新人女優インタビュー vol.036 神尾舞

「有名大学ミスキャンパス娘が底なし性欲丸出しAVデビュー!」と強烈ハイテンションな肩書をひっさげてデビューしたエロ娘。神尾舞チャンに直撃インタビューだ!

神尾舞

ファンにもらった電マでオナニー

――キャッチフレーズが「正直めちゃくちゃエロい」……いろいろな意味で期待の新人サンですね!

「ウフフ……。エロいかどうかは、ぜひ作品を見て判断して頂きたいところですけど(笑)」

――昔からエロいっていわれてたんですか? 

「確かに、いわれがちかもしれないですね。初対面の人でも『雰囲気がエロいよね』みたいなことをいわれたりします」

――実際にエロくなったのはいつごろからですか?

「中学生ぐらいからですかね? だんだん異性を意識しはじめたというか。例えば好きなアイドルができて、オカズにしちゃうとか」

――オ、オカズということは、もうすでに、そういう行為を自分でしていた?

「してましたね。初めてオナニーしたのは小学生ぐらいのときかな。でも、みんなそのぐらいからしてるんじゃないですか?」

神尾舞

――最近の若い子はそんな感じなんですかね?

「私の場合は、なんか自然にさわってたら気持ちいいなってことを発見してしまった感じですけど」

――独学タイプですね(笑)。SEXの初体験も早かったんですか?

「初体験は18歳ぐらいなので、周りと比べて遅いほうだったと思います。高校生のときに一応カレシはいたんですけど、エッチはしてなかったんですよ。独りでするので充分だったので」

――ガチなオナニー派ですね(笑)。その頃もアイドルをオカズに?

「もうAVを観てましたね。テレビドラマで『嬢王』ってあったじゃないですか。それに出てた明日花キララさんを観て『超かわいい』と思って、調べたらAV女優さんだってことを知って。それからだんだんAVを観るようになったんです」

――では初体験は高校を卒業してからですか?

「高校を卒業してからつき合った……いや、つき合ってはないんですけど(笑)、バイト先で知り合った先輩と初体験しました。私が18で、そのヒトが21ぐらいだったかな?」

神尾舞
『ご奉仕大好き!責められるのもっと好き!元有名大学ミスキャンパス娘が底なし性欲丸出しAVデビュー 神尾舞』レインボーチャンネル(h.m.p)

――つき合ってなかったということは、好きな人でもなかったとか?

「かっこいい先輩だなとは思ってました。そのときは、私と、女友達と、その先輩の3人で食事をしてて、友達が先に帰っちゃったんですよ。まだ知り合って1~2ヵ月で、ぜんぜんそういう覚悟もしてなかったんですけど、先輩の部屋にいくことになって……」

――いやー、青春あるあるって感じですね(笑)。初体験の感想は?

「痛かったですね。痛すぎて、途中でやめちゃうぐらいでした。そんなに気持ち良くもなかったし」

――その彼とはそれっきりな感じですか?

「いや、ちゃんとはつき合ってないですけど、会うとエッチする関係というか。そのままズルズルと続いちゃいましたね」

――その関係はどのくらい続いたんですか?

「半年くらいですかね。でも、途中から別のヒトとも似たような関係になってしまって……」

――お盛んですね(笑)。それはどういうヒトですか?

「ちょっと年が離れてて、彼が30歳ぐらいだったのかな? その期間は、2人の間をいったり来たりしてる感じでしたね」

神尾舞
『ご奉仕大好き!責められるのもっと好き!元有名大学ミスキャンパス娘が底なし性欲丸出しAVデビュー 神尾舞』レインボーチャンネル(h.m.p)

――30歳の彼は、エッチな注文とかしてこなかったですか? 高校の制服を着て来いとか(笑)。

「それはなかったですけど……。あ、でも、そのヒトと車の中でしたことはありますね。狭くて大変だなって思いましたけど、誰かが来そうなドキドキ感があって、けっこう印象深いです」

――そんな青春を送っていた女の子が、なぜAVの世界に?

「『嬢王』を見て、明日花キララさんに憧れたのもありますし、あとは『恵比寿マスカッツ』を見たりして、魅力的な世界だなとは感じてたんですよ」

――アイドル的な活躍に憧れてたんですか?

「それもありますけど、やっぱりエッチそのものにも興味がありましたね。その頃、普通に生活してても、あんまり楽しくないなって思ってたところだったです。そんなところにちょうどAVに出てみないかっていうお話がきて」

――タイミングが良かったんですね。でも、いざとなると不安はなかったですか?

「不安はそんなになかったですね。撮影のときもわりと平気で、そんなに緊張しなかったです」

神尾舞
『ご奉仕大好き!責められるのもっと好き!元有名大学ミスキャンパス娘が底なし性欲丸出しAVデビュー 神尾舞』レインボーチャンネル(h.m.p)

――実際に男優さんとカラんでみて、いかがでした?

「うーん、やっぱりプロだなって(笑)。出すタイミングとか、すごいなって思いましたね」

――そこですか(笑)。

「体位もたくさん変えて、キッチリしてくれるじゃないですか。あとは、SEXについて、すごく勉強になりましたね。騎乗位のなかにもいっぱいやり方があるんだな、とか。動きも上下だけじゃないし、前後もあるんだとか(笑)」

――デビュー作で、印象的だったカラミとかありますか?

「1番最後のですね。濃厚な感じで、顔中べろべろなめられたりするので。あとは、電マのシーンかな? そんなに攻められたことなかったので戸惑いました。自分ですることはあるんですけど(笑)」

――ほー、マイ電マを持ってるんですか。

「持ってまーす(笑)。最近はファンの方からプレゼントでいただいたりするんで、本当に助かってますね」

神尾舞

――電マ使って、自分で潮吹くんですか?

「自分でするときは吹かないですね。撮影では凄く吹いちゃってますけど」

――ご自身で吹いてるシーンはご覧になったりしましたか。

「見てないですね。自分の作品は恥ずかしくて見られないですよ。自分がSEXしてるときの顔とか、見たくないです」

――では、ファンに「ここを見てほしい」という部分はありますか?

「うーん、難しいですね……。やっぱりフェラと、騎乗位かな」

――なるほど! フェラと騎乗位のシーンは見応えがある、と!

「と、いえるようになりたいですね(笑)。これから頑張っていくので、よろしくお願いします!」

Profile

神尾舞(かみおまい)
1992年9月12日生まれ。2014年、h.m.pから専属デビュー。身長159cm、B80・W62・H87。
イベントの情報は公式ブログ、ツイッターをチェック!
公式ブログ:「神尾舞オフィシャルブログ」
Twitter:@kamiomaidayo


放送情報

神尾舞ちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる