今年春からアイドルユニット「ミリオンガールズZ」に加入し、華やかなAV女優人生を歩む桜井あゆチャン。だが、凄まじいプロ意識と負けず嫌い根性で戦ってきた彼女には、実はやり残したことがあるらしい。

「半信半疑だったミリガ加入」

――デビューしてどのぐらいになりますか?

「2年半ぐらいですね。もう600本以上は出てるので、やりきった感はあるかもしれません(笑)」

――そんなにハイペースで作品を出すことになるなんて、イメージしてました?

「未知の世界だったので、 このペースがこの世界では普通なのかなって思ってやってきました。いちばん最初の作品を撮ったとき、現場でいろいろとケアしてもらったり、大事にしていただいたので、『あっ、私はここでちゃんと女優をしなきゃいけない、私はプロなんだっ』という意識が生まれたんです。だから頑張ろうって思って続けてきました」

――自分の作品が世の中に出回っていくってのはどういう感覚でした?

「ネットで『桜井あゆ』を調べるとたくさんのページが出てきますよね。ユーザーの方からすれば有名人かもしれない。でも私には、その自覚はないんです。『桜井あゆ』の名前を見ても、そこにいるのが、自分だとは思えないんです」

――第三者として「桜井あゆ」を観ている感じ?

「そんな感覚です。私は仕事とプライベートは別だよ、とファンの前ではよくいっています」

――気持ちいいセックスという演技をしてるんですか?

「そういうわけではなく、撮影で自分が気持ちよくなることを求めていないんです。私の仕事でいちばん大事なのは、ユーザー目線になって、カメラ越しで相手に興奮してもらうこと。もしかしたら私が本気で気持ちよくなっている姿を見て興奮する人はいるかもしれない。でも、そうやって我を忘れてセックスしてると、見せたいところが見せられなかったりするときもあるんです。それを考えたとき、意識的にやっていかないと、と思って」

――見せるセックスのために、自分の作品をチェックしたりしますか?

「もちろんします。このアングルで撮られるとすごいブスなんだな、とか(笑)。あっ、ちょっとここのシーンは、淫語をいい過ぎたなとか、チェックしてます」


――今月はスカパー!アダルトで桜井さん主演の『日焼け姿で中●しSEX 桜井あゆ』(kmpチャンネル)が放送されますが、この撮影はどうでしたか?

「これは沖縄で撮影しました。この作品の前に黒人モノを撮ったんですけど、黒人男性にヤラれたあとに、次は自分が日焼けして黒人女性のようになるといういう流れかな」

――時系列を追って作品を見ているファンは、そういう楽しみ方ができるんですね(笑)。撮影では、帰京時間ギリギリまでハメられっぱなしだったそうですが。

「そうなんですよ(笑)。楽しかったです。外で思いっきりできるので、開放感はハンパなかったです」

――それも、今年の春からミリオン専属になったからこそですよね。なにか自分のなかで感慨深いものはありましたか?

「ずっとキカタン(企画単体女優)でやってきた女優が専属になるときに、いちばん思ったのは、今まで月20本以上は撮影していたのに、専属になると月1本の撮影になることです。同じように企画から単体になったともちん(友田彩也香)ともよく話すんですけど、月イチになるとセックスのやり方忘れちゃうねって(笑)。2人とも痴女作品では、それこそ淫語をバンバンいってたんですけど、月1回の撮影になると、淫語がなかなか出てこなくなっちゃって」


――あれは日々の鍛錬が大事だったんですね(笑)。

「だからちょっと危機感を覚えて、監督に相談したら『あー、いまぐらいがちょうどいいよ 』っていわれてしまって。昔はいい過ぎていたみたいです。月イチペースの撮影にはなかなか慣れないですね……」

――やっぱりキカタンは女優さんどうしの横のつながりが大きいんですか? 

「大きかったです。たくさんの女優さんと仲良くなって、たくさんのスタッフさんと毎日のように会って、どんどん人のつながりが増えていくんです。そのうちどこかから桜井あゆの評判が伝わって、仕事が増えていったという感じがしました」

――そういう意味では、やりがいがあるというか、自分の頑張りが実績として実感できる世界なんですね。

「企画女優として仕事をしていてとてもいいこともたくさんあったので、単体女優になることはないのかもなぁと自分の中では思っていました。でもデビューしてから2年がたって、自分の引退が見えてきたので、最後に専属女優として頑張ってみようかと思ったんです」


――引退の時期はもう決まってるんですか?

「デビューのときから、3年経ったら辞めるって決めてました。それが2016年なんです」

――単体として活躍するようになっても、その気持ちは動かないですか。

「動かないです(キッパリ)。私は引退する1年前に発表しましたが、引退発表って、2ヶ月前ぐらいにすることが多いですよね。最後のお別れができないまま引退しちゃったって悲しんでいるファンの話を聞くこともあるので、私は引退する1年前に発表して、たくさんのファンと会えるタイミングをたくさん作りたいなって思ったんです」

――つまり、この1年は引退ツアー的な気持ちなんですね。

「だから地方のイベントとかで、『あゆちゃんが引退するって聞いたので駆けつけてきました』っていわれると、よかった! と嬉しくなります」

――でも辞めないでって引き止めるファンも多いんじゃないですか?

「私が引退しても、作品を見ていただくことはできると思うのですが、それでもツイッターで『辞めないでほしい』といってくれるファンもいて……。でも、私は半端な気持ちで辞めたくないんです。だからこうして先に発表して、精一杯今を頑張ろうと思って……」


――桜井さんが引退しても、桜井作品が残ってるってことですね。

「私が出演した作品は600本あります。もし会いたいと思ってもらえるなら、この1年以内に会いに来てほしいなって。ファンの方々には受け入れてもらえているのかな、と思っています」

――「ミリオンガールズZ」の活動はどうなっちゃうんでしょうか。

「ミリガに私が加入したことについては、私がいちばん驚いてますよ(笑)。正式発表の前の段階で、ともちんに『あゆちゃん一緒だね。一緒にミリガできるの嬉しい』っていわれたんですよ。え? 私があんなアイドルグループに入んの? って超びっくり!」

――信じていなかったんだ?

「ミリガの撮影があるといわれてスタジオにいったらメンバーが揃っていて、ミリオンガールズZの衣装も用意されてて。それでもまだ私は疑ってましたね。なにこれ、絶対あり得ない。ドッキリなんじゃないかって(笑)」


――いきなり真っ黒の男優さんが出てきて桜井さんだけハメられるパターンがありそうですもんね。

「だって、去年のミリガの全国ツアーの最終日にゲストで呼ばれたときに、実はミリガをディスる役回りをやっていたんですよ。そんなことをした桜井あゆが、まさかそのグループに入るとは誰も思わないじゃないですか。そうこうしているうちにいつの間にかダンスレッスンも始まって、いよいよ大掛かりなドッキリだなって思っていたんですが、そのままぜんぜんオチがこないっていう状況で(笑)。今に至っています」

――いまやすっかりミリガの一員ですが、どんなご気分ですか?

「ライブのときには、ファンに『ステージ上ではアイドルとして精一杯踊ります。ただステージ降りたら、いつもの桜井です』って、いってます(笑)。でも、気持ちいいです。合いの手とかコールだったり、あゆちゃーんとかっていってくれるんですよ ! ホントに楽しいですね」


――まだ引退まで時間はありますけど、AV女優として思い残すことはないですか?

「これまでずっと頑張ってきましたが、実は賞をもらったことがなくて。ノミネートしていただいたこともありましたが、そのときは賞をとれなくて本当に悔しかったです」

――桜井さんは相当な負けず嫌いなんですね。でも、8月22日にBSスカパー!で放送された「第1回セクシー女優ダラケ!のスカパー!水泳大会」では、みごとMVPに輝いてました。水中騎馬戦の種目で、同じ事務所の広瀬奈々美ちゃんと加藤あやのちゃんに、「MVPを取りたいから力を貸して」って頼んだそうですね。

「あの2人が馬の役をやってくれたんです。広瀬ちゃんなんて、次の日はめっちゃ筋肉痛になったくらい頑張ってくれたんです。ほんと感謝です」

――阿部乃みくさんと対戦したあの騎馬戦は、おちゃらけムードがゼロ。周りがちょっと引いてしまうくらいの完全真剣勝負でしたね。

「阿部乃さんの負けず嫌いは、私と同じくらいだから、お互い全然譲らないすごい勝負になりました。でも、勝負ですから、やるからには一生懸命にやりました。今まで賞をもらえなかったのですが、『水泳大会』でMVPをもらえたので、嬉しかったです」

――これからも活躍を期待してます。ありがとうございました!

Profile

桜井あゆ(さくらいあゆ)
1991年4月15日生まれ。身長162cm、B82・W59・H81。
2013年、AVデビュー。

放送情報

桜井あゆちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

撮影/三浦ゆうすけ

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる