに三十路を迎える「やらみそ美女」が急増中!ならば、チンポでお役に立ちたい」(パラダイステレビ)

──どんなお酒を飲むんですか?

「最初はハイボールから始まって、酔っ払ったらなんでも飲みます。私、コスパいい女なんで、1杯飲んだらふわふわしてきて、2杯目で完全にパワーチャージ完了。2杯で結構酔えます。だから、お金をかけずに酔うことができるんですけど、そのせいでたくさん失敗もしました」

──夜中に変なメッセージを送りつけちゃうタイプですか。

「しちゃう。昔はちょっと気になってる人に『あなたのこういうところが好き』っていうのを箇条書きで、ぽん、ぽんって刻んで送ってた。だから、最近はお酒に飲まれないように気をつけてます」

──かわいらしい一面が見られたところで、最後にお仕事の目標をお願いします!

「目の前の仕事にしっかり取り組んでいきたいです。最近、ピンク映画に出させていただいたんですけど、そういうお芝居の方も頑張っていきたいなって思います。あとは貯金。将来、ずっとひとりかもしれないのでちゃんとお金を貯めておかないと(笑)」

Profile

Profile

早川瑞希(はやかわみずき)
1993年11月9日生まれ。2015年、AVデビュー。身長162cm、B88・W60・H88。
イベントの情報はツイッターをチェック!
Twitter:@MizukiHayakawa

Profile

Profile

文・安部千房
あべちふさ。1994年生まれ。好きなAV女優に会いたい一心で業界に入った安直AVライター。最近は女性に顔面を舐めてもらうことにハマっている。

放送情報

早川瑞希ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる