新人女優インタビュー vol.027 橋本麻耶

美少女ともに歩んできたマックス・エーが、10年にひとりの逸材として満を持して世に送り出した橋本麻耶。デビューしたばかりの彼女のウブウブっぷりに肉薄インタビュー!

橋本麻耶

トイレ帰りのゴムつき彼氏

──清純な雰囲気ですが、普段からそういう感じですか?

「普段は……おとなしいですね(笑)。マイペースだし、あんまり騒いだりしないし」

――教室の片隅で交換日記をしてそうなイメージです。

「やってました、交換日記! 女の子とですけど」

――どんなことを書いてました?

「その日にあったこととか、自分のこととか……特に内容はなかったですね(笑)。今ならTwitterに書くようなことです」

――恋愛系の話とかは?

「日記をやっていたのは中学の頃で、まだぜんぜん恋愛してませんでした。初めてカレができたのは高校生になってからですね」

――エッチなことにも興味が出てきたころですか?

「あんまりなかったです。友達みんなでAVをちょっと見たりもしましたけど、なんとなく怖い印象しかなくて。気持ちいいってなんなんだろう? みたいな感覚でした」

橋本麻耶

――それでは初体験のときは戸惑いましたか?

「エッチするとか意識してなかったのに、突然そのときが来たんですよ。彼が勝手にゴムつけてきて……」

――勝手にって(笑)。どういうシチュエーションですか?

「部屋でイチャイチャしてたら、彼がトイレにいってくるねって。それで帰ってきたら、『俺もうゴムつけてるんだよね」って(笑)」

――トイレで着用済み(笑)。彼はハダカだったんですか?

「ちゃんとパンツもズボンも履いてました。それで、えっ、今日なの? みたいな」

――それでパンツを脱がせたらゴムをつけてるわけですか。

「まともに見られなかったですけど、たぶん……。なので、そのときはフェラもなにもしなくて、パっと挿れて終わりました」

――感想は?

「いろんな動揺があったので、痛かったっていう印象だけですね。次につき合った人が年上で、気持ちよくなってきたのはそこからですね。結構エッチする人だったので」

橋本麻耶

――結構エッチする人(笑)。

「フェラもしたことなかったんですけど、年下で子供だってナメられるのもイヤだなと思って、頑張った記憶がありますね」

――ナメられないように舐めた、と(笑)。私これでも毎日フェラしてるんですよ、みたいな感じで。

「でも、経験が少ないのはたぶんバレてたと思います(笑)。その彼は、顔射が好きな人でした。えっ、私2人目なのにそういうことをされちゃうの? みたいな(笑)」

――いきなり顔に! 予告なしですか?

「『顔にかけていい?』とはいわれたんですけど、あんまりわかってないから『いいよ』っていっちゃって……。ホントにビックリしましたね」

――そうやってエッチの経験を重ねていくと、ひとりでいるときも悶々としてくるんじゃないですか?

「それは……ありますね」

――そういうときは?

「ガマンします(笑)。オナニーって、したことないんですよ。やっぱり終わってから腕枕とかないのはイヤだなぁって」

橋本麻耶

――乙女チックな感じですね。そんなコがなぜAVに、というのがすごく気になりますが……?

「事務所でお話を聞いてるうちに、段々と興味が出てきて。自分に自信がなかったので、やってみたら変われるかなっていうのもあって」

――実際にメイクして、写真を撮られたりしてると自信はついてきましたか?

「自分とは違う自分になるというか。中身は変わっていないのに、不思議な感覚ですね」

――デビュー作の撮影はいかがでしたか?

「緊張して撮影前は寝られなかったですね。いろんなことが早く進んでいて、私まだなにも知らないのになって戸惑ってました」

――まずは初脱ぎインタビューです。

「スタッフさんがたくさんいるなかで脱ぐのが本当に恥ずかしくて。どんなふうに見られてるんだろうって、ずっと考えちゃってました」

――自分のカラダに自信がなかったんですか?

「ないですね。オッパイはそんなに大きいわけでもなく、ちっちゃいわけでもないけど、なんか、あの……豊胸したほうがいいのかなって」

橋本麻耶

――いやいや、そのままで充分ですよ!

「いちおう、最初に相談はしたんですよ。でも、皆さんがそのままの私がいいっていってくれたので、これは大事にしないといけないんだなって思いました」

――そしていよいよ初カラミに突入します。

「好きな人としかエッチしたことがなかったので、ほかの全然違う人とするとどんな感じになるんだろうって不安でしたね」

――ちゃんと最後に腕枕してくれるのかなって(笑)。

「さすがにそこまでは期待してないです(笑)。でも、思ったより優しかったし、逆に激しいときも大丈夫だったし……私、けっこうできるんだなって思いましたね」

――次はフェラですね。得意なほうですか?

「いや、まだ70……60点ぐらいです。でも自分が攻められるときよりは、恥ずかしくなかったですね」

――オモチャプレイにもチャレンジしてます。

「見たこともないようなオモチャがたくさんあってビックリしました。最初は怖かったんですけど、痛くなかったんでよかったです」

橋本麻耶

――なんか硬くて痛そうな感じがしますもんね。

「それをなかに入れちゃうなんて、大丈夫なのかなぁって(笑)。でも実際に使ってみると、気持ちよかったです」

――最後はドラマ仕立てのカラミです。

「彼と勉強しているときに、彼女からパンチラとかで誘うっていうシチュエーションでした」

――設定があるほうがやりやすかったりしますか? 

「やっぱり演技が難しかったですね。セリフがエセ関西弁みたいになっちゃって(笑)。結局、セリフをぜんぶ関西弁に書き直してもらったんです」

――それはそれで萌えますね(笑)。全体的にみて出来映えはどうですか?

「自分が思ってたよりも、よかったんじゃないかなぁって。もっと、グダグダになりそうな予感があったので(笑)。まわりの方々がちゃんとサポートしてくれたので、本当にありがたかったですね」

――おすすめシーンはありますか?

「うーん、やっぱり演技のところかな。あと、カラミは全部がんばったので、恥ずかしいですけどオススメです。今回は制服ものなので、純粋な感じで観てほしいですね。清純な頃を思い出してもらえれば嬉しいです(笑)」

Profile

橋本麻耶(はしもとまや)
1994年10月10日生まれ。マックス・エーからデビュー。身長155cm、B83・W58・H84。
イベントの情報は公式ブログ、ツイッターをチェック!
公式ブログ:「テクマク麻耶コン」
Twitter:@hashimoto_maya


放送情報

橋本麻耶ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる