水沢のの

8等身の完璧ボディをひっさげて、昨年9月にAVデビューした水沢ののチャン。「スカパー!アダルト放送大賞2014」にノミネートされるなど、大活躍中の彼女が、スカパー!アダルトのグラビアに登場です!

AVでも学校でも、勉強の毎日ですね

――撮影お疲れさまでした! いかがでしたか?

「久しぶりのグラビアだったのですごく嬉しかったです!」

――どの衣装がお気に入りとかありますか?

「この赤のビスチェが可愛かったですね」

――これは編集部でもイチオシの衣装だったんですよ! 似合っていましたね。

「ほかのはナチュラルで自分ぽい感じだけど、こういうのは着ないので衣装にあると楽しいですね」

――お風呂のシーンもありました。

「えっ、髪とかこんなに濡れちゃうの!? 大丈夫かなって心配になっちゃいました(笑)」

――デビュー半年で「スカパー!アダルト放送大賞2014」では週刊大衆賞を受賞して、ノリにノっているののちゃんですが、元々はモデルをやってらしたんですよね?

「そうなんです。でも、ずっと女子校育ちで、いつも人前で平気で脱いでたせいか、裸になること自体にはデビュー作からそれほど抵抗はなかったんですよ。ただ、スチール撮影やイメージシーンの撮影はともかく、カラミを動画で撮られるのはさすがに勝手が違いましたけど……」

――そりゃ、そうですよね。

「でも負けず嫌いなんで、緊張してるのが現場の人にバレるのは悔しいんですよ。だから、ずっと気を張ってたら撮影の後にドッと疲れちゃって……。『スカパー!アダルト放送大賞』の授賞式の舞台に立ったときも、同じく新人女優賞にノミネートされていた白石(茉莉奈)さんから『緊張しないんだね』なんていわれてたんですけど、いざ舞台に出てみたら足がガタガタ震えてました(苦笑)」

――同じマキシング専属の由愛可奈ちゃんと仲がいいんですよね?

「そうなんです。授賞式では由愛可奈ちゃんが一緒にいてくれたのですごく心強かったです。彼女は舞台に立つのが3回目だったのでいろいろアドバイスしてもらいました」

――「週刊大衆賞」と聞いてどう思いました?

「『週刊大衆』っていう雑誌があるのは知ってたんですけど、まさか自分が、って。誰がどうやって選んだろうって、いまだに謎なんですけど(笑)。名前を呼ばれるとは思ってなくてただびっくりしてました」

――グラビア撮影は好きと伺いました。

「デビューのときはいろんな雑誌に載せてもらってすごく嬉しかったですね。ファンの人からも“もっとグラビアに出てほしい”って言われたりするんです。これを機にどんどんグラビアの仕事が増えればいいなと思います」

――そういえば、ののちゃんは現役大学生でもあるんですよね? 授賞式ではMCの中尾彬さんからも「大学行ってんの?」なんてツッコまれてましたけど(笑)、どうなんですか?

「ちゃんといってますよ! 私、この業界に入るときに『学校と仕事を両立する』って決めて入ってるので。学校の友達にも会いたいし。でも、さすがに友達は私がこの仕事をしてることは知らないので『賞取ったよ』みたいなことはいえないんですけど……(笑)。あ、でも両親は私がこの仕事してることは知ってるんですよ」

――へえー、それもすごい。じゃあ、とにかく今、ののちゃんは学校のお勉強と、AVのお勉強を両立しているわけですね。

「ホントにそうですね。この世界に入ったことで、それまではくすぐったいだけだった首筋を攻められるのが実は気持ちイイってことも覚えましたし。あと私、ずっとイク=潮を吹くことだと思ってたんですよ。お恥ずかしい話ですけど(苦笑)。だから今、いろいろ勉強させてもらってます」

――どんどんエロくなっていく、ののちゃんに期待してます。では最後に、スカパー!アダルト視聴者の方にメッセージをお願いできますか?

「まだデビューして半年ちょっとなんですけど、『スカパー!アダルト放送大賞』にノミネートさせてもらえたのは、ファンの方たちがいてくださるからこそだったと思うんですよ。私はマキシング専属女優として、応援してくださる方のためにも『マキシング魂』で頑張っていくので、今後も水沢ののをよろしくお願いします!」

Profile

水沢のの(みずさわのの)
1993年9月6日生まれ。身長165cm、B86・W60・H83
2013年9月、マキシング専属でデビュー。「スカパー!アダルト放送大賞2014」の新人賞にノミネート。


放送情報

水沢ののちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

撮影/しらいしまさよし

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる