佳苗るか

Maika、神咲詩織、波多野結衣とともに歌って踊り続けたアイドルユニット「me-me*」(ミーム)が、2016年3月20日のライブをもって全員卒業となる。今月は、そんな感慨もひとしおの佳苗るかチャンに直撃! ちっちゃくって超カワイかったです!

抱きまくらを持ってるオタクでした

――今回は双葉社から発売されている、写真集「ラブタビ」からの厳選カットを掲載しています。この撮影はどちらで?

「山口県ですね。私、昔からすごい晴れ女なんですけど、このロケのときも全部晴れでした。移動中の車の中で私が寝てる間だけ雨が降ってたらしいんですけど、起きたら止んだんです」

──ガチの晴れ女ですね! 今回が初写真集ということですが。

「なんだか不思議な感じですね。自分が写真集を出すっていうのは、想像もつかなかったので……。発売イベントもあったんですけど、ファンの方々の受け止め方を見ても、やっぱり写真集っていうのは特別だなって思いました。友達からも、書店に置いてあるのを撮った写メが送られてきて、『見たよ!』って報告があったりとか」

──見ただけじゃなく、買ってほしいですよね(笑)。出来としてはいかがですか?

「私しか出てこないんで、髪型を変えたり、ほぼスッピンぐらいの薄いメイクから逆にメイク濃くしてみたりとか、いろいろバリエーションをつけてみました。温泉につかってるやつとかお気に入りのカットですね。あと、海で撮った写真も。山口県って海が青くて、すごくキレイなんですよ」

──この「ラブタビ」みたいなシチュエーションって、プライベートであったりします? カレとふたり旅みたいな。

「ないですね(キッパリ)。昔つき合ってた人も、私も、インドア派でおウチで過ごすことが多かったんです。家でゲームしたりとか。私もギャルゲーとかエロゲーとかにハマってて(笑)。『ダ・カーポ』っていうゲームに出てくる朝倉由夢ちゃんってキャラクターが大好きで、抱きまくらを持ってるぐらい。いわゆるキモオタだったんです……」


──えっ、そうだったんですか。そんなキモオタがAV女優として花開いていくわけですが……。

「やっぱり、そういう性格面とかが変われるのかなっていうのがAVをやってみようっていう動機のひとつでしたね。でも、こんなことになるとは思ってなかったんですよ。顔とかも隠して、ちょっとだけヤるっていうイメージだったので……。デビュー作を撮ったときはホントに震えるくらいに緊張しちゃって、なんかガタガタ音がするなーって思ったら、自分が座ってる椅子の音だったんですよ(笑)」

──そんな状態から、どのくらいで慣れていきました?

「専属の頃は、撮影が月に1本だったので、毎回ガタガタ緊張してました。そのあと、拘束が外れてたくさん本数撮るようになってからは、少しずつ慣れてきましたね」

──AV女優を続けていて、なにが一番楽しいですか?

「やっぱり撮影のときは、いろんな役をやったりとか、普通に生きてたらできないようなことがたくさんできるので、毎回新鮮で楽しいですね。あと、コスプレ作品だと高ぶりますね。いろんな服を着られるのは嬉しくて」


──役柄的にはどんなタイプが好きですか?

「Mっぽいイメージで見られてるかもしれないんですけど、攻める役も多くて、レズものだと大体タチなんですよ。なんか、小悪魔的にイタズラするような役がすごい多いですね。自分では天使のイメージをもってもらいたいんですけど(笑)」

──今月、スカパー!アダルトで佳苗さんが出演している作品が沢山あるんですけど、そのうち『縛られた美人秘書03~肉欲と恥辱に支配されたオフィス緊縛~』(レインボーチャンネルHD)は緊縛モノですね。

「これは篠田あゆみサン、波多野結衣サンと共演させていただいた作品ですね。私、OLモノに出してもらえることが少ないので、このときはスーツが着られて嬉しかったですね。身長が低いので、サイズが合ってなくてブカブカだったりはするんですけど(笑)」

──OLスーツでで縛られてしまう、と。

「私……結構その、すごいムチムチしてるんですよ(笑)。二の腕が衝撃的なぐらい本当にブルブルで、縛られるとモコモコってすごいお肉が出ちゃいまして。そこを気に入っていただければ楽しめるんじゃないかと」


──佳苗さんご自身はそんな自分の体はどう思ってます?

「まぁ理想としてはもうちょっと痩せたいんですけど……いかんせん食べることが好きなんで(笑)。お菓子が大好きで、自分で作ったりするんですよ。ガトーショコラとか、作って、しかも自分で全部ペロリと食べちゃいます」

──そうやって作り上げたムチムチボディと24時間一緒に過ごすというコンセプトの作品が、『佳苗るかの”H”な日常①②』(レインボーチャンネルHD)です。

「これは主観モノですね。衣装のほとんどが私の私服なんですよ。パッケージで使ってるワンピースも自分のだし、靴もそう」

──リアルなプライベート感が出ますね。主観モノはどうですか?

「カメラの向こうに誰かいると思って、とにかくひとりで喋り続けなきゃいけないんですよ。なんかもう変なこといっても『どうせカットしてくれるかな』ていう気持ちがあるので、とりあえず何でも喋るんですけど、そういうセリフに限って結構使われてたりするんですよね(笑)」


──そして、『【ディープス】レ●プが合法になった世界3 ~公衆の面前でチ●ポ挿れっぱなし!犯りたいと思った瞬間に即ハメ!~』(ミッドナイト・ブルー)です。

「これはアイドル役なんですよ。しかも、『歌ってください!』っていわれて、私が即興でアイドルソングを作って歌ってるんですよね」

──オリジナルソングをその場で? レ●プされるよりもハードルが高いですね(笑)。

「ムリクリ作りました(笑)。それをファン役の方々が『おい! おい!』みたいなコールもしてくれてるので、すごい面白いと思います。この作品はオムニバスものなんですけど、全員おんなじ事務所の大先輩たちが参加してて。このときは波多野結衣ちゃんに会いましたね」

──女優さん同士で仲良かったりするんですか?

「同じ事務所の女の子とは仲良いし、やっぱり『me-me*』のメンバーとは特に仲がいいですね。月何回もレッスンで会いますし。もう『me-me*』のレッスンのガチ感は半端じゃないんですよ。筋トレもキツくて」


──AV女優になって、まさかそんなに筋トレすることになるとは思わないですよね(笑)。

「本当に撮影よりハードですね。『me-me*』は今年の3月20日で全員卒業するんですけど、そのゴールが見えてきたので、今まで以上にメンバーの一体感がすごいです。ラストの新曲も出て、卒業に向かって一直線っていう感じです」

──卒業ライブは盛り上がりそうですね。

「卒業のときは、絶対に泣くと思います。もともとすごい泣き虫だし、感動モノに弱いから、いま想像しただけでもちょっとくるものがありますね。やっぱり初めに想像していた以上にキツかったし、大変だったけど、みんなでひとつのことをやるっていうのはいいなーって思いました」

──インドアなキモオタから、すごい青春キャラになりましたね! 卒業後も含めて、今後はどのような活動をしていきたいですか?

「今までのんびりとマイペースでやってきたので、このまま楽しくやっていけたら良いかなっていう感じですね。引退っていうのも、今はまだぜんぜん考えてなくて、いずれはするんだろうなーっていうぐらいの感覚ですね。ただ、いきなり消えるっていうのは悲しいので、暖かく見守られながら引退していきたいですね。でも今はまだ、いっぱいエッチして、美味しいものを食べて、楽しくお話したりとかして、過ごしていければと思ってます」

Profile

佳苗るか(かなえるか)
1993年3月4日生まれ。身長147cm、B84・W59・H85
2012年5月デビュー。


放送情報

佳苗るかちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

佳苗るか写真集「ラブタビ」(双葉社/3,500円+税)より
撮影/冨貴塚 宏樹

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる