アリスJAPAN専属としてデビューして、まもなく1周年を迎える長瀬麻美チャン。エッチだけでなくバラエティ番組のMCでも活躍中の彼女に、次の1年の意気込みを聞きました。

「今年中に地上波デビューしたい!」

――デビューしてどのぐらい経ちました?

「今年の9月でまる1年になりますね。デビュー作の撮影自体は去年の今頃(7月)でしたけど……」

――デビュー作の撮影前は、毎日ドキドキしてた感じですか。

「ドキドキは……あまりしてなかったかもしれないですね(笑)。AVデビューは私が自分で決めたことなので、もう『よし、やろう!』っていう心境でした。撮影そのものは緊張しましたけど」

――グラビアアイドルとしてイメージビデオも撮ったりしてたので、撮影には慣れてたんじゃないですか?

「ぜんぜんダメでしたね。やっぱり現場に着いて脱ぐっていうのは、全然違う経験でした」

――1年経ってみて、いまの自分は予定通りですか?

「いや、そもそもあんまり先のことは考えないんですよ。あしたご飯、なに食べようかなってぐらいで(笑)。その先はなんとかなるだろう、みたいな。楽しければOKみたいな感じのタイプなので(笑)」

――ではAV女優としていつまで続ける、みたいな予定も……?

「とくにないですね。ただ、やるからには、しっかり名前を残したいなとは思いますね。具体的にいったら、みひろさんとか、麻美ゆまさんみたいな誰でも知ってるぐらいになりたいですよね」

――でも、すでにかなり知名度は高くなってると思いますよ。「スカパー!アダルト放送大賞2015」にもノミネートされてましたし。街で声をかけられたりとかしませんか?

「私、全然ないんですよ、そういうの。何回か『大島優子さんですか?』って声かけられて、すぐに違いますよっていったことはありますけど(笑)」

――確かに雰囲気は似てますね(笑)。イベントなどでファンと接する機会もあると思いますが、そこで人気を実感したりしませんか?

「やっぱりイメージビデオのときに比べて、私のことを新しく知ってくれる人が増えて、本当に嬉しいなぁって思いますね。それにたまたまなのかもしれないですけど、AVを見て来てくれるファンの方はみなさん優しいですね」

――どのへんでそう感じますか?

「撮影タイムが和やかなんですよ。グラビアアイドルの頃は『もっと谷間ください!』とか『下チチ寄せてください!』とか、すごい集中攻撃で(笑)」


――AVファンにとっても、その大きなおっぱいは魅力的ですよ!

「おっぱいは自分的にはすごいコンプレックスがあったんで、AVに出てからだんだんその気持ちは変わっていきましたね」

――だれもが憧れる巨乳にコンプレックスが?

「巨乳というか、乳輪コンプレックスですね(笑)。それを出すっていうのがすごい恥ずかしいって思ってたんですけど、みなさまに認められていくうちに、あぁ、いいんだなと」

――その乳輪がイイっていう方もいっぱいいますよ!

「結構いるんですよね。AV業界に入って、それがいちばんビックリしました(笑)。あと、性格的にもコンプレックスはいっぱいあって……。恥ずかしがり屋だし、ビビリだし、怖がりだし、もう大変ですよ」

――そんなに恥ずかしがり屋には見えないですけど。

「AVの撮影だったらもう大丈夫なんですよ。でも、エンタ!959で『おっぱい✕おっぱい2』っていうバラエティ番組のMCをやっているんですが、最初はかなり恥ずかしくてビビって戸惑ってました」


――先月、その番組の収録中に、澁谷果歩さんのインタビューを取りましたけど、長瀬さんも、いいMCぶりでしたよ?

「いっしょにMCをやってる澁谷果歩ちゃんが、結構グイグイくるタイプなんですよ(笑)。そのグイグイに対して、自分もグイグイいかなきゃいけないのかなとか、最初は思っちゃったんですね」

――長瀬さんの性格的には、グイグイいけないでしょう?

「そうなんです。それに、自分は果歩ちゃんとは違うキャラクターでいいんだっていうのにだんだんと気づいてきて、それでいまみたいなバランスになったんですけど」

――猛獣と猛獣使いのような、安定感のあるいいコンビだと思いますよ。ほかには、やってみたい番組はありますか?

「旅行と温泉が大好きで、オフのときに、女の子の仲良しの友だちと一緒に温泉旅行にいったりするんです。そんな旅番組をやりたいですね(笑)」

――オフの過ごし方は?

「旅行もしますけど、基本的にはずっと家にいますね。寝る、食べる、の繰り返しで(笑)。フットワークは軽いので、誰かに呼ばれたら、すぐ飲みにいったりはするんですけど、あとは基本的に寝てますね」


――お酒に酔ったらどうなります?

「たまに記憶がなくなって、気づいたら家で寝てたとかはよくあります(笑)。あと、ガードレールに腰掛けてて、そのまま後ろに倒れてケガしたりとか」

――それは酔ってる以上に、ただ運動神経がニブいだけだと思います(笑)。

「運動は本当にダメですね。しょっちゅうコケて、アザとかすぐ作っちゃうんです。スポーツも球技とか苦手で、なんかボールを奪い合うような争う感じがダメなんですよ」

――それはかなりの平和主義ですね。女優さんも、いろんな賞レースがあって、戦いみたいな一面もありますけど。

「本当に戦いみたいなの得意じゃないんですよね……。でもやるんだったら、やっぱり1番になりたいなって気持ちはどこかで生まれてくるんですよ。普段はなんとなく楽しかったらいいかなぁみたいな感じで生きているんですけど、実は負けず嫌いな部分もあって」

――いまどきのAV女優さんは撮影だけじゃなくて、いろんなお仕事がありますけど、どのあたりが一番お好きですか?

「ぜんぶ楽しいんですけど、やっぱりイベントは好きですね。私、インターネットで自分の作品のレビューとかをすごい読むんですよ。だからイベントで直接感想を聞いたりするとすごく嬉しいですね」


――ちなみに今月はスカパー!アダルトで長瀬さんの「レ●プ狂い 長瀬麻美」(ミッドナイト・ブルー)と「どうしても彼氏を満足させたい姉が、僕をSEXの練習台に指名してきた 長瀬麻実」(フラミンゴ)が放送になるんですが、こちらの2作はご自身的にどうでしたか?

「『レ●プ狂い』は、男優さんが本当にレ●プの人に見えてしまって、本気で怖がりながらやってました。撮影前にはなんにもいわれてなかったんですけど、いきなり足を持たれて逆さ吊りされたときは本当にヤバかったです。たぶん今までの私の作品のなかではハードな仕上がりになってると思います」

――「満足させたい姉」はどうです?

「このお姉さんは、エッチに対してすごい無知なんですよ。ウブでなにも知らなくて、でも彼氏のこと満足させたくて、恋愛経験のある弟にいろいろ教えてもらうっていう作品なんですけど、そのシチュエーションがなかなか面白くなってると思います」

――今後もどんどん作品が放送されますけど、活動ペース的にはどうですか?

「もうちょい忙しくても大丈夫ですね。今、月の半分ぐらいお仕事してるんですけど、毎日あっても大丈夫です。いまイベントで全国ツアーしているので、いままでいったことのない場所でファンの方とお会いしたいですね」


――では今年の目標はイベント全国制覇ですか?

「今年中に全国は難しいと思うんですよね……。なので目標としては、今年中に地上波のテレビ番組に出たいですね。もっと知名度をあげていきたいので」

――それはイケるんじゃないですかね。あとは突飛なキャラクターとか、特技とかがあればすぐにでもテレビに呼ばれますよ。

「うーん……。特技は寝ることぐらいなので、難しいかもしれないですね(笑)」

Profile

長瀬麻美(ながせまみ)
1992年6月6日生まれ。身長158cm、B88・W60・H90。
2014年、AVデビュー。

放送情報

長瀬麻美ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

写真提供・アリスJAPAN

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる