一昨年に鳴り物入りでS1よりデビューした園田みおん。プレステージに移籍しても大活躍中の彼女だが、等身大の姿は、肩肘張らず自然体で生きるフツーの女の子。ギャルの空気感を一所懸命に消そうと頑張った、彼女の根っこ部分を直撃インタビュー!

早送りしないで、全部見てほしい

――今日はロック系のファッションでカッコイイですね!

「昔からこういうファッションが好きですね。音楽もロック系とかよく聞きます。それ以外はアニソンばっかりなんですけど」

――園田さんのアニメ好きは有名ですからね。

「アニメは、ちっちゃい頃から観ているからもう当たり前の存在という感じになっていて、今でもそれが普通に続いてるんですよ。性格的に、自分の好きなモノにしか興味がないし、それ以外はどうでもいい。世の中で何が流行ってるとか、あんまり気にしたことがないですね」

――女子なら、こういうのもおさえておかなきゃ……みたいな気持ちは?

「ないですね(笑)。子どもの頃はみんなについていくような感じでしたけど、高校生くらいから、サバサバというか、そういう本来の自分を表に出せるようになってきて。この仕事を始めてから、もっと自然体になったし、思ったことはなんでもいえるようなスタンスになった気がしますね」

――2015年の8月にS1でAVデビューした頃から自然体だったんですか?

「気持ちは変わらないですけど、デビューした頃はすごく焦ってたと思います。『どうしたら売れるんだろう』ばっかり考えてたんですよ。やるからには結果を出さなきゃ、みたいなことをずっと考えていて、売り上げランキングをすごく気にしてましたね。私の見た目がすごいギャルっぽいから、あんまりウケないのかな……とか。もともとがギャルだったんで、デビューするときにはギャル度をマックス薄くしたつもりだったんですよ。でも、他の人たちと比べると、髪の毛の色も明るいし、化粧も強めだし……」

――ギャルを隠しきれてなかったんですね。

「いろいろ試行錯誤したんですけど、去年の4月にプレステージさんに移籍したあたりから『自分はそのまんまでいいじゃん』って思えるようになったんですよ。自然体でいったほうがいいなって」

――絡みやプレイ内容も、自然体になっていきましたか?

「私は、この業界に入るまでホントに普通のことしかしたことなかったんですよ。だから、もうすべてが初体験みたいな。攻めも受けもいろいろやらせていただきましたけど、最近は一周回って、やっぱり普通のイチャイチャしてるエッチが好きだなって思いました」


――バック・トゥ・ベーシックですね。作品に対するモチベーションに変化はありますか?

「どの作品でもそうですけど、手は抜きたくないっていう気持ちが強いですね。みんながお金を払って観てくれてるわけだから、いままでよりも次はもっといいものを出したい。先月のは良かったけど、今月は微妙みたいに思われるのが嫌だから」

――カッコいいですね! でも、長く続けていくと、気持ち的にも体力的にも波というのは出てきちゃうじゃないですか。

「それは絶対ありますよね。体型も、最近太ってきちゃったし。移籍した頃は、結構痩せたんですよ。そこからちょっとリバウンドしたんで、ヤバイなと思ってます。移籍してから他の女優さんと一緒に仕事する機会が増えてきて、みんな細くて可愛いから、ダイエットもそうだし、メイクも頑張らなきゃって思いますね」

――女優さん同士でそういう情報交換もするんですか? 

「しますよ。でも、人見知りなので、自分から話しかけるのは苦手なんですよ。しゃべりかけてくれれば全然話すんですけど」


――プライベートで仲のいい女優さんはいらっしゃいますか?

「仲のいい方はいますけど、休みの日に一緒に出かけたりはしないですね。私、本当に引きこもりなんですよ。休みの日は外に出ないでずっとアニメ観てます。私にとって、絶対に家から一歩も出ないのが”休日”。お仕事がオフでも、ちょっとでも外に出る用事があったら、それは自分の中で休みじゃないんですよ」

――役所に行くとか、ちょっと買い物するとか……。

「ダメです! 一歩も外に出ないでアニメ観て、ひたすら家でぐうたらするのが幸せですね」

――今回のグラビアは、双葉社からリリースされた写真集『グラマラス』からの厳選カットを公開しています。このときのスタイルは、園田さん的にどのくらいの仕上がりでしたか?

「撮影は今年の1月くらいだったのかな。もちろん気合い入れてましたけど、まだ途中くらいの仕上がりですね。写真集を撮り終わってから、結構ガッて絞ったので」


――それでも、見事なプロポーションですよ! お気に入りのカットとかありますか?

「全部! 今回の写真集は本当に全部好きですね。もともと笑顔とか、キャピっと微笑むとか、そういうのが苦手なんですよ。AVのパッケージとかも、どっちかっていうと笑顔よりキメ系が多いんですよね。今回の写真集も、バッチリ笑顔っていうのは表紙ぐらいで、それ以外はカッコイイ系の表情が多くなってると思います」

――今月、スカパー!アダルトでは『【プレステージ女優新作4作品】新人専属デビュー 愛音まりあ/今永さな/園田みおん/雪白かん菜』(ミッドナイト・ブルー)と『女子マネージャーは、僕達の性処理ペット20』(バニラスカイチャンネル)が放送されます。どちらの作品もパッケージはキメ系の表情ですね。中●しを解禁したり、大勢の男たちに奉仕したり、どちらもハードな作品だったと思いますが、いかかでしたか?

「どんなジャンルでも、とにかく1回はやってみようと思ってるんですけど、中●しは、この作品が本当に最初で最後だと思いますね。そういう意味では他にも『このプレイを観られるのはこの作品だけ』というのは多いかもしれないです」


――いろんなプレイをするたびに、スタンプを押して『完了!』みたいな。

「そんな感じです(笑)。ファンの方から『どの作品がオススメですか?』とか、すごい聞かれるんですよ。でも、デビューしたときからどの作品も全力でやってるんで、どれもオススメなんです。そのときの園田みおんのマックスを出してるから、もう全部見てほしい。早送りとかしないで。私自身、全力を出せなかったって後悔するのがすごい嫌なので、体調が悪かったりしても、そのときの全力でやるようにしてきました」

――カッコイイというか、芯が通ってますね。たとえば、男性のタイプとかでも、そういうキチっとしてる人が好きだったりしますか?

「そうですね。浮気する人とか嫌いだし、基本的な部分でちゃんとしてない人はイヤですね。人として当たり前なことってあるじゃないですか。例えば食事のときに「いただきます」「ごちそうさま」をいうとか。人にされて嫌なことは相手にしないとか、そういう当たり前のことができない人は嫌いです。そこができてれば、別に見た目なんてどうだっていいって思いますね」


――現代の日本では、その基本ができてる人がなかなかいないんですよね。

「そう! 本当にいない! デビュー前につき合ってた彼に浮気されたこともあるんで、もう絶対そういうのは嫌って思ってたんですけど、この仕事でいろんな経験をさせてもらっていくなかで、人としての基本が大事だなってより思うようになりましたね。もちろん自分もまだまだなんですよ。でも、それを目指そうというか、マイペースな部分はそれはそれでいいけど、やるときはちゃんとやろうって」

――いや〜、園田さんはいい上司になれそうですね。

「あ、それは無理です。先輩、後輩とか苦手なんですよ。もともと人間関係がそんなに得意じゃないというか、男女関係なく、うわべだけのつき合いができなくて。現場でスタッフさんが、私に気を使ってくれるじゃないですか。そういうのも、もっとラフな感じでいいのにって思うんですよ。でも、人見知りなので、自分からは行けない(笑)。最初は来てもらえれば、自然体で接することができるんですけど」

――結婚願望とかはあるほうですか?

「あります! 同棲とか、全然したいタイプです。打ち解けて、本当に好きになったら、結構まっすぐになっちゃうタイプなんですよ。なので、彼氏ができたら、もう常に一緒にいたいって感じになりますね」


――常に一緒にいれば、浮気もできないですからね。

「学生のころ、私も興味本位で1回だけ浮気したことがあって。でも、それがぜんぜん楽しくなくて、『あっ、これダメだ』って。何でこんな嫌な気持ちになりながら、相手が嫌がることをしてるんだろって」

――最近の芸能人の不倫騒動を見てどう思いますか?

「くだらんなって思いますね。マジで小学生かって。まだつき合ってる程度ならいいですよ。でも、ちゃんと書類出して結婚してるような人たちが浮気するのって、バカかって思います。結婚するって決めたんなら腹くくれやって」

――胸がスッとしますね! 園田さんがこういうストレート・トークをする番組があったら面白そうですね。

「まったくAVの話と関係なくて心配ですけど……いまバラエティ番組とか、ツイキャスとかもやらせてもらってるんですけど、このまんまの感じでやってますよ」


――AV以外に、これからやってみたいと思っている仕事はありますか?

「特にこれが目標とか、誰を超えたいとかはないんですけど、自分がいけるところまでいきたいなって思いますね。でも、何をしても、私は変わらないし、ファンとの距離も変わらないと思います。『園田みおん』は、自分一人じゃできないから、ファンの人や、スタッフさん、みんなで一緒に作っていきたいっていうのはありますね」

――常に全力投球なんですね。

「イベントで、80秒の個人撮影タイムがあるんですけど、そのときも同じポーズをするのが嫌なんですよ。一枚一枚、なるべくポーズがかぶらないようにいろんなバリエーションを考えるんですけど、80秒は本当に長いんで、もう必死ですよね。イベントは楽しいし、ファンの方とコミュニケーションが取れるから大好きなんですけど、ちゃんとポージングできるかなっていう不安が大きくて」

――毎回ポーズが変わるのは理想ですけど、実際にやるとなるとかなり大変ですよね。無理して倒れたりしないでほしいです!

「それは大丈夫です。基本的に1日引きこもってれば回復するので(笑)」

Profile

園田みおん(そのだみおん)
1995年11月11日生まれ。身長150cm、B90・W58・H88
2015年デビュー。


放送情報

「【プレステージ女優新作 4作品】新人専属デビュー 愛音まりあ/今永さな/園田みおん/雪白かん菜」

7/2(日) 後11:00~ CS初放送
【その他放送日】4・8・11・13・20・26


「女子マネージャーは、僕達の性処理ペット20」

7/2(日) 後9:00~
【その他放送日】4・6・9・11・13・15・17・19・22・24・26・28・29

園田みおん写真集『グラマラス』(双葉社/3,500円+税)より
撮影/浜田一喜

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる