ハダカのおしゃべり

第99回 永瀬ゆい(前編)
「おならくらいで気にしてちゃダメ」

永瀬ゆい

第99回 永瀬ゆい(前編)
「おならくらいで気にしてちゃダメ」

後編はこちら→「『バチコン!』と奥まで突いてほしい」

──今日はキュートな表情が印象的なミニマム美少女、永瀬ゆいさんに会いに来ました~。今月のスカパー!アダルトではゆいさんの出演番組『彼女の妹を家庭教師をするが…実は絶倫ビッチで彼女の目を盗んではコッソリ犯されまくった』(レインボーチャンネル)が放送されます。

「姉の彼氏に家庭教師をしてもらう妹が、彼氏を誘惑して寝取っちゃう作品ですね。自分でアドリブを入れたりしながら、楽しみながら撮影できましたね。台本には書いてないけど、ドアを開けて『お姉ちゃん、見てるかもよ?』とか自分で考えてやってました。女子●生時代は私も遊んでたから、結構当時の感じが出ちゃってる気がします」

永瀬ゆい

──それは必見ですね! 痴女っぽい役ですが、男性を攻めるのは好きなんですか。

「Mの男の人が喜んでくれるのは好きですね。でも、やっぱり相手がしてくれたら、お返ししたいっていうのが基本なんですよね。乳首舐めてくれたら、舐めてあげたいみたいな」

──寝取る役柄というのは興奮するものですか。

「誘惑する役は感情移入がしやすいですね。実際に寝取った経験はないんですけど、私は男性に対してグイグイいくほうなので、性格的に自分に合ってる気がします。でも、まだまだ痴女スキルは高めていきたいって思います!」

──もう十分スキルはトップクラスですよ! 作品中での誘い方がちょっと生意気というか、ぶっきらぼうなのも、またそそります。

「意識的に言ってた部分もありますけど、それも私のふだんのしゃべり方に近いです。性格もぶっきらぼうというか、がさつなんです」

永瀬ゆい

──てことは、住んでるお部屋は汚い?

「いや、めっちゃ綺麗です。今日も掃除機かけてきましたし、縮れ毛が落ちてたらすぐに拾います。部屋が汚いと運気が下がるって聞いたので、そういうのは気にしてます!」

──じゃあ、人間関係ががさつなんですか?

「女の子には気を遣っちゃうけど、男の人にはガツガツいきますね。つきあったら私が上に立って支配したいんです。同性には優しく、男には強気です!」

──そんなゆいさんにとって、印象に残っている作品というのはありますか?

「『ヒロイン白目ドミネーション 永瀬ゆい』(GIGA/2020年)ですね。この撮影が本当に過酷で、人生で一番頑張りました」

永瀬ゆい
「『永瀬ゆい』彼女の妹を家庭教師をするが…実は絶倫ビッチで、彼女の目を盗んではコッソリ犯されまくった」(レインボーチャンネル)

──魔法少女モノですね。そこまで大変そうには見えないですが、体力的にキツかったんですか。

「そうですね。白目が監督のこだわりらしくて、面接時から『白目やってみて』って言われて、撮影中も白目をむきすぎてまぶたが痛くなってきたんです。真冬の撮影でコンクリートに寝たり、バトルシーンでも殴られたり蹴られたりするふりのはずなのに何発かいいのが本当に入ってきたりして、次の日は筋肉痛で動けなくなりました」

──体を張った作品だったんですね。

「あんなに頑張ったことなかったから、撮影後は自分のことを好きになりました。『よく頑張った私!』みたいな。あとはパンツを被るシーンとかもあって、それで羞恥心もなくなりましたね。女優としてひと皮もふた皮もむけたなって思います」

永瀬ゆい
「『永瀬ゆい』彼女の妹を家庭教師をするが…実は絶倫ビッチで、彼女の目を盗んではコッソリ犯されまくった」(レインボーチャンネル)

──もう怖いものなしですね。

「あ、あともう一本あります。『J○アイドル撮影会で突然の尿意!おしっこ我慢中に即ハメ媚薬ピストンされ続けて大失禁 永瀬ゆい』(ムーディーズ/2020年)の撮影でも、おしっこを出すために水を10リットルくらい飲んだんですが、あれはキツかったですね。しかも頑張っておしっこを出そうと踏ん張ったら、大勢いる前でおならしちゃったんですよ。それでも全然恥ずかしくなかったですね。心身ともに強くなりました!」

──もうベテラン女優のように肝がすわってますね。ちなみにそのおならシーンは使われてるんですか。

「私も気になるけど怖くて見てないので、わかんないんです。でも、『ブリ』とかじゃなくて、かわいい『プッ』っていう音だったのでよかったです。所属事務所の先輩で女優も監督もやっている神納花さんに、その話をしたら『潮吹きの撮影ではう●こだって出るから大丈夫だよ』って言われて、おならくらいで気にしてちゃダメだなって思いました(笑)」

永瀬ゆい
「『永瀬ゆい』彼女の妹を家庭教師をするが…実は絶倫ビッチで、彼女の目を盗んではコッソリ犯されまくった」(レインボーチャンネル)

──そうしたハードな撮影もあるなかで、今年は『「初レズの目覚め」兄よりも気持ち良かった。兄の彼女とのレズセックス。 ゆい みつき』(ダスッ!/2020年)にてレズビアンのプレイを解禁しましたね。

「『そろそろ解禁すれば?』ってマネージャーに言われたので『やるならかわいい子がいい!』って言ったら渚みつきちゃんになったんです。プライベートでも遊んでいる相手だから、すっごい恥ずかしかったです」

──やっぱり女子同士で気持ちいいポイントがわかってるから、気持ちよさも違いましたか。

「男優さんの愛撫も気持ちいいんですけど、女の子の愛撫は繊細。特にクンニは女の子のほうが上手な気がします。でも、根本的には男性相手とも変わらないし、好きな人とならなんでも気持ちいいですね!」

──作中ではどちらが攻めだったんですか。

「みつきちゃんが彼氏の妹である私を寝取るストーリーだったので、みつきちゃんが攻めですね。女性は男性と比べて、指の長さも違うし、舌も柔らかいし、本当にかわいい子って尊いなって思いました。ちょっとレズビアンに目覚めかけましたね。もっと早く解禁すればよかったです!」

永瀬ゆい
「『永瀬ゆい』彼女の妹を家庭教師をするが…実は絶倫ビッチで、彼女の目を盗んではコッソリ犯されまくった」(レインボーチャンネル)

──みつきちゃんなど女優さんとはなにをして遊ぶんですか。

「普通にご飯食べて、お酒飲んでしゃべってます。でも、私はお酒が好きなのでひとりでも飲みますね。海外ドラマを見るのが好きなんですけど、登場人物がみんな瓶ビールを飲んでるじゃないですか。あれ見てたら、自分も飲みたくなっちゃう(笑)。コロナとハイネケンのビンは常備してて、休みの日は昼からやってます。週6で飲んでますね」

──1日はしっかり休肝日を設けるんですね。ファンの方からもお酒の差し入れが多いとか。

「そうですね。『このお酒が好き』ってSNSでつぶやくと買ってきてくれて、ほんとにありがたいです。愛されてるなーって思います。この前はマッカランをプレゼントしてくれたファンの方がいて『大好き!』ってなりました!」

女優としてスキルも知名度も爆上がり中の永瀬ゆい。後半では彼女がアグレッシブに男性にアタックするようになったきっかけやデビュー作について聞いていくぞ!

Profile

Profile

永瀬ゆい(ながせゆい)
1999年10月15日日生まれ。2019年5月、AVデビュー。身長149cm、B80・W58・H86。
イベントの情報はツイッターをチェック!
Twitter:@YuiN_attractive

Profile

Profile

文・安部千房
あべちふさ。1994年生まれ。好きなAV女優に会いたい一心で業界に入った安直AVライター。最近は女性に顔面を舐めてもらうことにハマっている。

放送情報

永瀬ゆいちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる