新人女優インタビュー vol.027 佐倉絆

超有名メイド喫茶の売れっ子、グラビア、アイドルユニットとトントン拍子に階段を駆け上がってきた佐倉絆ちゃん。だけど、その間ずっと興味津々だったのはチ●コとマ●コのことばかりだったとか……。

佐倉絆

幼稚園の頃からオナニーしてました

――現役アイドルがデビューということですが、まずはどういう経緯でアイドルに?

「そもそもはメイド喫茶で働いてたんです。それからグラビアを始めて、アイドルユニットに入れていただいて、それからグラビアとかイメージビデオにっていう流れですね。もともとエッチなことに興味があったので、アイドル活動にはそんなに興味はなかったんですけど(笑)」

――アイドル時代は仮の姿だったんですか。

「でも、すごくいい経験になりましたよ。沢山のお客さんが観てるステージで、歌ったり踊ったりして、すごく楽しかったし、度胸はつきましたね」

――でもエッチなことのほうに興味があったんですね。

「地元が田舎でやることないんで、周りがみんなそんな感じだったんですよ。小学校で初体験が済んでるコもいたし」

佐倉絆

――へー! 早熟ですね!

「私も幼稚園の頃からオナニーしてました。無意識だったんですけど、アソコをちょっと触ったりとか……。あと、お尻の肛門をキュッて締めると、なんとなく気持ちよかったので、それを繰り返してましたね」

――締めるんですか。ちょっとした健康法みたいですね。

「そうですよね(笑)。でも、性的にすごい気持ちよかったんですよ。家でも、学校の授業中でも、気づいたらキュキュって締めてましたね」

――そうやって人知れず締めてる間に、周りのコたちがどんどんエッチをはじめるわけですね。

「中学ではほとんどの子が経験してるような感じでしたね。私も相手がいればバンバンやりたかったんですけど(笑)、なかなかタイミングが合わなくて、けっきょく15歳で初体験しました。緊張していたので、あんまり覚えてないんですけど(笑)」

佐倉絆

――えーと、あまり覚えていないとは?(笑)

「なんか痛くもなく、かゆくもなく、気持ちよくもなく(笑)。でも、その初体験が済んでから、次につき合った彼とエッチするようになって目覚めましたね。彼は最初は童貞だったんですけど、どんどんオモチャとか使ってくるようになって」

――童貞のくせに成長が速いですね。変わったエッチとかしましたか?

「学校の体育館とか……、あとは、保健室、トイレ……え~と」

――そこらじゅうじゃないですか!

「やりつくしました(笑)。エッチをしにいったわけじゃなくて、そこにいたらエッチがしたくなっちゃっただけなんですけど……」

――アイドル時代もお盛んだったんですか?

「メイドカフェで働いているときは、彼氏がいたんですけど、アイドル時代はAV観ながらオナニーしてました(笑)」

佐倉絆

――AVはお好きなんですね。

「単体女優の作品よりも企画系のほうが好きですね。隠し撮りモノで、マッサージされてるコがそのままヤられちゃうやつあるじゃないですか。あれがツボなんです(笑)」

――マニアックですね(笑)。自分がそうなったときを想像したりするんですか?

「それは普通のAVでも妄想しますよ。男優さんってどんなエッチするんだろ……みたいな」

――ではAVデビューして、これから妄想がどんどん現実になっていくんですね。

「そうなんですよ! だから撮影の日が待ちきれなくて(笑)。絡む男優さんを教えてもらって、その男優さんが出てる作品を見て、悶々としてましたね」

――デビュー作の撮影メニューは、フェラからですね。これはどんな気持ちでしてました?

「フェラは嫌いじゃないんですけど、はやくエッチしたかったので、ちょっとジラされてる感じで。はやくカラミたい! って思いながらしてました(笑)」

佐倉絆

――それから初脱ぎになります。

「私、自分のカラダにコンプレックスがいっぱいあったんですけど、この仕事をやるようになってちょっと吹っ切れてきました。お尻が大きいのがイヤだったんですけど、そこをすごく褒めていただいたりもするので」

――そして初カラミになります。パッケージには「デカチンが挿入される」って書いてありますけど?

「……デカかったですね。この男優さんも作品を観て知ってたんですよ。いままでモザイクでしか見られなかったモノが目の前にあって……。AV女優になってよかった! と思いましたね」

――いやー、羨ましいくらいAVを満喫してますね! そしてオモチャ攻めを挟んで、いきなり3Pに挑戦です!

「デビューが決まって、監督さんとかに何がやりたいかって聞かれたときに『絶対に3Pがやりたいです』っていって、いれてもらったんです。普通はデビュー作ではやらないそうなんですけど」

――念願の3Pは、いかがでしたか?

「自分のオッパイを2人の男性が舐めてるのを見た瞬間に濡れてましたね(笑)。『夢がかなった』って、すごい興奮しました。たぶん今までで一番興奮したと思います。そこから先は実は全然覚えてなくて(笑)。本当に感じてたので、何も演技がない、リアルな私になっていたと思います」

佐倉絆

――こうしてAVデビューしてみていかがですか?

「もっとはやくデビューしてればよかったなって思いますね。アイドル活動してたころも、エッチな話とか普通に喋ってたんですけど、最終的にカットされちゃうんですよね。そういう窮屈さに不満を感じていました」

――私はこんなにエロいのに、なんでみんな止めるんだと。

「もうちょっと出せる部分はないのかなぁって、2年ぐらいアイドル活動しながら考えた結果、やっぱりAVしかないと思って、自分で決断しました。なのに、『事務所から無理やりやらされたんじゃないの?』とかいわれたりするんですよ」

――「アイドルやってるころからAVデビューが決まってたんじゃないか」とか。

「でも、本当に事務所からやれって一回もいわれなかったんです。はやくいってくれないかなって待ってたけど、誰も誘ってくれなかった(笑)。だから本当に念願のAVデビューなんですよね……あんまり信じてもらえないんですけど」

――いままでのお話を伺ってたら、信じられますよ!

「ありがとうございます。これからいろんなことに挑戦して、AV業界をさらに満喫したいと思います!」

Profile

佐倉絆(さくらきずな)
1989年5月30日生まれ。Millionからデビュー。身長151cm、B83・W59・H84。
イベントの情報は公式ブログ、ツイッターをチェック!
公式ブログ:「あしさきまでマシュマロ」
Twitter:@kizuna530


放送情報

佐倉絆ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる