初美沙希

自ら退路を絶ち背水の陣で臨んだ「スカパー!アダルト放送大賞2016」の賞レースで、初美沙希は見事に女優賞の栄冠に輝いた。AVファンの支持を集めた彼女のエロいボディをねっとり撮りつつ、受賞の喜びを改めて聞いた。

すべってもいいからぶっこむ!

ーー「スカパー!アダルト放送大賞2016」女優賞受賞、おめでとうございます!

「ありがとうございます! 3年連続で女優賞にノミネートさせてもらってきたんですが、今年で最後にしようって決めていたんです。もし受賞を逃したとしても、次回はもうノミネートを辞退しようと思ってたんです」

ーー今年はイケるんじゃないか、みたいな手応えはありましたか?

「私としては自信は全然なかったですね。でも、今年はファンの方々が、去年や一昨年以上に本当にすごく協力してくれました。ツイッターで投票してくださいって訴えてくれたり、宣伝画像を作ってくれたりして、本当にありがたかったです。だから、この女優賞はファンの方々が取ってくれたんだなって思ってます」

ーー3月3日の授賞式を振り返ってみると、いかがでしたか?

「今回はなんだか実感がなくて、あれ、明日が授賞式だっけ? みたいなテンションだったんですよ。だから会場に入ってもほとんど緊張してなかったんですけど、舞台にあがったらいきなりガチガチになってしまって(笑)」

ーー展開もドラマチックでしたね。いきなり初美さんが作品賞を受賞しました。

「去年も作品賞をいただいたので、まさか今年も続けて私の名前が呼ばれるとは思ってなかったのでビックリしました」

ーーちなみに、タイトルは「好評につきシリーズ第二弾!新人・初美沙希デビュー 〜ちゃんとした“デビュー作品”がなかった私にとって、これが本当のRe『デビュー作』」でした。

「MCの中尾彬さんにも『すごい長いタイトルだ』ってツッコまれましたけど、ほんとに長すぎますよね(笑)。作品賞は、実際にみなさんが観て、支持していただけたってことですから、本当に嬉しかったです。でも、何か賞をいただくと、それで終わりみたいな印象もあるじゃないですか。今年も女優賞には届かないのかなって少し不安になりましたね」


ーーそんな不安に駆られる初美さんでしたが、続いて「夕刊フジ賞」そして「スカパー!オンデマンドアダルト賞」と連続受賞されました。

「賞をいただけるのは本当に嬉しいんですけど、もう私の名前を呼ばないでっていう思いもありました(笑)。3つ目の『スカパー!オンデマンドアダルト賞』をいただいたときは、もう完全に女優賞はないなって……」

ーー客席で見ていても初美さんは複雑な表情をしていましたからね。でも、結果としては女優賞を含めて4冠という史上最多受賞でした。女優賞の受賞者として名前を呼ばれた瞬間はいかがでしたか?

「もう本当に……ただただビックリですね。ビックリと、安堵感と」

ーーやっぱり安堵っていうのもあったんですね?

「プレッシャーがすごくありましたね。協力してくれる人が増えた分、責任も重大というか。その責任を少しは果たせたっていうのと、あまり状況が掴めてない感じと……。もうよくわかんなかったです(笑)」


ーー感動的な受賞スピーチのあと、最後にプロレスラー中邑真輔選手の決め台詞「イヤァオ!」の雄叫びを上げましたね。

「『イヤァオ!』は、もし女優賞を取れたら絶対いおうって決めてました。ちょっと緊張しすぎて『どうしよッかな〜』の後のタメがちょっと甘かったなって後から反省しましたけど(笑)。いつもマネージャーさんからは、人前に出るなら爪跡を残すくらいの覚悟でやれっていわれてきたんですよ。すべってもいいから、生放送とかでも『ぶっこめ』って。そういう精神をここで発揮させてもらいました」

ーー初美さんの受賞後に、そのマネージャーさんは会場の隅でこっそり男泣きしていたそうですよ。初美さんは、受賞した実感が湧いてきたのはどのタイミングですか?

「受賞してからは挨拶回りとか、普通にイベントが入ったりとかで結構バタバタしてたんで、あんまり考える時間がなかったんですよ。それがちょっと落ち着いて、休みの日に改めてトロフィーを見て、やっと『取ったんだな』って実感しましたね(笑)」


ーートロフィーを眺めながら、お酒を酌み交わすんですか?

「それはしなかったですけど(笑)。でも家に4つもトロフィーあるんで、わースゴいなって。良かったなって実感したのは、今回の作品賞を取ったAVを撮ってくれたh.m.pさんとか、私を女優賞にノミネートしてくれたレインボーチャンネルHDさんが開いてくれた祝勝会です。そこでスタッフさんたちが喜んだり、泣いてる姿を見たときですね」

ーーそれだけの想いを背負っていた、と。

「いやー、実際、投票期間中は心を病みますよ。私もそうだし、他の女優さんもそうだし、レインボーチャンネルHDの担当さんもみんな病んでました(笑)。やっぱりずっと気を張ってたし、ツイートするのにも変なこと書かないように、みたいな。それが全部終わって、肩の荷が下りて、ようやく落ち着いて楽しく仕事ができるかなっていう状態です」


ーー受賞後は、新たな目標とかはありますか?

「いままで通りに普通に作品をいっぱいだして、趣味にも打ち込んでっていう感じは大きく変わることはないと思います。あとは目標というか、これは女優賞を取る前から考えてたことなんですけど、面白いキャラクターを持っている企画女優のコたちが、前に出られる場所をもっと作りたいなって思っていて 」

ーー企画女優から駆け上がった初美さんならではの視点ですね。ヤングライオンたちを早くメインイベンターにしてあげたいと。

「そうですね(笑)。以前は深夜のニコ生とかで、女優さんのキャラとか面白い部分を出せたりしてたんですけど、今はそういう場が少ないんですよね。だからそういう番組とかイベントを作りたいなと思ってて」


ーーAV業界全体のためになる企画ですね。

「やっぱりAVファンじゃない人を連れてこなきゃいけないじゃないですか。それにはこんなコがいますよっていう紹介の場が必要だなって思って。だから普段から、いいコがいないかなってツイッターとかを結構チェックしてますね。作品はみんな普通にエロいと思うので、作品以外のところで目を引くものを持っているコがいまの時代にはあってるんじゃないかなって」

ーーでは、個人的な目標はありますか? プライベートの、いち女性としての希望や目標でもいいですけど。

「仕事じゃない目標だと、今年のはじめに英語と料理をするっていってたんですけど、どっちもまったくしてないですね(笑)」

ーーお仕事のほうは?

「そうですね……。7年間やってるんで、役とかは結構もう全部やっちゃった気がするんですけど、ジャンルでいうと、ドキュメントっぽい作品があんまりなかったりもするので、まだまだチャレンジすることがあるかなって。昔はなにかをやろうとしても、間違ったらどうしようって臆病に思い込んで結局なにもやらないことが多かったんです。でも、いまは自分で自由に動ける部分も増えてきたので、納得できる、いい作品を作っていきたいなって思いますね」

Profile

初美沙希(はつみさき)
1990年10月15日生まれ。身長158cm、B86・W58・H86
2010年1月デビュー。


放送情報

初美沙希ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

撮影/しらいまさよし

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる