新人女優インタビュー vol.027 西田カリナ

ロサンゼルス生まれのハーフ美少女が、なんとAVで処女喪失。肉棒挿入は痛かったけど、あふれる緊縛願望を満たされて超ドキドキだったそうですよ!

西田カリナ

SM系のサイトからAVへ……

――デビュー作で処女喪失ですか! そんなに美少女なのに、ホントに経験がなかったんですか?

「なかったんです(笑)。エッチに興味なかったわけじゃないんですけど……いい人がいなかったんですよ」

――単純に相手がいなかった(笑)。えーと、ご出身はどちらなんでしたっけ?

「生まれはロサンゼルスなんですけど、2歳から日本で暮らしてるので、ほぼ日本人ですね」

――では日本の学校に、普通に通っていて、普通に好きな人ができたりとか?

「それができなかったんです(笑)。恋愛以前に、小さい頃からずっと緊縛に興味があって……」

――順番がおかしいですよ(笑)。それは何がきっかけで?

「小学校の低学年くらいのときに、アニメの『ピー●ーパン』を観てて、ウェン●ィが捕まっちゃうシーンで興奮してたんです。ドキドキしながらひとりで何回も巻き戻して見てましたね」

西田カリナ

――そんなところで目覚めてしまいましたか(笑)。そのドキドキ感は、性的な興奮だと自覚してたんですかね?

「いや、そこまではいってないと思います。単純に、私も縛られてみたいなって想いが募る感じで。エッチ方面とは別な興味でしたね」

――でも、まわりのコはどんどん処女を喪失していくわけじゃないですか。そこで焦ったりとかは?

「焦りはなかったですね。勉強とか趣味とかで忙しかったので……。絵を描いたりとか、作曲したりとか」

――アーティストじゃないですか!

「あとは服も作るし、詩も書くし、家庭菜園もやってるし、料理とかお菓子も作るので」

――それをひとりで黙々としてたら、たしかに恋愛やエッチをしてる時間はないですね(笑)。

「でも、オトナになってきて、インターネットや本でSMという世界を知り始めて、やっと自分の欲求が結びついたんです。SM系のサイトって、よくモデル募集をしてるんですけど、ちょっとやってみようかなって思って動いてるうちに、今回のAVデビューに結びついたんです」

西田カリナ

――縛り系の趣味が合う人を探すよりも、ネットで応募しちゃうほうが早いと思ったんですかね。

「私の妄想をいきなり現実化しちゃうと、リアルに犯●とかになっちゃうので(笑)、プロの人にお願いしたほうがいいかなって思ったんです」

――それはいろいろ危なかったですね(笑)。とはいえ、いざ撮影で処女喪失となると、いろんなプレッシャーがあったと思うんですが。

「それはありましたね。でも、なんにも経験したことがないから、SEXがどういう感じなのか想像もつかないし、AVもあまり観たことがなかったので何をどうすればいいのかもわからなくて」

――もう脱ぐだけで緊張って感じですか?

「脱ぐのにはあまり抵抗がなかったんですよ(笑)。処女喪失っていう部分に意識が行き過ぎて、脱ぐとかカメラとかは気にするどころじゃなかったです」

――そしてついに初体験しちゃうわけですね。

「ほんとに想像以上の痛みでしたね。こんな痛いんだって、かなり泣き叫んで、暴れて(笑)。前戯の段階では気持ちよかったんですけど、挿入はホントに痛かったです」

西田カリナ

――どこら辺から気持ちよくなってくるものですか?

「デビュー作は2日撮りで3回カラミをやったんですけど、最後のほうで、ちょっとだけ、気持ちよさがわかってきたかなってぐらいでしたね」

――2回目のカラミは待望の緊縛SEXですよね。

「ホントに『夢が叶った』って感じで、すごい興奮しました。手足がガッチリと拘束されて、身動き取れなくて」

――緊縛されて攻められるっていうよりも、その動けないっていうシチュエーションが興奮するんですかね?

「確かにあんまり痛いのは好きじゃないので、基本的に縛ってもらうだけでいいんです。そのまま放置されたりするのがいいですね。ただ、縛られるなら手錠とかじゃなくて、縄がいいですね。縄とか手ぬぐいとか、そういう自然素材のもので、ゆっくりと縛ってほしいです(笑)」

――そんなところでナチュラル派ですか(笑)。実際、緊縛されてからのSEXはいかがでしたか?

「縛られてるのはすごい興奮したんですけど、やっぱり挿入の段階になるとまだ痛くて」

西田カリナ

――最後のホテルで1対1のカラミ。ここでようやく気持ちよくなってくる。

「大人っぽい雰囲気で、激しく求め合うみたいなエッチだったんですけど、そういうムードはよかったですね。精神的にもリラックスしてきたんで、SEXの気持ちよさみたいなものはちょっとだけ感じることができました」

――いま振り返ってみて、AVデビュー作で処女喪失したっていうのはどういう感覚ですか?

「うーん……。単純に、プライベートだったら、たぶんまだ喪失できてなかったんじゃないかと思います(笑)。だから、こういうキッカケがあってよかったですね」

――SEXに対する印象も変化しましたか?

「そうですね。どうせならやっぱり、ナカで気持ちよくなりたい」

西田カリナ

――急に貪欲になりましたね(笑)。

「やっぱり相手がいるなら、オナニーじゃあじわえないものを経験したいなって思いますね。女の悦びを知りたいです(笑)」

――完全に目覚めましたね(笑)

「せっかくAV女優になれたので、これからは自分のやりたいと思っていたシチュエーションを、作品のなかで実際にやっていければって思ってます。私の場合は縛り系が多いですけど(笑)」

――そのあたりの妄想はいくらでも溜まってそうですね。

「ちょっとずつ小出しにしつつ……(笑)。みなさんに受け入れてもらえればいいなって思いますね」

Profile

西田カリナ(にしだかりな)
1995年7月7日生まれ。h.m.pからデビュー。身長159cm、B78・W56・H82。
イベントの情報は公式ブログ、ツイッターをチェック!
公式ブログ:「西田カリナオフィシャルブログ」
Twitter:@nishida_karina


放送情報

西田カリナちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる