ただいま修行中☆見習い記者 初美りんのがんばりレポート

キラキラAV女優の初美りんが、女優たちのイベントの裏側に潜入してリポートする連載コラム。第6回は、コロナなんか吹っ飛ばす、元気いっぱいのステージ。栄川乃亜、加藤ももか、神咲詩織、枢木あおい、白石茉莉奈、七海なな、並木塔子、大和姫呂未が歌って踊る現場からお届けするぞ!

第6回「セクシーアイドルによる歌の祭典『LADY MADONNA vol.11』」

第6回「セクシーアイドルによる歌の祭典『LADY MADONNA vol.11』」 上段左から、神咲詩織さん、栄川乃亜さん、加藤ももかさん、白石茉莉奈さん。下段左から、並木塔子さん、枢木あおいさん、大和姫呂未さん、七海ななさんです。

先月のコラムでは、りんりんの単独イベントin秋葉原をご紹介しましたが、今月に取り上げるのは、女子だらけの音楽イベントです! 11回目の開催となる『LADY MADONNA』(8月5日in青山)にオジャマしてきました! 本当は6月16日に開催予定でしたが、コロナ対策として延期が決定。この日ようやく開催にこぎつけたということで、関係者さんたちも緊張とうれしさがまじった様子でした。

実はりんりんも、同じ会場で開かれた『LADY MADONNA vol.6』(2018年2月)に出演させてもらったことがあります。りんりんのAVデビューは2017年7月だから、ステージなんてぜんぜん慣れてないまま、みんなの前で歌ったわけですけど、めっちゃ緊張したのを覚えてます! このイベントに出るのは、プロフェッショナルな考えを持った人たちばかりなので、その舞台でご一緒できたのは、すごい経験でした。

第6回「セクシーアイドルによる歌の祭典『LADY MADONNA vol.11』」 取材に来たライターさんやカメラマンさんが集合写真を撮っている横で、こっそりりんりんも映り込みました!

さて、今回もすごいメンバーが揃っているわけですけど、この日の一番手は、加藤ももかさん。めっちゃ緊張しそうな順番だけど、ももかさん的には、「最初に披露して、後はホッとした気持ちでいられるから、逆にいいです♪ 出番が途中だと、あと何人かな……ってずっと考えちゃうから」とのこと。

第6回「セクシーアイドルによる歌の祭典『LADY MADONNA vol.11』」 耳だけじゃなくて、後ろに回るとしっぽもついていました。超かわいい、加藤ももかさん。

ももかさんが歌ったのは、しっとり系のカバー曲。イベント主催者さんの方針で、コロナ対策としてお客さんにはフェイスガードが配られて、コールや掛け声は禁止だったので、それに合わせて静かな曲を選んだんだそうです。

自分のことを「自信がないタイプ」とももかさんは言っていたけど、ステージに上がったら堂々とした歌いぶりでキレイな高音を聴かせてくれました。

「出番の直前まで緊張してるけど、舞台に出た瞬間に、堂々とかっこよく歌おう!! って気持ちに切り替わるんです。ファンの方の楽しんでる顔を見ると自分も楽しくなります♪」

強いなあ……! って思いました。応援してくれてるファンの顔が、力になってるんですね。

続いて登場したのは、枢木あおいさん。本来はオリジナル曲を披露するつもりだったそうですが、諸事情あって今回は断念。「楽しくみんなで盛り上がれる元気な曲なんです」と、あおいさんは自信満々でした。新曲、早く聴きたいですね(ノ_<)

第6回「セクシーアイドルによる歌の祭典『LADY MADONNA vol.11』」 夏の歌と恋の歌を、気持ちたっぷりに歌っていた、枢木あおいさん。

代わりにあおいさんはカバー曲を歌ってたんですが、1曲目を選ぶ際に大事にしたのは、夏らしさ。あおいさんが歌うときは、いつも季節感のことを考えるんだそうです。そして2曲目のポイントは、ファンへの気持ち。

「この曲の歌詞は、恋人にむけて歌ってるんですけど、どこかファンの人との関係性が表現されてるなって思う。今なかなか会えない時期だからこそ、しっかり伝えたいという気持ちもこめて選曲したんです」

こんなんされたら、ファンの皆様もめっちゃうれしいですよね(つ๑>ω<๑c)♡

3番手は、アコースティックギターを抱えた姿が超格好いい並木塔子さん。作詞作曲を自分でやっているシンガーソングライターさんです。100以上のオリジナル曲の中から、この日のために選んだのは、『冷たい海の底へ』と『おとといきやがれ』でした。「暗いニュースが多いので、音楽を聴いてるときだけは全部忘れて楽しんでほしいです!」とのコメントをいただきました。

第6回「セクシーアイドルによる歌の祭典『LADY MADONNA vol.11』」 「ふだん言っちゃいけないことをスカッと言えるのが歌のよさ」と語っていた並木塔子さん。歌ってるときの顔が、めっちゃ気持ちよさそうでした。

いままでに数え切れないくらい歌い込んできた持ち歌ですから、気持ちを乗せるような表情と歌声は、さすがの印象でした。すごいです(つ๑>ω<๑c)♡ 憧れますねえ……。

その後は、栄川乃亜さん! ソロやユニットで何度も出演している栄川さんにとって、「『LADY MADONNA』は、私にとってのHOMEであり原点です!」と、特別な思い入れがあるようです。

第6回「セクシーアイドルによる歌の祭典『LADY MADONNA vol.11』」 栄川さんのイメージカラーは赤なんですが、今回歌うかわいい恋愛ソングに合わせて、ピンクの衣装を選んだそうです。

この日の目玉は、ピンクのフリフリ豪華な衣装!! クラウドファンディングでファンと一緒に作った衣装を初お披露目とのこと。ファンの方も絶対楽しみにしてたはず(つ๑>ω<๑c)♡

選曲は、オリジナルの『世話焼きガール』と『Kazamidori』。「練習はしているんですけど、新しい曲なのでまだ歌い慣れてないんですよ。一人でフルで歌って踊れるのか、体力的に心配です(笑)」と、楽屋では不安そうな表情でした。

たくさん歌って踊ってきてる栄川さんでも、そういう心配があるんだなあ(°_°)ってびっくりしました!! でも、ステージではしっかり跳ね回っていたので、さすがです!

5番目に登場したのは、りんりんの事務所の大先輩、神咲詩織さん。

第6回「セクシーアイドルによる歌の祭典『LADY MADONNA vol.11』」 神咲詩織さんの歌声とキーボードに、みんなうっとりしていました。

コロナのせいでオフ会などの個人イベントが中止になっていたので、「フェイスガード越しになるけど、久々にファンのみなさんと会えるのがうれしい」と、この日のステージを楽しみにしていたそうです。

そんなかみしおさんは、自身の作詞作曲によるナンバーをチョイス。1曲目の『裸族~for lovers~』は、ふだんは色々着飾って頑張ってるけど、ありのままの私をちゃんとみて愛してほしいっていう素敵なコンセプト( ^ω^ )。サビの「本当の私を身ぐるみ剥いで 愛して抱きしめて 裸の私を」は、超かっこよかったです。女の子だけじゃなく男性でも、共感できるんじゃないかなって思いました!

2曲目の『闇夜のきらり達』は、歌詞を聞いていると、「あ、これはAV女優への応援ソングなんだな」と感じさせる内容。かみしおさんもそういう意識で曲を作ったそうで、「頑張ってる女優さんって、私の目には夜空に輝く星のように見えるんですよ」と、にっこりおっしゃっていたのが印象的でした。りんりんの大好きな曲です。

そして、かみしおさんの歌でりんりんも会場もジーンとなっていたところに登場したのは、浴衣姿で元気いっぱいの笑顔の七海ななさん。「コロナのせいで夏祭りが中止になっているので、少しでも夏を感じていただけたらいいなー♪ って思って、持っている中でも明るめの浴衣を選んできました!」と、季節をしっかり取り込んだ華やかな装いでした。

第6回「セクシーアイドルによる歌の祭典『LADY MADONNA vol.11』」 楽屋ではおっとりした感じでしたが、七海ななさんは、ステージ上ではめっちゃパワフル!

まず歌ったのはオリジナル曲の『虹』。「みんなのことが大好きだよお!! って自分の気持ちがちゃんと伝わる曲。今日会場に来てくれているファンの方も、ネット配信で見てくれている方も含めて、届けばいいなと思って、この曲を選びました♪」とのこと。

2曲目の『Congratulations』は、世の中が変わっていっちゃうけど、そういうなかでも一緒に頑張っていこうっていう応援ソング。1曲目ともあわせて、今のコロナの時期にぴったりだなってりんりんは思いました♡

さあ、残すところはあとおふたり。どちらも『LADY MADONNA』を初回から支えてきた実力派ですが、まずは大和姫呂未さんから登場! このイベントのオーガナイザーの1人でもあるので、6月に開催延期を決めたときは本当に心苦しかったそうです。無事に開催できて、おめでとうございます!

第6回「セクシーアイドルによる歌の祭典『LADY MADONNA vol.11』」 大和姫呂未さんは、歌い方も表情も、身のこなしもすごく考えられていて、勉強になります。かっこよかったです!

大和さんが歌ったのは、オリジナルで新曲の『Gのうた』と『Twelve Night』。パンチあふれる「G! G! G! G!」のフレーズが強烈な『Gのうた』は、家にゴキブリが出たときの「むかつくな〜!」っていう気持ちを歌詞にしたんだそうです。発想力がさすがアーティストさんだなって思いましたପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓ 9月4日には、この2曲を含めたアルバムがリリースされるので、みんなチェックしてね!

そしてトリはこの方! まりりんこと白石茉莉奈さんです。ステージではめっちゃ激しく動くので、楽屋で念入りにストレッチしている最中にお話を聞きました。

第6回「セクシーアイドルによる歌の祭典『LADY MADONNA vol.11』」 白石茉莉奈さんは、振り付けのキレがハンパないので、止まったときの印象がめちゃ強烈でドキっとします。

「延期になったのは残念でしたけど、でも無事に今日の開催を迎えられました。最近は女優さんたちと直接会う機会がなかったぶん、楽屋にきた瞬間、久々にみんなと会えてテンションあがってうれしくなりました♡」

まりりんさんはすごくかわいらしく笑うので、りんりんも会えてうれしいですよって思いながら聞いてました(^ω^)ふふふ。

まりりんさんの選曲は、今回は初めてライブを生配信するということで、ファンの方にSNSで投票してもらって決めたそうです。

そういうファンと距離が近づく曲の決め方もいいなって思ったし、前日に決めた曲を当日ステージで完璧に披露できるっていうのもすごいですし……さすがベテランさんだなって尊敬の眼差ししかなかったです(T . T) 投票した歌を歌ってもらえるなんて、ファンのみんなも見ていて楽しみ倍増ですね♪

もちろん2曲目は、まりりんさんの代表曲『1986年のマリリン』。髪を振り乱して踊って歌うまりりんさんのパフォーマンスは激しすぎて、ついついつられて聞いている方も叫びたくなっちゃいます。コロナ対策は仕方ないけど、残酷ですね……。

というわけで、ライブはたくさんのお客さんも来てくれたし、出演者も圧倒的な気合で歌っていたし、大成功だったと思います。やっぱり頑張ってる人は素敵ですね♪

今はライブ好きのファンの方にとっては苦しい時期です。イベント自体が自粛になったり、配信ライブになったり。たとえライブが開催されても、フェイスガードにマスクが必要だったり。気持ちを100%出し切れなくて、ストレスがたまっちゃうこともあると思います。またみんなで一体になってライブを楽しめる日が来ることを願って、一緒に乗り切りましょう!!

Profile

Profile

初美りん(はつみりん)

初美りん(はつみりん)

1997年2月24日生まれ。2017年、MAX-AからAVデビュー。身長148cm、B85・W60・H84。
イベントの情報はツイッターをチェック!
Twitter:@hatsumi_rin

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる