羽咲みはる

元アイドルの看板とFカップ乳をひっさげて2016年にAV業界入りした羽咲みはるは、今や名実ともに業界のトップアイドルの1人だ。「キャワイイ」に全力投球の彼女がお届けする、ハッピーな新春のインタビュー!

羽咲みはる

「3人の中で私が一番しっかり者」

──女優としてアイドルとして大活躍の羽咲さんですが、2018年はどんな1年でしたか?

「作品はたくさん撮ったんですけど、体感的には2〜3本くらいしかやってないような、そのくらいあっという間に過ぎちゃいましたね……。私、某夢の国が大好きで毎月行ってたので、そこでのイベントなら何月に何があったと全部言えるんですけどね。あんなショーがあったとか、こんな限定グッズがあったとか(笑)」

──現実世界よりも、夢と魔法の国で思い出を刻むタイプなんですね(笑)。今回は写真集『Purity』(双葉社)からの厳選カットを掲載してるので撮影時のことを伺いたいんですが、やっぱり覚えてないですか?

「ちゃんと覚えてますよ! 2冊めの写真集だったんですけど、わりといいコンディションで撮れたという印象ですね」

羽咲みはる
羽咲みはる写真集『Purity』(双葉社/3,500円+税)より

──体調が良かったんですか。

「体調もそうですけど、痩せてました(笑)。私、すごい太りやすいんですよ。だから新作ごとに太った、痩せたみたいなことがしょっちゅうあるんです。食べることが大好きで、スイーツも好きだし、お肉も大好きなので……」

──つい食べすぎてしまいますか。

「期間限定のスイーツが好きなので、時期が被るといろんなところに行って食べ続けちゃうんですよ。だいたい季節の変わり目あたりは危ないですね(笑)」

──写真集の撮影のときは、タイミングが良かったんですね。

「痩せてるし、2冊めということもあって、表情とかポーズもちょっと成長していると思います! 私、自分でもメイクを研究してるんですけど、このときはアイメイクを自分でちょっと足させてもらったりしてるので、そういうこだわりが詰まってるなって思いますね」

羽咲みはる
羽咲みはる写真集『Purity』(双葉社/3,500円+税)より

──評判はいかがでしたか?

「褒めていただけることが多かったです。イベントにこの写真集を持ってきてくださるファンの方がいるんですけど、1回のイベントでサインは1回しか書けないじゃないですか。それを何度も通って、全部のページにサインを集めようとしてくださってたりしますね」

──スケールの大きい方ですね……。イベントに来てくれる羽咲みはるファンには、なにか傾向はありますか?

「常連の方も初めましての方もたくさん来てくれます。私自身が人見知りなんですけど、ファンの方もそういう人が多いかもしれないです。最初はみんなモジモジしてて、徐々に仲良くなっていく感じですね」


──羽咲さんは人見知りなんですか。エンタ!959で放送している『君にハピネス』では、小島みなみさん初川みなみさんと共演されてますが、馴染むまで大変だったのでは?

「それが2人とも番組を始める前から仲が良かったんですよ。はっつ(初川みなみ)は所属事務所が同じで一緒にロケに行ったこともあるし、こじサン(小島みなみ)は恵比寿マスカッツの先輩。趣味が一緒で、3人であそびに行ったこともあります」

──じゃ、和気あいあいとした雰囲気の番組になりそうですね。

「番組のテーマは『キャワイイものをお届けする』っていう、フワっとした感じなんですが、みんなでなにかを作ったりすることが多いですね。先日の収録では、キャンドル作りをやりました。3人ともキャラが微妙に違うのでバランスはいいと思います。こじサンは遊びにいくときは日程や集合時間を決めたりしてみんなを引っ張ってくれるのに、いざ現場に着くとほわほわしちゃうタイプで、はっつはリアルな天然だと思います(笑)」


羽咲みはる写真集『Purity』(双葉社/3,500円+税)より

──羽咲さんが、実は一番しっかりしてる?

「そうかもしれないです。2人からは、『ずっとほわほわしてるね』って言われますけど、自分的にはいつも冷静だし、しっかりしてると思います。でも、ちょっと思い込みが激しいというか、頑固なところがありますね。一度それだと思ったら、間違っててもずっと認めなかったりとか……」

──恋愛面でもそういうところがありますか?

「えー、恋愛はどうなんですかね? 私は趣味とかに時間を使いたいほうなので、彼もほかに趣味を持ってる人じゃないとダメかなって思いますね。以前は、アイドルの追っかけしてあちこちの地方に行ってたので、そういうのを許せる人じゃないとダメかな」

──もともと男性に夢中になりにくい体質なんですかね。

「学生時代は、その人に会えるのが楽しみで仕方ないって時期がありましたけど、大人になってからはあんまりないですね……」


──「大人になったな」って感じることが他にあったりしますか?

「いっぱいありますよ! 私、イチゴが大好きなんですけど、最近は練乳かけないほうが好きになったんですよ。そのままがいいって思って、これは大人になったなと……」

──イチゴが好きな時点でお子様感出てますけどね(笑)。

「確かに、大人になりたいというよりも、つねに若くいたいっていう気持ちが強いかもしれないですね。ツインテールもやめられないし(笑)。ポニーテールにしちゃうと、老けてみえるんですよ」

─そんな、バリバリのロ●系じゃないですか。今月のスカパー!アダルトで放送される「無防備に大きく開いた胸元から美乳がチラリでポロリで生おっぱいが丸見えに!全員巨乳でしかも可愛い!俺を誘惑する美女たち9名4時間DX」(ミッドナイト・ブルー)という作品でも、妹キャラ全開ですよ。

「この作品のときは、演技が上手くできなかったんですよね……。わりとアドリブで進める感じだったんですけど、あんまり言葉が出てこなくて。すごい女優さんって、エッチな言葉がポンポン出てくるじゃないですか。ああいうのに憧れますね」


──ふだんからエッチなことを考えて、言葉を貯めていかないとダメみたいですね。エッチな妄想とかしてます?

「妄想はすごいするんですけど、エッチ系はあんまりしないですね。ファンタジー系というか、いま私がいる世界はパラレルワールドなんじゃないか、とか。さっき見た夢のほうが本当なんじゃないか、みたいな」

──ラノベみたいですね(笑)。

「ただ、撮影の後の数日間はエロモードを引きずっちゃいますね。エッチな夢とか見ちゃいます」

──肉体的にも成長してますか?

「やっぱり胸というか、乳首は敏感になってきますね。服がこすれるだけでも感じちゃったり。あと、パイズリは得意になりました。今までの全作品でかならず一回はそういうシーンが入ってるんですよ。最初はコツがつかめなくて発射まで時間がかかってたんですけど、最近はわりとすぐといいますか(笑)」


──それは確実に成長してますね。

「あと、ツイッターのフォロワー数が、やっと10万人を突破したので、成長というか達成感がありましたね。ずっと目標に掲げてたので」

──フォロワー数を増やすコツみたいなのはあるんですか?

「やっぱり、いい写真を載せることですね。最近だと、ぴょんぴょんするウサギの耳をつけたときとか、結構増えました。あとはロケに行ったときにジャグジーに入ったんですけど、そこで撮った胸元が見えてるか見えてないかっていうギリギリの写真を使ったときも増えましたね」

──わかりやすいですね(笑)。それでは最後に2019年の目標をお願いします!

「お仕事を頑張りつつ、ちょっと違うこともしてみたいですね。アルバイトはじめてみるとか」

──いきなりバイトですか(笑)。どんなお仕事をしてみたいですか?

「なんかタピオカ屋さんとか、かわいいグッズ売ってるお店とかで働いてみたいですね。『君にハピネス』もそういうテーマですけど、今年は『キャワイイ』を極めたいです!」

Profile

羽咲みはる(うさみはる)
1992年3月3日生まれ。身長151cm、B86・W59・H84

放送情報

「無防備に大きく開いた胸元から美乳がチラリでポロリで生おっぱいが丸見えに!全員巨乳でしかも可愛い!俺を誘惑する美女たち9名4時間DX」

1/1(火) 後11:00~
【その他放送日】5・10・13・16・18・23・27


「君にハピネス #2」

1/16(水) 後4:30~
【その他放送日】18・19・21・25・27


羽咲みはる写真集『Purity』(双葉社/3,500円+税)より
撮影/福島裕二

Backnumber

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる