湊莉久

アクティブなエロプレイを繰り出す、ショートヘアの人気者・湊莉久チャンが、今月のグラビアに登場。突然の休養からAV復帰に至る裏話もたっぷりと聞いてみたゾ!

仕込みなしのガチ素●とヤリたい

――昨年は「湊莉久」の名前を目にすることが多かったです!

「本当にいろいろありすぎた1年でしたね。まず、ファースト写真集が出たのが去年の5月なんですけど、私、この仕事を始めたときから、写真集を出すっていうのが夢だったんですよ。それが叶った! 思ってたら、12月にはセカンド写真集を双葉社さんから出していただけることになって。年に2回も写真集が出るなんて、ホントにビックリしました」

――今回の記事では、双葉社からリリースされた『Love Port〜恋するミナト〜』からの厳選カットを使わせていただいてます。

「これは沖縄ロケなんです。ファースト写真集が本当にキレイなグラビアだよっていう感じの写真集だったんです。だから今回はちょっと違った感じで撮ってみようってことで、カメラマンさんも自分から選んでお願いしたんです。ちょっと昭和っぽいような、ノスタルジックなエロを目指して、沖縄の古民家とか、倉庫とかいろんな場所で撮りました。天気も曇りだったり、雨の日もあったんですけど、それを生かして幻想的な写真を撮っていただいたりして」

――いままでにない表情が出てますね。

「私が本気で泣いてるカットもあるんですよ。撮影中にカメラマンさんが『いま最後の別れで……』みたいなシーンの説明を始めて、それを聞いてたら涙が出てきちゃって。それでも撮ってくるから、『もう、何なの?』……っていう目で見たときの写真が使われてます(笑)」

――さすが女優ですね! そして去年はAV女優としても復帰されました。

「DMMさんのアダルトアワードで最優秀女優賞をいただきまして、それまで半年ぐらい休養してたんですけど、この受賞をキッカケに女優として復帰することになったんです。それに去年は『恵比寿☆マスカッツ』にも加入させていただいたし、本当に思いもよらないことばかりでしたね」

――デビューしたときは、こんな展開になるっていうのは予想してましたか?

「まったく想像もしてなかったですね。最初は暇つぶしぐらいの気持ちで業界に入ったんですよ(笑)。パッと出てパッと辞めるつもりだったんですけど、やっていくうちに、なんて奥が深いんだって思うことがたくさんあって。それにファンの方との交流イベントがあるっていうのも知らなかったんです。それが本当に楽しくて、続けていこうって気持ちになっていきましたね」


――湊さんのファンは「湊アーミー」と呼ばれて、AV業界でも1、2を争うといわれるぐらい強固な絆があるという噂です。

「私のファンの方って、私に厳しいんですよ(笑)。デビューした頃は、事務所が作ってくれたキャラでいこうと思って、ツイッターでも可愛らしく絵文字とかも使ってたんですよ。でもすぐにツラくなってきちゃって、1ヶ月ぐらいで全部やめちゃって。でもそのほうが親近感が湧くっていってもらえるようになって、それからコミュニケーションが深くなっていきましたね」

――復帰にあたっても、ファンの力っていうのは大きかったですか?

「物凄く大きかったです。もともとは、私は頑張るからファンのみんなはついてきてねっていう気持ちでやってたんですよ。でも、休んでいるときに、いままでやってこれたのもファンの方のおかげだなと思って。復帰してからは、みんなに喜んでもらえる作品を出せればなっていう気持ちになりましたね」


――今月のスカパー!アダルトでは、デビュー作を撮り直すというコンセプトの『新人・湊莉玖デビュー』(h.m.p)がエンタ!959で放送されます。

「これは私が初心を忘れているんじゃないかってことで、もう1回デビュー作を撮ろうっていう内容です。私、デビューの頃からやることやっちゃってるんで、あんまり初々しさっていうのがなかったと思うんですよ。なので、その気持ちを取り戻そうって思って、髪をデビュー当時ぐらいの長さに切ったんです。そしたら、マネージャーさんに怒られるっていう(笑)。事務所に無断で髪型を変えたら困るって」

――まずは見た目から新人時代に戻ったのに(笑)。

「現場でも新人扱いしてくれるんですよ。スタッフさんも『大丈夫? 水飲む?』みたいな(笑)。でも、やっぱりカメラを意識するクセとかがどうしても出ちゃってるんで、それを考えないように男優さんに集中しました」


――今月はもう1本、放送作品がありまして、『殿堂!スーパーアイドル8時間 湊莉久』(million)というベスト版からいい所を抜き出した番組『スーパーアイドル湊莉久スペシャル』が、kmpチャンネルで放送されます。

「私が出た作品を全部あわせたら400本くらいありますからね。ぜんぶ観てる人は誰もいないかなって思ってたんですけど、ファンの方でコンプリートした方が1人いらっしゃって、『湊莉久』って書いてある作品は全部持ってるそうです」

――それだけの作品を撮ってて、まだAVでやってみたいことってありますか?

「実は攻めるのが好きなんですよ。いままではどうしても凌辱モノが多かったので、逆に攻めたくなってるんですよね。台本なしで、ガチの素●男性を相手にするとかやってみたいです」


――童貞筆おろしモノみたいな。

「やりたいですね! それもガチの仕込みなしで。2年ぐらい前に素●モノを撮ったんですけど、やっぱり何人か発射できない方がいたんですよ。でも、いまだったらそういう気持ちも全部受け止めて、気持ち良くしてあげられるんじゃないかなって思うんですよ。やっぱり、私で興奮してくれているってことに、興奮するじゃないですか。男優さんはプロなので、きっと私じゃなくても勃つんでしょって思うんですよ(笑)。男優さんは男優さんで凄い気持ちいいんですけど、それを抜きにしてリアルなものをやってみたいですね」

――AV女優として、これまでも予想外の連続だったと思いますが、3年後には何をしてると思いますか?

「考えたくないなぁ(笑)。でも、私、辞めたがりなんですよ。1ヶ月に1回は『辞める』っていって、『本気で辞めたい』ってなるのが3ヶ月に1回。で、6ヶ月に1回ぐらい『もう無理です』って、結構シリアスなトーンで相談する(笑)。でも、結局は元に戻るので、本当は辞めたくないんでしょうね(笑)。まぁ、甘えですよね、かまって系の。仕事は楽しいですけど、ずっと続くと休みたくなるじゃないですか。その波を繰り返してるんです」


――ではAV女優を続けている可能性は高いですね。

「これまで、いま1番楽しいと思うことをやり続けて生きてきて、AVもその1つなんです。なので、もしかしたらこれより楽しいことが見つかったらパッと辞めちゃうかもしれないですけど、いまのところ、まだ見つかる予定はないですね(笑)。それに、もしこの仕事を続けているなら、誰もが知っている女優さんになってたいなと思います」

――すでにかなりの知名度じゃないですか。

「ぜんぜんですよ! いまだに『湊莉久』っていう漢字が読めないっていわれるし、よく『ミナミさん』って呼ばれることも多いし。あとは『カナデさん』とか、サンズイ抜かしちゃったり(笑)。まずは、そういう読み間違いからなくしていこうと」

――ここまで頑張ってきたのに、まだ「今日は名前だけでも覚えて帰ってください」っていう感じなんですね(笑)。

「あとは作品を楽しく撮れればいいかなぁ……。たぶん、この仕事って極められないんですよね。エロは深いので(笑)」

Profile

湊莉久(みなとりく)
1993年8月1日生まれ。身長160cm、B82・W58・H88
2013年4月デビュー。


放送情報

湊莉久ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

湊莉久写真集「Love Port~恋するミナト~」(双葉社/3,500円+税)より
撮影/福島裕二

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる