ハダカのおしゃべり

第93回 卯水咲流(前編)
「男性のあえぎ声を聞くとジャバジャバ」

卯水咲流

第93回 卯水咲流(前編)
「男性のあえぎ声を聞くとジャバジャバ」

後編はこちら→「変な人なんですよ、卯水咲流って」

──今日は9等身のスレンダー美女、卯水咲流さんに会いに来ました~。今月のスカパー!アダルトでは、咲流さんが出演している番組が4本放送されます! まずは「仕事中にイッちゃってごめんなさい…職場なのにセックスしていっぱい感じちゃう働くお姉さん150分BEST」(kmpチャンネル)から聞いていきましょう。

北川エリカちゃん、幸田ユマちゃん、桜井彩さんとは初共演だったんですけど、楽しくわいわいしながら、ちんちんを攻めてましたね。女優さんが癒し系、ギャル系、ロ●系、お姉さん系とタイプがわかれているので、それぞれ楽しめると思います」

──咲流さんは共演人数が多いときは、自分からガツガツ前に出ていくタイプですか。

「周りを見ながら対応しますね。でも、共演作品は他の人のエロいところが見られてうれしいし、参考にもなるので好きです。たまに監督さんが『撮ってるうちに勃った』っておっしゃることがあるんですけど、私もこの作品では、他の人の姿を見てて濡れちゃいました」

卯水咲流

──どのへんにジュンときちゃったんですか。

「北川エリカちゃんがエロくて、『明るい痴女もアリなんだ!』って思いましたね。桜井彩さんはおっとりされてるので、自分にないものを見せてもらえました。ふだんはみんな隠してますけど、撮影だとエロいところを見ることができるので、私はドキドキしますね」

──では、共演のたびにスキルアップできますね。

「セックスのときって、みんな自分なりのルールとか性癖があるじゃないですか。キスしたりフェラしたりする順番とか。でも、共演すると『あれ? 他の人はこうやってるんだ~』って勉強になるんです。そうやってみんなのルールが混ざり合って現場でしか生まれないものができるとうれしいし、それを自分の記憶にも染み込ませてます」

卯水咲流
「仕事中にイッちゃってごめんなさい…職場なのにセックスしていっぱい感じちゃう働くお姉さん150分BEST」(kmpチャンネル)

──となると、次の番組はかなり強烈な記憶になったんじゃないでしょうか。演技もセックスもドエロいと評判の春原未来さんと共演した、「愛欲レズビアン ~風俗嬢と前科者 再会恋物語~ 春原未来 卯水咲流」(プレイボーイ チャンネル)です。

「受刑者である私を春原さんが風俗嬢として待っている、というストーリーですね。私は没落したお嬢様役で、春原さんとの幸せな同棲生活を守るために悪事に手を染め、そのせいで逮捕されて刑務所へ。残された春原さんのほうは男に騙されて、女性用ソープ嬢に堕とされてしまうんです。『新橋探偵物語』(2018年)というピンク映画で春原さんとは共演したことがあったんですが、AV作品で共演するのはこれが初めて。大先輩の春原さんとからむなんてどうしよう……ってすごく緊張しましたね」

──でも映像を見ると、2人はしっくりきていますよね。

「レズビアン作品のときは本気で相手を愛するようにしてます。春原さんには撮影後に『愛してくれてありがとうね』って言ってくれて、濃厚なレズビアン作品になったと思います」

卯水咲流
「愛欲レズビアン 風俗嬢と前科者 再会恋物語 春原未来 卯水咲流」(プレイボーイ チャンネル)

──男性とからむときと、意識的に変えていることはありますか。

「とにかく相手から目を離さないようにしてます。見つめあうことや反応を見ることを意識して、セックスで会話してる感じですね。逆に、男性とするときは、お互いが自分の気持ちいいように動くジャズのセッションみたいになると、結果的に相手もすごく気持ち良くなるんです。それが視聴者にも伝わるんだなと、レビューを見て思いました」

──レビューはチェックするんですか。

「そうですね。もちろん否定的なコメントもありますけど、それも真摯に受け止めています。歳を重ねると怒られたり、叱られたりすることってどんどん少なくなるじゃないですか」

──最後に怒られた記憶は、いつですか。

「あ、実は最近ですね。私、ゲームやアニメが好きすぎて熱中しちゃうんです。この前、ゲームに熱中しすぎて、マネージャーから連絡が来ているのに放置してしまって、12時間後に返信したら、キレ気味な文面が送られてきました。『ちょっと細かく見て。大人でしょ? 言わなくてもわかるでしょ? 迷惑な人だよ』って」

卯水咲流
「愛欲レズビアン 風俗嬢と前科者 再会恋物語 春原未来 卯水咲流」(プレイボーイ チャンネル)

──完全にキレてますね〜。そんなに集中しちゃうんですか。

「集中が切れちゃうから携帯電話を見ないようにするんです。しかも、そのときは窓際でゲームしてたんですけど、熱中しすぎて右半身だけ日焼けしてたんですよ」

──根っこはまるで子どものような人ですけども、しっとり熟女作品でも魅力を放っているのが、咲流さんのすごいところです。次は、「母●交尾 義母と息子の禁断絶頂SEX秘湯旅 早戸路・中禅寺湖路」(ミッドナイト・ブルー)について伺いましょう。

「再婚相手の息子と、温泉で一線を越えてしまうストーリーですね。とにかく息子に優しく奉仕することを意識しました。私は年齢的には熟女なんですけど、『全然熟女っぽくなくて困る』ってマネージャーに言われるくらい熟女初心者。メーカーのルビーさんに、熟女の良さを教えてもらっています」

──どんなことを教えてもらっているんですか。

「カラダの丸みがあったほうがいいとか、がっつくんじゃなくて、色気で魅せるとかですね。他にも自腹でエロ漫画を買って読んで研究しています。ウェブ漫画のサイトに登録して、月2万円くらいつぎ込んでますね」

卯水咲流
「母●交尾 義母と息子の禁断絶頂SEX秘湯旅 早戸路・中禅寺湖路」(ミッドナイト・ブルー)

──すごい自己投資ですね。それはオカズにも使っているんですか。

「完全に資料です。エロ漫画は夢を描いてるから、それをリアルで体現できたらいいなって思うんです。凌辱物が好きな視聴者って結構いらっしゃるけど、そういう性癖って私の中では理解できなかったんです。でもエロ漫画を読んでいるうちに、『なるほど、だから興奮するのか!』と腑に落ちることも多いんです」

──デビュー直後から、そういった研究をしているんですか。

「専属のときはあまり考えてなくて、キカタンになってから『エロの想像力が足りない』って自覚しました。官能小説に手を出せばよかったんですけど、漫画だからなかなかストーリーが終わらないんですよ。ちょっとだけ読めば雰囲気は掴めるのに、結局、続きが気になっちゃう。この凌辱の最後は、どんな落ちになるんだろうって思うと、つい課金しちゃうんです」

卯水咲流
「母●交尾 義母と息子の禁断絶頂SEX秘湯旅 早戸路・中禅寺湖路」(ミッドナイト・ブルー)

──いいお客さんですね。他の人のAVを見たりはしないですか。

「それを真似するのも大事だと思ってるんですけど、量産化されたパターンが果たしてAVにとっていいのかなって思っちゃう。新しいことも古いこともシェアして、表現したいと考えてるんです」

──そんな咲流さんのエロプレイの真髄が拝めるのは、やっぱり痴女物ですよね。咲流さんの他、複数の女優さんが出演するオムニバス「乳首責めデリヘル嬢に騎乗位で生中●し!」(バニラスカイチャンネル)をご紹介しましょう。

「男優さんに『乳首気持ちいい人ですか?』って聞いたら『はい』と言われたので『じゃあ、遠慮なくいただきます』って感じで攻めました。痴女は得意じゃなかったんですけど、ある日、得意になったんですよ」

卯水咲流
「乳首責めデリヘル嬢に騎乗位で生中●し!」(バニラスカイチャンネル)

──なにかきっかけがあったんですか。

「信じてもらえないでしょうけど、降りてきたんです。『卯水咲流の童貞狩り』(ドバドバ大作戦/2019年)で、普段はSっぽい男性がアンアンあえいでくれて『痴女って楽しい!』ってハマっちゃったんです」

──声が聞きたくて攻めるんですか。

「声とか表情、それで勃ってるおちんちんとか見るとたまらなくて。しかも、たいていの男の人ってあんまりあえがないじゃないですか。素直に気持ちいいと言えない方がいるんですが、そういう男性があえぐ瞬間がぐっと来てタマラナイんです。私の股間もジャバジャバになりますよ」

咲流さんの股間もすっかり温まってきたところで、後編では高校デビューのお話やAVの洗礼を受けた秘話をお届けします!

Profile

Profile

卯水咲流(うすいさりゅう)
1985年12月25日生まれ。2013年2月、AVデビュー。身長169cm、B84・W59・H87。
イベントの情報はツイッターをチェック!
Twitter:@usui_saryu

Profile

Profile

文・安部千房
あべちふさ。1994年生まれ。好きなAV女優に会いたい一心で業界に入った安直AVライター。最近は女性に顔面を舐めてもらうことにハマっている。

放送情報

卯水咲流ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる