唯井まひろ

「スカパー!アダルト放送大賞2019」の投票レースを制し、新人女優賞をつかみとった唯井まひろ。AVデビュー当時は、人前に出るのが苦手と嘆いていた彼女も、もう立派な大人。受賞を記念したグラビア撮影の現場で、投票レースを振り返ってもらった。

「受賞の涙は手紙に持ってかれました」

唯井まひろ

「受賞の涙は手紙に持ってかれました」

──「スカパー!アダルト放送大賞2019」では、みごとに新人女優賞に輝きました。おめでとうございます!

「ありがとうございます! もうノミネートされた時点で『マジか!』って感じでしたし、周りの人も『出るだけですごい』って言ってくれたんで、まさか賞をいただけるなんて思ってなかったです」

──周りの期待は感じました? 

「そういうプレッシャーはあまりなかったですけど、自分自身というか、見えない何かと戦ってました。投票期間中に、ファンのみなさんに何回もしつこくお願いするっていうのが自分の中で嫌だったし、でもアピールしないと伝わらないし、言えば言ったで、それをよく思わない人もいるし……。何をしても、100%良く思われるってことはないんだなっていうのも感じましたね。批判は絶対あるということを、やりながら知ったというか……」

──葛藤してますね。他人の意見は気にするほう?

「めちゃくちゃ気にします。気にして、エゴサとかもしますけど、それを見て落ち込んだりまではしないですけどね。いろんな意見があるんだなとは、感じますけど」

唯井まひろ

──それを乗り越えたモチベーションは?

「最初はファンのために頑張ろうって思っていたんです。いろいろ応援してくれてるんだから、そんなん獲らないわけにはいかんやろ! って感じだったんですけど、だんだん変わっていきました。あ、これは自分のためにやらないといけないんだなって気づいて、そこからもっと頑張れました」

──賞を獲れるかどうか、どのくらい自信がありました?

「自信はなかったです。でも、今回の新人女優賞のノミネートは3人だったじゃないですか。ということは、獲れる確率は3分の1なんですけど、それが逆に不安になりましたね。5〜6人いれば、獲れない人のほうが多いんだからと気が楽ですけど、人数が少ないと、獲れるか獲れないかにすごく意識が向いてしまいます」 

唯井まひろ

──授賞式当日は、緊張されているようでもあり、落ち着いてるようでもありというふうに見えました。

「知り合いの人に『賞を獲る人は、ステージに出てきた瞬間にわかる』って言われて。じゃあ、堂々としていたいなって思って。でも、ステージでしゃべり始めたらさすがに緊張しました。スピーチも、言いたいことの半分も言えなくて、もう少しアツく語りたかったなって思います」

──『吐瀉物が出そう』というコメントは、なかなかのパワーワードでしたね(笑)。

「それは後でいろんな人からけっこう言われました。『吐瀉物のコでしょ?』とか(笑)。でも、何も考えずに出ちゃった言葉なんですよ」

──ファンからの手紙を読み上げるコーナーでは、涙もこぼれてましたが……。

「いや、泣いてないです(笑)」


──バッチリ泣いてましたよ。みんな見てますよ。

「うーん、あそこで泣くとは思わなかったです。やられました。手紙に書いてある名前を見て、誰が書いてくれたか思い当たったんですよ。いつもイベントに来て、ずっと近くで私を見続けてくれた方で。この人だったら、いいこと書くんだろうなって思って読んでたら、ホントにめっちゃいいこと書いててくれて。『泣くわけない』って思いながら、どんなコメントを言おうか考えていたんですけど、自分でもまさかっていうくらい泣いちゃって。なんかもう涙が邪魔でうまく読めないくらいでした……」

──そしてみごとに新人女優賞を受賞! 名前を呼ばれた瞬間はどうでした?

「すっごいホッとしましたね。私なんかでいいんですか? って感じはしなくて、とにかくほんとに頑張ってきたので、シンプルに『やったー!』って感じでした。ホッとしすぎちゃって、もう涙は出なかったです。涙は手紙のときに持ってかれちゃってたのかもしれない(笑)。あれがなかったらちゃんと受賞したときに泣けたと思います」


──受賞って、すぐに実感するものなんですか?

「当日は『受賞したっけ?』ってハテナなところがあったんですけど、次の日にネットの取材記事を読んだり、ツイッターで『#新人女優賞受賞』とかタグ付けされてたりするのを見てだんだん実感していきましたね」

──お祝いはしました?

「受賞式が終わった後に、ご飯に連れて行ってもらいました。所属事務所が同じ明里ともかさんも一緒で、その日はほとんどのマネージャーさんが来てくれてました。あとはソフトオンデマンドの方や、プロデューサーさん、デビュー作を撮ってくれた監督さんとかも来てくれて、みんなで集合写真を撮ったりしました。そのときに、こんなに沢山の人が信じて応援しててくれたんだなって実感して、うれしかったですね」


──新人女優賞の次は、「女優賞」も見えてきますけど……。

「狙っていきたいですね。今回やってみるまでは『賞ってなんだろう?』なんて思ってましたけど、形に残るものだし、応援してくれる人のためにも獲りたいっていう気持ちになりましたね。自分が応援してる人が賞を獲ると、応援していてよかったなって思うじゃないですか」

──AV女優としての目標にもなりますか。

「なりますけど、目標は何かって言われたら、それはやっぱりいい作品を作ることですね。そうすれば賞も、知名度も勝手についてくると思うので。私は紗倉まなさんに憧れてこのお仕事を始めたので、少しでも近づけるように、でもちょっと違った形でアプローチをしていければいいなって思ってます。


──どんなアプローチを考えてます?

「バラエティとかはちょっと苦手なんですけど、対戦型のFPSのゲームが好きなので、そういうジャンルで何かやってみたいですね。ゲーム関係の番組とか、イベントとか……。でも、好きなことを仕事にしていくって大変ですよね。AVだとセックスに関しても近いものはあって、セックスが好きということはもちろんそうなんですけど、お仕事になると自分の好きなようにデキるわけではないわけじゃないですか」

──去年6月のAVデビューから1年経って、いち社会人としての自覚ができてきたんですね。

「仕事というものに対して、大人になったと感じます。たとえつらいことがあっても、仕事なんだからなにを言われてもしょうがないなという意識とか。周りの先輩の女優さんたちを見ていると、プロ意識がすごいんですよ。憧れますし、私もあんなプロになりたいと思ってます」

──先輩のAVも見てるんですか?

「あ、それはあえて見ないようにしてます。たぶんすごく影響されてしまって、私のオリジナリティーがなくなっちゃうと思うんです。見ちゃったら真似したくなっちゃうので」


──ということは、自分自身の努力で潜在能力を引き出していくわけですね。エッチな部分で、成長を実感してますか?

「してます! なんというか、最近目覚めたのかもしれない(笑)。以前はかわいめに感じてるみたいな雰囲気だったんですけど、最近撮った作品は違うんです。一段階、いや二段階くらい感度が上がったんじゃないかなって感覚で、自分でも『私、こんなになっちゃうんだ』って驚きがありました」

──色気も増してきてますよ。

「そこはまだぜんぜん自信ないですね。唇がぶ厚いので、それを色っぽいって言われることはありますけど……。でも、色気って、やっぱり内側から出るものきゃないですか。それはまだまだ全然だなって思います」


──新人賞を獲ったということで、来年の授賞式にプレゼンターとして出席することが確定しました。

「そうなんですよね……。いま思うのは、やっぱりいまの気持ちを残しておいて、自分がかけてもらいたかった言葉をかけてあげたいですね。やっぱり頑張った人にしかわからないものってあると思うので」

──1年後はどのくらい成長してそうですかね?

「もうちょっと、話せるようになってるといいですね。でも、ここまででもすごい成長というか、ステージに立って話すなんていちばん苦手なことだったんですよ」

──人見知りを克服できた、と。

「人見知りというか、自分に自信がなさすぎて人と話すのが怖いというか。例えば『かわいいね』っていわれても、人を気にしすぎるせいで、裏の裏を読もうとしちゃうんですよ。ひねくれ者なんです、たぶん(笑)」

Profile

Profile

唯井まひろ(ただいまひろ)
2000年3月4日生まれ。身長156cm、B86・W58・H86
2018年デビュー。

放送情報

唯井まひろちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

撮影/鈴木ゴータ

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる