新人女優インタビュー vol.022 雲乃亜美

物凄いTフロントのジャケット写真も眩しく、AVデビューを果たした雲乃亜美。グラビアアイドルからの転身を決めた理由を直撃しました!

雲乃亜美

「フェラ テクニック」でネット検索していた高校時代

――雲乃さんの左後ろに、デビュー作のジャケット写真を大きく引き伸ばしたのが貼ってありますけど、Tフロント姿が強烈ですね!

「これにはちょっとウラ話があるんです! 最初は普通のTバックを履いたんですけど、なんか面積が大きくて、私もスタッフの方も、これはちょっと求めているモノじゃないな、っていう感じになったんですよ。でも、衣装はこれしかないし、切るわけにもいかないなって困ってたときに、『これ前と後ろを逆に履いたらどうですか?』って提案したんです。だから、この細い部分は、本当はお尻にあたる部分なんですよ」

――なるほど! そういう発想はアイドルとしてグラビア撮影などをたくさんやってきたから出てくるのかもしれないですね。

「私は昔から目立ちたがり屋で、モーニング娘。さんとか、AKB48さんに憧れてアイドルになりたいなって思ってたんですよ。でも、ヒトと違うことがしたかったので、そこを目指すのは違うなって思って」

雲乃亜美

――既存のグループにあとから入っても目立てないと。

「そう、そうなんです! もっと目立ちたいから、自分で事務所を探して、アイドルとかグラビアの仕事を始めたって感じですね」

――アイドル時代もエッチはしてました?

「アイドルになってからは、彼氏もつくらなかったし、エッチもしてないですね。アイドルだってエッチしたくなるし、オナラもするとは思うんですけど(笑)、私の場合は単純に仕事が充実してて、そういうのがなくても大丈夫だったんです」

――オナニーは?

「それは……してましたね。私、小4の頃からオナニーしてるんで」

――活動歴が長いですね(笑)

「最初はシャワーをあてて、なんか変な気持ちになる部分があるなって気付いて。そこを布団のなかで触ってたら、だんだんクセになっていったというか……。でも、エッチの知識はぜんぜんなかったんですよ。中学に入るまでは、チューしたら赤ちゃんできると思ってましたから」

雲乃亜美

――では初体験は遅かったんですか?

「高2のときですね。2コ上の先輩とつき合ってたんですけど、それまでH方面は何もなくて、初体験の前日に初めて手をつないだぐらいだったんです。それで軽~くそういう雰囲気になったんですけど、『ごめん、やっぱりムリ!』って流れになって、続きは明日にしようってことで、家に帰ったんです」

――その夜はドキドキですよね。

「いやぁ、もうどうしようと思って……。とりあえず、オナニーして寝ました」

――火照ったものを、とりあえず抑えて(笑)。それで次の日に初体験?

「時間はかかりましたけどね(笑)。最初は正常位で入れようと思ったんですけど、お互いに初めてだからうまく入らなくて。それでカレに『乗って』っていわれて。え? 乗るの? って思ったんですけど、思い切って腰をおろしたら、スっと入っちゃって、アレ? 痛くない。気持ちいい! って(笑)」

――それからSEXに目覚めちゃいましたか?

「目覚めましたねぇ(笑)。その彼とは会うたびにヤッてました。経験人数は4人なんですけど、あんまり変わったことはしたことがなくて。そういえば、長時間フェラさせる人はいましたね」

雲乃亜美

――長時間というと?

「1時間半ぐらい(笑)。私は、どちらかというと奉仕型なので気持ち的にはOKなんですけど、やっぱりアゴとか疲れてくるじゃないですか。なので、これは技術をあげていくしかないなと思って、調べたんですよ。インターネットで『フェラ テクニック』で検索して(笑)。それを覚えてすぐ実践ですよね」

――練習の成果は出ましたか?

「それがギンギンにはなってくれるんですけど、イカないんですよ(笑)」

――彼のほうも、実は必死で我慢してたんじゃないですかね。『フェラ 耐える』で検索して(笑)

「そうかもしれない(笑)。でも結局、普通に一定のテンポで手と口を使ってるほうが全然イってくれましたね」

――結論ですね(笑)。でも、アイドル時代はSEXしてなかったってことですが、それで性欲が溜まってしまってAVの世界に入ったとか?

「それもあるかもしれないですけど(笑)、もっと違う理由もあって。アイドルとしてグラビアを撮ってるときに、なんとなく表現の幅の狭さを感じてたんですよ。水着でギリギリを狙うのも面白いんですけど、もっと広げていきたいなって思って。それにはやっぱり脱ぐしかないなって」

雲乃亜美

――欲としては、表現欲なんですね。デビュー作の撮影はどうでしたか?

「やっぱりグラビアとはぜんぜん違いましたね。現場に入ってメイクするまでは平気だったんですよ。でもシャワー浴びてきてっていわれたら、なんか、急にうわーってプレッシャーを感じてしまって」

――そこからが新たな世界だったんですね。

「メイクで出来上がった顔でシャワーを浴びてる自分を鏡で見て、始まるんだなって思ったらすごい緊張しちゃいました」

――カラミはどうでしたか?

「それが触り始めたら5分ぐらいで緊張はなくなりましたね。なんか素というか、感情が無いぶんエッチに集中できたので、思いっきり感じて、思いっきりイキました」

――オススメシーンは?

「全部のカラミでイッてるんですけど(笑)、1番深くイッてるのは、ローターでいじられてるときなので、そこがオススメというか、自分でも観たいシーンですね」

――今後の目標などはありますか?

「『AV女優といえば誰?』みたいな話になったときに、雲乃亜美の名前が出るぐらい有名になりたいですね。自分が一生懸命に表現していても、見てもらわないと成立しないので……。もっとみなさんに私のことを知ってもらいたいですね」

Profile

雲乃亜美(うのつぐみ)
1995年2月20日生まれ。アリスJAPANからデビュー。身長157cm、B83・W60・H85。
イベントの情報は公式ブログ、ツイッターをチェック!
公式ブログ:「雲乃亜美オフィシャルブログ」
Twitter:@tsugumi_uno


放送情報

雲乃亜美ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる