ハダカのおしゃべり

第83回 有村のぞみ(前編)
「おじさんの汗を舐めたい」

有村のぞみ

第83回 有村のぞみ(前編)
「おじさんの汗を舐めたい」

後編はこちら→「粘膜攻めが気持ちいい」

──今日はキュートなルックスとハードプレイ作品が人気の有村のぞみさんに会いに来ました~! 3月のスカパー!では、有村さんが出演している番組がたくさん放送されます。まずは「よく締まったおしりの体育大女子学生を性感マッサージでとことんイカせてみた(2)」(パラダイステレビ)から紹介していきましょう。

「女優になる前から、マッサージ物のAVが大好きでよく見てて、自分も出てみたいと思っていたので、出演できてすごく楽しかったです」

──ここは見どころですよ! とおすすめしたいポイントはどこですか?

「マッサージ物をたくさん見ているとわかるんですけど、はじめはマッサージに慣れてなかった女の子が、自分の意識とは関係なくだんだんと体が感じ始める。『ダメダメ!』とは思ってるけど、いやらしく反応しちゃう……というところがいいんですよ。そのあたりを意識して撮影では頑張ったつもりです。それと、オイルを塗った女の子の体ってすごくきれいに見えるなって私思うので、そういうシーンでは特に張り切ってますね」

有村のぞみ

──有村さんは、マッサージ物を知り尽くしてますね! いままでどれくらい観てきたんですか。

「たぶん1000回以上(笑)。私は体液フェチなので、潮がいっぱい出るところが観ていて楽しいし興奮します。AVデビューする前は、普通のマッサージに行くたびに、AVみたいなことされないかなって期待してました。どこ行けばしてくれるんだろうな〜なんて思ってましたね」

──この作品では、有村さん自身も潮を吹かれたんですか。

「かなり吹いたと思います。女優を始めた頃はあんまり潮を吹けなかったんですけど、吹けるようになりたいと思っておうちのお風呂で電マを使って自主トレしてました。そのおかげで結構吹けるようになりました。大好きなはままおさん(浜崎真緒)も潮吹きの練習をしていたことがあるって聞いたんで、私もやろうと思ったんです」

有村のぞみ

──はままおさんはどのくらい好きなんですか。

「この業界に入ったきっかけですね。はままおさんに憧れて女優になったんです。RADIXというメーカーさんがはままおさんのデザインTシャツを作ってるんですけど、毎年買ってます。自分の作品は動画で買って観てますけど、はままおさんの作品は、DVDで揃えてます」

──それはもう、好きすぎるガチオタのレベルですね。

「この番組はパラダイステレビさんのスタジオで撮影したんですけど、ちょうど同じ日に、はままおさんがMCを務める『P.P.P』というイベントが開催されていて、『これは!』と思って楽屋に挨拶に行きました。はままおさん、ほんとに好きなんです」

──どんなところが好きですか。

「最初ははままおさんの見た目やスタイルから入ったんですけど、やっぱりあの潮吹きのすごさが一番ですね。AV作品でのエロさも演技も好きだし、イベントで見せる素の姿も好き」

有村のぞみ
「よく締まったおしりの体育大女子学生を性感マッサージでとことんイカせてみた(2)」(パラダイステレビ)

──はままおさんは、「P.P.P」のイベント中はベロベロに泥酔して危ないこともしゃべっちゃったりしますけど。

「そういうところも知ってます。コミュニケーション能力が高くて、会った人と近い存在にすぐなれるし、はままおさんの全部が好きです。ぜひ、私もはままおさんと『P.P.P』に出てみたいです!」

──パラダイステレビの担当さんからオファーが行くと思います! さて、続いては「神イカせ!絶対的美少女8名を完全ガチ拘束強制アクメ 3時間」(Splash)についてお聞きしたいです。

「パッケージの画像ではイヤそうな顔をしてますけど、現場は超楽しかったですね。私は拘束されるだけで濡れるくらいドMなんですよ。男優の森林原人さんも私のそういうところを知ってるから手加減なしでグイグイやってくれて、めっちゃ興奮して感情が昂ぶりまくりながら撮影してました。潮もめっちゃ吹いたし」

有村のぞみ
「よく締まったおしりの体育大女子学生を性感マッサージでとことんイカせてみた(2)」(パラダイステレビ)

──イラマのシーンも多くありますが、苦しいのも好きなんですか。

「大好きです。この作品ではイラマしながらバックで突かれて、首を絞められるシーンがあったんですよ。鼻水を垂らしながら窒息しそうだったんですけど、それがもう天国すぎるくらい気持ちよかった……」

──もう一回撮ろうと言われたら?

「撮りたいですう。ほんとに忘れられないです」

──攻めるよりも攻められたいですか。

「そうですね。でも、最近は痴女系の役もやり始めて、いじめる役も楽しいんだって気づきました」

──自分がMだからMの気持ちが分かるんですか。

「そうですね。攻め方が上手い人は本質がMだからこそわかるんだろうなってすごく思うんですよ。でも、M男さんによって、言葉攻めが好きだったり、痛いのが好きな人がいるので、痴女役の現場では『どんなのが好きですか』って最初にヒアリングしてます。攻められるのもいいんですけど、M男さんが喜んでくれるのもうれしいなって思います」

有村のぞみ
「神イカせ!絶対的美少女8名を完全ガチ拘束強制アクメ 3時間」(Splash)

──そんなM道を極めている有村さんには、やはり外せないのが、ドリームチケットの人気シリーズ『脅●スイートルーム』。今月は、このシリーズから美女12人を選りすぐった豪華番組「脅●スイートルーム 超特別編集 5時間 2~清楚な美ヅラをゆがめ昼間っから悶え狂う12人の密室調教性交~」(AV王)が放送されます。ドMな有村さんにはぴったりですね。

「これはだんだん人間が壊れていく様子を見てほしいですね。沢庵監督のこだわりがすごすぎてめっちゃ泣きました」

──沢庵監督のドSな追い込みで、女優さんたちはボロボロになるって聞きますね。

「私は教師役だったんですけど、生徒に教えるシーンが難しくて、そこが一番時間かかりました」

有村のぞみ
「脅●スイートルーム 超特別編集 5時間 2~清楚な美ヅラをゆがめ昼間っから悶え狂う12人の密室調教性交~」(AV王)

──え、そこが一番の泣きどころ? もっとしんどいところあるでしょ?

「そう思うじゃないですか。痛めつけられるプレイは好きなのでうれしかったんですけど、ペンの持ち方はこうで、本の持ち方はこうして、みたいにすごく細かい指示があるんですよ。流れで撮るんですけど、ひとつでもダメだと撮り直しなんです。そこで心が折れそうになっちゃって。『えー、どうしたらいいのー!』って思いました(笑)」

──お芝居は苦手なほうですか。

「役にもよるんですけど、私はしゃべり方がマイペースなので、どの役をやっても私になっちゃう。最初よりはマシになったとは思いますけど」

──プレイ自体は気持ちよかったんですか。

「痛めつけられてイヤな顔してるけどめっちゃ楽しんでやってます。痛いことされてると私すぐ泣いちゃうんですけど、同時に、うれしいって思いもあるんですよ。ヒモで縛られてるときにはすでに濡れてましたから。痛くてうれしく泣きながら濡れているっていう、どんどん崩れていく姿を観てほしいです」

有村のぞみ
「義父の性処理道具にされ悦ぶ妻~真夏の汗だくベロキス性交~ 有村のぞみ」(プレイボーイ チャンネル)

──ちなみにこの撮影日は、ちょうどお誕生日だったらしいですね。

「そうなんですよ。撮影で使った乳首吸引器具を誕生日プレゼントでもらって帰りました(笑)。すごく気持ちいいんですけど、やりすぎると乳首が膨張しそうなので、あまり使わないようにしています」

──では最後に、「義父の性処理道具にされ悦ぶ妻~真夏の汗だくベロキス性交~ 有村のぞみ」(プレイボーイ チャンネル)はいかがでしたか。

「義父のおじさんと体液交換する作品です。潮もそうですけど、汗も大好きなのですごく好きなシチュエーションで興奮しました。あと私はできれば正常位でずっとチューしながらセックスしていたいので、ドンピシャな作品でしたね」

──おじさんは好きですか。

「大好きです! 経験豊富で知的な感じがいいですね。特に、おじさんが汗かいてる姿を見ると興奮します。めっちゃいいです。あの汗ぜんぶ舐めたいって思っちゃう」

有村のぞみ
「義父の性処理道具にされ悦ぶ妻~真夏の汗だくベロキス性交~ 有村のぞみ」(プレイボーイ チャンネル)

──セックスのとき、おじさんはダラダラ汗かきますけど、大丈夫ですか?

「正常位で汗が垂れてくるのが超うれしいです。『ごめんごめん、汗拭くね』なんて言っちゃダメ。私に垂れ流してほしい。もし拭いたら、その汗のついた手を舐めちゃうくらいです」

──おお、まるでナウ●カのようです。「わしらの姫様は、この手を好きだと言うてくれる」に通じるものがありますね。有村さんの言葉におじさんたちは大歓喜しながら、きっと執拗なクンニをしたがると思いますが、どうですか。

「全然イヤじゃないです。むしろそういう好きなプレイやこだわりがある人がいいんですよ。私とのセックスで気持ちよくなってもらいたいので、好きなことがある人のほうがいいです。変態が好きなだけかもしれませんけど(笑)」

AVの申し子のようなエロ娘の有村さん。そんな彼女はどうやってできあがったのか。後編では、デビュー作や思い出の作品から深堀りしていくので、お楽しみに!

Profile

Profile

有村のぞみ(ありむらのぞみ)
1997年2月14日生まれ。2018年、AVデビュー。身長155cm、B84・W57・H88。
イベントの情報はツイッターをチェック!
Twitter:@nozomi_arimura

Profile

Profile

文・安部千房
あべちふさ。1994年生まれ。好きなAV女優に会いたい一心で業界に入った安直AVライター。最近は女性に顔面を舐めてもらうことにハマっている。

放送情報

有村のぞみちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる