川上奈々美

老舗の美少女AVメーカー「アリスJAPAN」からデビュー。芝居とロックをこよなく愛する熱血美少女として突っ走ってきた川上奈々美。昨年8月から現在までアタッカーズ作品を連続リリースしており、同9月から恵比寿★マスカッツに参戦。ますます活動の幅を広げている彼女に直撃した。

セルフイラマチオを楽しんでます

――アリスJAPANのカンバン娘としてトップを突っ走ってきた川上さんですが、今後はどうなっていくんでしょう?

「来年の1月で5周年になります。デビューするときから10年以上やりたいっていってたんですよね。熟女作品を撮るところまでいきたいです。私、熟女にすごく憧れがあるんですよ。女性らしくて、色気があって、美保純さんみたいに哀愁が漂う素敵な女性になりたいです」

――哀愁まで漂わせるんですね(笑)。この5年間大変だったことはありますか?

「去年はわりと大変でした。浅草ロック座でストリップデビューして、初めて大トリをやらせてもらったんです。先輩の姉さんたちがいっぱいいるなかでセンターで踊るのは、ものすごいプレッシャーだったし、生歌も100回ぐらい歌って、挫折も経験して、もちろんその場は大変だったんですけど……、やっぱりすごく楽しかったんですよ。私は表現者として生きていきたいので、歌ったり踊ったり、SEXで表現したりすることが好きなんだなって。ロック座の舞台も、達成感がめちゃくちゃありました。この先はもういいかなって思うくらい」

――やりきった感があったんですね。

「やりきった! でも、そのあとに恵比寿★マスカッツに受かってしまうんですよ(笑)。私はいろいろ恵まれてるなって思いますし、これでまたモチベーションもあがりました」

――マスカッツの活動はいかがですか?

「私たちは第2世代になるので、最初はそのプレッシャーに押しつぶされそうでしたね。マスカッツって、AV業界ではすごいブランドじゃないですか。しかも、アイドル業界でもトップクラスの集客力がある。そんなグループの副キャップっていう役割を背負ったときはすごく苦しかった。マスカッツはメンバー数も多いですし、それぞれみんなが個人で輝いてきた人たちじゃないですか。だからみんなで同じ方向を向くっていうのがなかなかできないんですよね」

――それは難しいというか、苦しいというか……。

「でも、私、苦しいのが好きなんですよ。ドMなんで(笑)。私は大変な生き方がしたくて動いてるんだと思う。それを超えたときの達成感が快感で、やめられなくなる」


――典型的なMですね(笑)。それは昔からそういう傾向があったんですか?

「そういう感じではありましたけど、どちらかというとロック系なんですよね。ロックとか、メタルとかの音楽を聞いて熱くなってきたので、いまの若者たちを見ると、なんでそんなに冷めてんだ? 諦め世代なのかって思っちゃう(笑)」

――アツいですね! 世間に対して中指を立てていくような。

「そういう気持ちが自分のなかにあるから、バランスが保てる気がします。何かを常に放出してないとダメな人間なんですよ」

――AVの撮影でもそういう気持ちを秘めてますか?

「AVだけじゃなく、お仕事すべてがそうですよ。自分が落ちてるときもあるわけですけど、それは観てくれてるお客さんには関係ないじゃないですか。だからそこはいつも120%集中しようって思ってます。最近はいろんなシチュエーションとか、設定のある役も多いんですけど、エッチしてハメる瞬間だけは『もういいや、全部忘れよう』ていう感覚になりたいんですよね。エッチする私の、リアルな実像をお見せしたい」


――お話を聞いてると川上さんの作品が観たくなってきますね! 今月のスカパー!アダルトでは「川上奈々美 昔、僕にオナニーのやり方を教えてくれた従姉と5年ぶりに再会」という番組がミッドナイト・ブルーで放送されます。

「これは台本呼んだときからすごくワクワクしました。イトコって、いちばん初めに意識する異性というか、性の対象になるじゃないですか。私もイトコのお兄ちゃんに恋したことがありましたね。人見知りだったので、学校とかだと男のコと身近に接することがなかったので、イトコのお兄ちゃんの距離感にすごくドキドキしてしましたね」

――そんなに人見知りだったのに、いまではすっかりロックになってしまって(笑)。

「その頃はすごく物静かだったんですよ(笑)。ショック療法みたいなことで、いまこうなってますけど」


――今月はプレイボーイ チャンネルHDでも放送がありまして「川上奈々美 レ●プ学園 文化祭ストリップショー」という番組です。

「懐かしいですね! この作品はヒットしたので、シリーズ化されたんですよ。私にとっては初のレ●プ物。おしりを叩かれたのも初めてで、このときからスパンキングが大好きになりましたね」

――Mプレイに目覚めた作品なんですね。

「好きなプレイの幅はだいぶ広がりました。もともと好奇心旺盛でSEX大好きだったんで、やれるものならとりあえずひと通りやりたいタイプです」

――貪欲系ですね!

「それはそうですよ! だって、SEXして快感を得るって、幸せなことじゃないですか。人生で何回もヤリたいことじゃないですか。食わず嫌いの人が人生を損してるのと同じくらい、エッチでもヤラず嫌いだと人生損してますよね(笑)」


――最近なにかハマっているプレイはありますか?

「いまはセルフイラマチオが好きですね。自分からノドの奥に当てるんです(笑)。男性からされるイラマチオはそんなに好きじゃなくて、自分からいくのがイイですね」

――新しいスタイルですね(笑)。そんな川上さんに憧れて業界に入ってくる女優さんも増えてきそうです。

「そんなコいますかね? いたら嬉しいですけどね……(笑)。事務所の後輩、アリスJAPANの後輩、マスカッツのコたちに、たまにアドバイスしたりするんですけど、それはAV女優というよりも、女性としてそのコが幸せになるにはどうしたらいいのかっていうのを考えちゃうんですよね。私はゆくゆくはそういう仕事をしたいんですよ。女性のためになる、女性が幸せな人生を送れるようなお手伝いができれば」

――大きな目標はそこなんですね。では近い目標としては?

「なにか文章を書くことがしたいですね。それも女のコに読んでもらえるようなエッセイとか。女性向けのメディアさんからお声がけいただけると嬉しいです」

Profile

川上奈々美(かわかみななみ)
1992年10月14日生まれ。身長160cm、B79・W57・H80
2012年デビュー。


放送情報

川上奈々美ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

写真提供/アリスJAPAN

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる