デビュー以来、淫らすぎる巨乳でファンをトリコにしてきた吉川あいみ。所属レーベルを移し、「いい感じ」で2年目のAV女優生活に突入している彼女に心境を聞いた。

ファンのお腹を触っちゃう

――デビューから2年ほど経ちまして、所属レーベルも変わりました。最近の心境はどうでしょう?

「いい感じ。すごく(笑)」

――例えばデビュー前とか、いまのような「いい感じ」を想像してました?

「してましたよ。でも、最初はあまり『仕事』って認識がなかったんです。撮影はしてても実際にまだ発売されてなかったっていうのもあるんですけど。3、4作目ぐらいを撮ったころにやっとデビュー作が出て、そこからTwitterのフォロワーも一気に増えて、みなさんの声とか感想が聞けてやっと実感してきたというか……」

――『仕事』になると意識が変わりました?

「幅を広げていきたいなって思いましたね。それで、AVだけじゃなく、テレビ、雑誌にもたくさん出させてもらって。写真集は、同じ事務所のコが出してたので、『私のもー!』って事務所のヒトにお願いして」

――ゴリ推しして(笑)。

「ゴリゴリ推しまくって(笑)、やっと決まったんですよね。ロケ場所は沖縄なんですけど、スタッフは4人だけで。人数が少ないからバタバタするのかなぁって思ってたんですけど、逆にマイペースでノンビリと撮影できたんです。だからすごく素に近いというか、リラックスした表情に撮れてると思いますよ」

――写真はご自身でチェックしたりするんですか?

「時間があるときは絶対やります。デビューしたころ、インターネットで自分の写真を検索したら、『なんでこの写真?』って思うものがあったんです。やっぱり自分で納得するものを残したいから、いまは撮影中にもなるべく写真を見せてもらって、チェックしてますね」

――まさに「仕事」意識が高いというか、プロとしての責任感ですよね。

「というよりも、単純に可愛くない自分を世に出したくないだけです(笑)」

――ハハハ。急に女のコっぽい理由になりましたね(笑)。

「だって、イヤじゃないですか、普通に考えて(笑)。後から写真を修正するのもイヤなんですよ。カメラマンさんに、その場で可愛く撮ってもらえるかが勝負だと思うんですよ。それで自分も精一杯がんばるし、カメラマンさんにも頑張ってほしいし……」

――それはAVの撮影でも、そういう意識なんですか?

「だんだんそうなってきましたね。最初は段取りがわからなかったので、細かくこうしてって指示をされてたんですけど、最近は自由に動いていいよっていわれるんですよ。それがちょっと嬉しいですよね。あんまりエロく動き過ぎると、止められちゃいますけど(笑)」

――どういうときにエロくなりすぎちゃうんですか?

「カラミだったら、完全に男優さんとの相性ですよね。逆にどんなシチュエーションでも、男優さんとの相性がいいと、自分からもいけますね。レーベルが『TEAM ZERO』に移ってから1作目に、オイルセックスがあったんですよ。監督にも、男優さんにも、ある程度の流れや段取りがあると思うんですけど、私はそのとき勝手に1人で盛り上がっちゃって、そんなのもうパーンって(笑)」

――捨てちゃった!(笑)

「騎乗位やったのに、また騎乗位をやったり、セオリーを無視しちゃって。でも、テーマが『ありのままの吉川あいみを映そう』ってことだったので、それでいいかなって(笑)」

――相性を大事にするってことですけど、それは普段から?

「友達とかだと、相性がすべてですよね。でも、私なりの相性テストがあるんですよ。知り合ったら、1週間ぐらい一緒にいて、まず悪いところを見つけるんです。それを1対1のときに話して、ダメだったら相性が合わなかったんだなって思うんです」

――好きな男のひとにもそういうテストをするんですか?

「テストってほどではないですけど、絶対に見る点は、社会的なマナーがあるかどうか(笑)。私が暴走しちゃうタイプなので、相手にはブレーキ役が必要なんですよ。あと、見た目的な所でいえば、お腹のお肉」

――それは引き締まってないとダメとか?

「その逆で、お腹の肉が柔らかそうな人がいいですね。業界のエライ関係者さまとか、ファンの方でも、柔らかそうないいお腹だったらすぐに触っちゃいますね」

――それはファンにとっても嬉しいですね(笑)。あいみサンはファンの方との距離が近いという定評がありますよ。

「私のファンの方って、すごいラクっていったら語弊がありますけど、友達感覚なんですよ。あと最近、女の子のファンも増えてきて、女子だけのイベントもやってるんです」

――それは楽しそうですね!

「女性からのファンレターに『すごいキレイでファンになりました』とか書いてあると、本当にうれしくて。私の目標に、女性からも好きになってもらいたいっていうのがあったので、それはもうこの仕事やっててよかったなって。もっと頑張って、もっと知名度をあげなきゃって思いますね」

――知名度は十分あるじゃないですか。いまのAV業界で、人気、実力ともにトップクラス女優さんの1人だと思うんですけど。

「まだ全然ダメですよ! ほんとに誰もが知ってるぐらいの知名度があるのが本当のトップ女優で、その下に業界では有名な女優さんたちがいて、あとはただの単体女優。私、その位置の下ぐらいの普通の単体女優だと思ってますよ。

――いやいやいや、昨年度の『スカパー!アダルト放送大賞』にもノミネートされてるじゃないですか。完全にメジャークラスですよ。やっぱり作品の売り上げとかが気になるんですか?

「売れ行きとかはあんまり気にしないんですけど、やっぱり賞は獲りたいですよね。自分のためっていうよりも、応援してくれてるひとたちが、私のファンだっていっても恥ずかしくないようにしたいじゃないですか。それはやっぱり賞を獲らなきゃ認めてもらえないと思うから、常に賞レースには参加しなきゃいけないって思ってますね。10年以内には穫れるように頑張りたいです」

――もっとはやく獲れますよ! でも、今のお話だと、あと10年はこの世界で活動してくれるってことですよね。

「だといいな、とは思ってますけど……。まだまだこれから頑張っていくので、ファンの方も、そうでないヒトも、吉川あいみのことを見続けていてほしいですね」

Profile

吉川あいみ(よしかわあいみ)
1994年3月20日生まれ。身長152cm、B95・W57・H85
2013年1月、SODクリエイトから専属デビュー。

【サイン会情報】
2014年9月23日(火・祝) 昼0:00~ ラムタラエピカリアキバにてイベント開催決定!

放送情報

吉川あいみちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

吉川あいみ写真集『愛しのA.』(双葉社/税抜価格3,500円)より
撮影/野川イサム

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる