友田彩也香

6月13日には、波多野結衣&大槻ひびきとともに、スカパー!のオンライン飲み会イベントに出演した友田彩也香。デビュー11年を経て深みを増す色気と、恵比寿マスカッツをはじめ数々のグループで鍛えられた現場対応力で、さらにグイグイと上を目指す彼女に話を聞いた。

「いまはまだ60%しかできてない」

友田彩也香

「いまはまだ60%しかできてない」

──スカパー!アダルトでは4年ぶりのインタビューになります!

「そんなに経ちますか……。でも私自身がぜんぜん変わってないので、何か新しいお話しができるかどうか心配です(笑)」

──いやいや、逆にいえば、変わってないことが凄いですよね。デビューして11年経っても、最前線をキープし続けているってことですから。

「本当は変わったって言いたいですよ。なんか彼氏できましたとか、ちょっとスケベなことがありましたとかがあればいいんですけど、ホントに何もないからちょっと申し訳ないなと思って……。ただやっぱり年齢は重ねてますから、結婚したいとかの気持ちは、以前よりも強く思うようになってるんです。ただ、まだお仕事をがんばりたいっていう気持ちのほうが強いんですよね」


──それだけお仕事が充実しているということですね。

「AV以外でもいろんなお仕事をさせてもらってますし、属してるアイドルグループも変わり続けてますからね。私ずっとアイドルグループに縁があって、いろいろ入らせてもらったんですけど、もう『ミリオンガールズZ』で最後かなと思ってたんですよ。でも、まさか恵比寿マスカッツにも入れてもらえるなんて……」

──そのたびに新鮮な気持ちになるんですね。

「でも毎回ハードルがあがってるような気もしますけどね……。ミリオンガールズZの頃は、メンバー的にもちょっとゆるく頑張ろうねみたいな感じだったので、それはそれで良かったんですよ。ただ、もう3人とも引退してしまいましたし、私しか残っていないですから、その想いを背負ってもうちょっと頑張りたいなっていう気持ちはありますね」


──卒業されていく方を見送る気持ちっていうのはどういう感じなんですか。

「毎回、年齢的に考えると本当だったら私が一番先に卒業しなきゃいけないのにって思いますね。ミリオンガールズZのときは、星美りかちゃん桜井あゆちゃんはポンポンと辞めていって、それできずぽん(佐倉絆)が卒業発表してからは、ファンの方から『次はともちんだね』みたいなことを言われるようになって……」

──私もそろそろかな、みたいな気持ちに……。

「それが、思わないんですよ。逆に辞めていく女優さんたちをみて、もったいないなって思っちゃうんです。人気もあって、まだまだやれるのにって。でも、みなさんそれぞれ次にやりたいことが見つかったとかで、すごく前向きだと思うんですよ。私はまだというか、やりきったと思うまでは辞めたくないということは決めていて、それがまだまだって感じなんですよ」


──引退を決断するときの満足感が100だとしたら、いまどのぐらいですか。

「いまは……60%くらいですね。まだ全然有名じゃないですから」

──そんな、超メジャーですよ!

「いや、全然まだです。その思いはずっと変わってないですね。でも、11年かけて60%くらいって、結構ヤバくないですか。ペース的にはめちゃめちゃ遅いですよね」

──ひとつひとつの作品を撮っていくなかでは、「今日のはすごい! やりきった!」みたいな達成感はあったりするんですか。

「ファンの方に教えていただいたんですけど、タイトル的にはもう900本くらい出てるんですよ。だからひと通りやり切っちゃってる部分はあるんですけど、まだ自信を持って『これが友田彩也香の代表作だ』と言える作品がないんですよ。めっちゃ評判が良かったとか、売れたとかいう作品は、まぁまぁあるんですけど、個人的には次はもっといいのを作りたいっていう目標があって」


──その900本の中から、今月のスカパー!では「腰使いがエロいクビレ美女10人のドすけべSEX」(kmpチャンネル)が放送されます。

「このときは黒髪なので、いまの私と同一人物だと思われるかすごい心配です。作品のテーマとしては腰使いを頑張ったんですけど、私はもともと足腰強いので、だいぶ攻めてると思いますね」

──さらに「限界突破中●しイキ狂いSPECIAL/友田彩也香」(チェリーボム)も放送されます。

「それはMAX-Aの専属として最後に出した作品ですね。人気シリーズで、久々に復活という感じでやらせてもらったんですけど、私、MAX-Aでは攻める側の役が多かったんですよ。でも、これは久々に攻められましたね……。でも、私はもともとMなので個人的には良かったです」


──プライベートでオナニーするときは、M側を妄想しますか。

「基本はそうかもしれないですね。ただ、私は自分の作品をオカズにするんですよ。本当にプライベートなエッチがないので、撮影のことを思い出すしかない。ただ、撮影前は禁欲して溜めるほうなので、オナニーもしないようにしてますね」

──それだと、コロナ自粛期間中は大変だったんじゃないですか?

「そうですね、ずっと溜めてました。だから、久々の撮影のときは開放感がすごかったですね。ただ、体もなまっていて、次の日の筋肉痛がすごくて起き上がれなかったです」

──今後、代表作が生まれるとしたらどんなジャンルだと思います?

「そうですね……やっぱり痴女か人妻ドラマ系のどちらかかなと思います。痴女は場数を踏んでるので自信はありますし、人妻系も、ようやく年齢が追いついてきて、色気が出てきたんじゃないかと。色気って持って生まれたものだとは思うんですけど、そういう天性の色気があったうえで、どういう風に見せていくかっていうテクニックを重ねていくものだと思うんですよ。その説得力が増してきたかなとは思います」


──男性に対する意識も変わってきましたか。

「それは変わりましたね。それこそ20代前半くらいの頃は、カッコいいとか、外見がめっちゃ大事だったんですけど、いまはもう全然なくなりましたね。性格的な部分というか、心のゆとりみたいなものがある人が魅力的に見えるようになりました」

──人間的に成長したんですかね。

「性格は変わったかもしれないですね。若い頃はなんか嫌なことがあったりするとすぐに、はあーって落ち込んでましたけど、ここ何年かは全然気にしなくなった。実はちょっと前に、私のインスタのアカウントが突如停止になったんですよ。すごく落ち込んだんですけど、もうしょうがないから気持ちを切り替えようって感じになりました。たぶん若いときにあれがあったら暴れてましたよ」

──インスタは凍結されたんですか。

「いや、乗っ取りですね。フォロワーが38万人いたのですごいショックだったんですけど、言ってても元に戻らないから、またイチから作り直す方向にしようと思います」


──前向きですね。

「前向きですし、切り替えが早くなりました。若いときは、考え方も対処法も引き出しが少なかったですけど、今はいろんなことに対応できるようになりましたね。それこそ恵比寿マスカッツの現場って、つねに試されるというか、何が起きても受け身を取れないとダメなんですよ。突然ポンと『これやって』って言われたら、とりあえずやってみようみたいな」

──そのためにも、つねに腕は磨いておかないといけないんですね。

「求められてる位置とか、キャラとかもあると思うのでそこは上手く対応できないといけないなと思ってやってますね。恵比寿マスカッツでの友田彩也香は、AV女優の友田彩也香と全然違うと思ってるんですよ。だから、恵比寿マスカッツを見てこういうキャラクターだと思ってたのに、AV見たら全然違いますねって言われたことが結構ありますね」


──11年目にして、まだまだあふれる向上心を感じますよ。

「コロナの自粛期間中はずっと家にいたんですけど、ただお家でぼーっとしてるだけじゃなくて、なにかいろいろやらないとなと思って勉強はしてましたね。あと、こういうときだからこそ今後何をやりたいかっていうのを明確にしておきたいなと思って……。デビューするときに、これを絶対やるっていう目標を決めて、紙に書き出してたことがあったんですよ。それをふと思い出して、当時書いたことはいま全部達成できてるから、それを更新したんです」

──新たな目標はいくつくらいになりましたか?

「目標っていうか、細かい計画ですね。これをやりたいから、まずこれをやんなきゃ、みたいな。今はありがたいことにデビューのときとは違って友田彩也香という土台ができてるんですよ。だったら、こういうことをやっていきたいなっていうことを考えるようになりました。例えば、もっと海外のファンにアピールしたいな、とか。配信とかしていると中国の方がめちゃめちゃ見てくれてるんですよ。だったら、中国語をしゃべれたらいいなと思って、勉強しようとか」


──マジメと言いますか、意識が高いですね。

「でも、有名な女優さんはみんなそうだと思いますよ。いま売れてる女優さんっていうのは、みなさんすごい努力されてると思います。自己プロデュース力もすごいですし。私はそういう方面がちょっと弱いなと思っていて、時代にあったSNSの使い方をしていかないといけないと思って、意識して変えてますね。今までだったらパッと自撮りしたものをアップするやり方をしていたんですけど、ひと手間をかけるようにしてます。誰かに撮ってもらったりとか、うまく編集したりとかをするようになりましたね。自分も時代に合ったやり方をしていかないと置いていかれるって思ってます」

──時代の先頭グループを走る一流ビジネスマンのインタビューみたいになってきました。他にはどんな目標を立てました?

「公式のファンクラブがないので、ぜひ作りたいなと思って動いてます。自分のことを応援してくださってる方に向けて、情報発信の強化もしていきたいなと」


──ファンクラブに入るとどんな特典があるんですか?

「ファンクラブを運営している方っていっぱいいるじゃないですか。そういうのを研究して、良いところも取り入れつつ、自分だったらこういう感じでやろうかなとかを考えてる状況ですね。入ってくれる人は本当に応援してくださってる方だと思うので、そういう人たちを飽きさせないというか、さらに好きになってもらえるようにしたい。私、SNSではあんまりプライベートなことをつぶやいたりしないんですよ。それは、どうせなら別でちゃんと見せたいなって思っていて、あえて出さないようにしていたんで、それをファンクラブでは公開するとか」

──それならファンクラブに入っちゃいますね。いや〜ずっと最前線で活躍している秘訣がわかりましたよ。計画制も戦略性もあって、つねに時代を意識されている。

「やっぱり、長く続けるってことは、最近デビューしたコたちとも戦っていかなきゃいけないわけじゃないですか。そういう意味でも武器がないとダメなので、友田彩也香って、こういうことやってるんだ、面白いって興味を持ってもらえるようにしていきたいですね。満足度100になるには、まだまだ時間がかかりそうです(笑)」

Profile

Profile

友田彩也香(ともだあやか)
1988年9月14日生まれ。身長160cm、B85・W60・H85
2009年デビュー。

放送情報

友田彩也香ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

写真提供・MAX-A

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる