新人女優インタビュー vol.020 成田愛

SMの巨匠、団鬼六原作の映画『Mの呪縛』に主演した、女優・成田愛がアリスJAPANからAVデビュー。子役から始まり、グラビアアイドルなど芸能活動は20年にもなる彼女が、AVを選んだ理由を聞いた。

成田愛

初体験は13歳……家出中のことでした

――元・芸能人ということですが、芸歴はどのくらい?

「子役からやっていたので、20年以上ですね」

――そんなに! 僕が芸人だったら、「姉さん」って呼ばないといけないですね(笑)

「家族がギョーカイ系だったので、自然とそういう仕事をするようになったんです。基本的には学業優先で、土日の休みを利用して活動してました。だから子供の頃のお休みの日は、知らない場所に行って、知らないヒトに会って、なんかよくわからないけど笑ってる、みたいな」

――ではそのまま女優の方向に進んだんですね?

「小学校のときの卒業文集には『スーパーモデルになる』って書いたんですけど(笑)。でも、女優だけじゃなくて、モデルとかダンサーにもなりたいなって思ってました」

成田愛

――アイドルになるというのは?

「アイドルっていう存在には、ずっと自分のなかでは違和感を感じてたんです。ちょっとそういう活動をやったりもしましたけど、やっぱり向いてないなって思いました。特にグループ活動ができなくて」

――学校でもそんな感じでしたか?

「なんか、どうしても悪く目立っちゃうんですよね。仲間と一緒にいても、私だけ怒られる、みたいな(笑)。それはもうしょうがないのかなって」

――ワルい友達が多かったりしたんですか?

「そんなことないですけど、中学生の反抗期の頃は、軽い家出ばかりしてたので、そういうときに泊まらせてくれるセンパイはいました(笑)」

――初体験はそういうなかで?

「13歳のときに、ひとつ上の先輩となんですけど。家出してるときにそういうコトになりましたね。でも、そんなにハマらなかったし、相手に求められればという感じで、自分からSEXが好きっていう感じではなかったですね」

成田愛

――いくつぐらいから本格的にSEXを?

「20歳すぎた頃ですかね。自分がMだって自覚した頃からだと思います(笑)」

――それは、どういうキッカケで?

「尽くすのが好きだし、命令されると興奮するんですよ。カラダがガッチリしてる人がタイプなので、空手家とつき合ってたことがあるんですけど、道着の黒帯で目隠しされてエッチしたときは興奮しました」

――それはいいシチュエーションですね。ちょっと汗臭い感じもして(笑)。そんなプレイをしながらも、芸能活動は続けてたんですね。

「そうですね。いろいろイヤになった時期もあったんですけど、やっぱり私はなにか表現することが好きなんだって思って。ダンスも、歌も、お芝居も、やり方が違うだけで同じ表現活動だと思って。そんなときに、映画に主演しないかってお話があったんですけど、それは脱ぐのが条件だったんですよ」

成田愛

――抵抗がありましたか?

「もうかなり悩みましたね。水着の仕事もほとんどしていなかったぐらいだったので。でも、台本を読んでいたら、どんどん吸い込まれていっちゃって、これは私しかやれない、ぐらいにまで思って」

――それで主演を決めて、ヌードに。

「すっごい覚悟を決めていたはずなのに、やっぱり現場では恥ずかしくてなかなかうまくできなくて。セリフも全部飛んじゃうぐらいの緊張感でしたね」

――そのころにはAVっていうお話はなかったんですか?

「ハッキリいって、ありました。でも断ったんですよ。自分にはできないって思ってて。とりあえず女優として頑張ってみようと思って、いろいろやらせていただくことにしたんです」

成田愛

――それがなぜ今回AVデビューしようと思ったんですか?

「正直、このまま芸能界を引退しようと思ってたんですよ。その頃に、いまの事務所のスタッフさんとか、メーカーの方と出会って、いろいろお話して。これからのことをいろいろ相談させていただいて、しっかりとビジョンが見えたのでやってみようと決意したんです。ある人に、芸能界を引退しても、『成田愛』というのは引退できないっていわれて。それなら新しいことにチャレンジしようって」

――デビュー作の撮影はどうでしたか?

「自分で決めたことですので、撮影内容に対しての不安はなかったんですけど、さすがに緊張しましたね。自己紹介で自分の名前を噛むぐらいでしたから(笑)。しかも最初のカラミがドッキリみたいなカタチで始まったので、本当に戸惑いましたね」

――カラミはどうでしたか?

「気持ちよかったです(笑)。男優さんのSEXって激しいように見えますけど、やっぱりすごく慣れてるから、感触的にはすごく優しいんですよ。こんなにイイとは思わなかったです」

成田愛

――撮影を終えてみてどうでしたか?

「やっぱり映画と違って、ちゃんとした台本がないので、最終的にどうなるのかが見えないんです。そこを作り上げていくのは、責任も感じるし、すごく興味深かったですね」

――なるほど、映画もAVも両方やっているからこその意見ですね。

「でも、それは区別する必要もないのかなって思います。ジャンルとしては『映画女優』とか『AV女優』って分かれるのかもしれないですけど、私のなかでは、表現する人はみんな女優だなって思うんですよ。自分でどちらもやってみて、これは変わらないなって実感しました」

――今後はどのような「女優」になっていきたいですか?

「いろいろなことをいわれたりもするんですけど、やっぱり自分で決めた道なので、自信を持って、堂々としていたいですね。そのうえで、今までやってこなかったグラビアとか、イベントとかもできるようになりたいです。脱げるし、カラミもできるっていうのは、マイナスじゃなくて、女優として、表現者としての武器だと思うから。私のことをもっとたくさんの人に知ってもらいたいですし、見てもらえるように努力していきたいです」

Profile

成田愛(なりたあい)
1984年12月23日生まれ。アリスJAPANからデビュー。身長162cm、B86・W59・H88。
イベントの情報は公式ブログ、ツイッターをチェック!
公式ブログ:「成田愛の『アイに行こう』」


放送情報

成田愛ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる