新人女優インタビュー vol.042 皆野あい

『週刊プレイボーイ』でグラビアデビューし、芸名を募集したピュアピュアGIRLが、ついにAVデビュー! 初めての撮影で、ラストシーンで号泣してしまったという皆野あいチャンの涙の理由をきいた!

皆野あい

「みんなに愛される皆野あい♪」

――エッチなことにはいつ頃から興味ありました?

「たぶん小学校ぐらいから興味はあったと思います。ドラマで濡れ場とかあるじゃないですか。子どもながらに、イケナイことなんだと思いつつも、ちょっと興奮しちゃうというか。あとはマンガですよね。私、6歳離れた姉がいるんですけど、ほどよくエッチなヤツが部屋にあるんですよ(笑)」

――それを読みながらひとりでアソコを触ったりとか?

「中学生になった頃には、やってましたね。でも私、1人エッチって、男の人しかしないものだと思ってたので、こんなことしてる自分は病気だと思ってたんですよ。今でこそ、『1人エッチするとキレイになれる』とかよくいわれてますけど、当時の私にはなんにも情報がなかったので、すごい悩んでました」

皆野あい

――自分はド変態なんじゃないかと(笑)。そんな変態女子の初体験はどんなでしたか?

「高校生になってからですね。同じ弓道部の先輩とつき合ってたんですけど、最初は拒否してたんですよ。高校で仲良かった子がぜんぶ済ませちゃってるコで、すっごい痛いって聞かされてたんです。それでつき合ってから半年ぐらいは引っ張ったんですけど、やっぱり申し訳ないなと思って、彼の誕生日のときに……」

――いかがでしたか?

「いやぁー、痛かったですね。なにもイイことなかったっていう感じでした(笑)。それからも、また痛いんじゃないかってビビってたんですけど、少しずつ頑張ってたんです。でも、1年ちょっとぐらいして、彼が浮気したので別れました。女の子と一緒にいる写真をブログで発見したんですよね」

――いまどきの高校生って、そういうバレかたをするんですね。その頃は将来何になりたいって考えてました?

「メイクに興味があったので、高校を卒業して美容系の学校に進んだんです。そこで知り合った友達がメイド喫茶でバイトしていて、普通にお客さんとして遊びにいくうちに、服も可愛いし、なんか楽しそうって思って自分もやることにしたんです」

皆野あい
「セクシー女優候補生Debut!~みんなのあい~ 皆野あい」(ミッドナイト・ブルー)

――メイド喫茶は楽しかったですか?

「女のコ同士だけど、ドロドロがまったくなくて、ユルッとしてたのでなんか部活みたいな感じでしたね。お客さんと話したり接客するのも楽しかったですね」

――そのころにAVスカウトの話があったんですね。

「最初は戸惑ったんです。やりたくないし、恥ずかしいし、バレたらどうするっていうマイナスイメージしかなくて。実際に契約したあとも、お仕事するまではずっと不安でした」

――まずは『週刊プレイボーイ』でグラビアデビューして、そこで芸名を募集するっていう企画だったんですよね。

「まさかいきなり週プレさんに出るとは思ってなかったですね。雑誌の発売日にはコンビニの本棚をチェックしにいきました。でも、立ち読みしている人すらいなくてちょっとガッカリしましたけど。前をスーって通過してビールのコーナーにいっちゃうみたいな(笑)」

皆野あい
「セクシー女優候補生Debut!~みんなのあい~ 皆野あい」(ミッドナイト・ブルー)

――ビールに負けた(笑)。応募してきた芸名には、どんなのがありました?

「有名なAV女優さんの名前をもじってるのが多かったですね。明日花キララさんのキララを取って『アヤツキ・キララ』とか。あとは、ひらがな3文字も多かったですね。『しずく』とか『ひなの』とか」

――そのなかで「皆野あい」に決まったわけですが。この名前を選んだ理由は?

「『みんなに愛される女優さんになってほしい』っていう理由が添えられていたんです。すごくいいなと思ったので、『私は皆野あいがいいですね』っていったら、そのまま決まっちゃいました。まさか、私だけの意見で決まると思ってなかったんですけど(笑)」

――もっとオトナがたくさん会議して決めるんじゃないかと思ってたんですね(笑)。名前も決まって、さあ、とうとうAVデビューという流れですが、撮影はいかがでしたか?

「現場を見たことなかったし、どんなふうになるのかまったくわからなくて。エッチよりも、台本も覚えなきゃいけないし、始まったら、みんなメッチャ見てくるし」

皆野あい
「セクシー女優候補生Debut!~みんなのあい~ 皆野あい」(ミッドナイト・ブルー)

――そりゃ撮影ですからみんなメッチャ見ますよ(笑)。インタビューから始まり、続いて初脱ぎ「ファーストヌード」です。週プレのグラビア撮影とはどのへんが違いましたか?

「やっぱり常に見られている感じがして、気が抜けなかったです」

――続いて、「初めてのひとりエッチ」。これはお道具を使う感じで?

「お道具、使いましたね(笑)。電マとローターの両方使わせてもらって、潮も吹いちゃったんですけど」

――電マとローターはどちらがお好きですか?

「電マですね(笑)。最近、スタッフの方から、電マをいただいたので、いまおウチで使わせていただいてます(笑)」

皆野あい
「セクシー女優候補生Debut!~みんなのあい~ 皆野あい」(ミッドナイト・ブルー)

――そしてついに「ファーストセックス」になります。今までのセックスとは違いましたか?

「初めての人とエッチするだけでも緊張するのに、それにプラスして撮影されてるし、さらにプラスして周りに人もいるっていうので、最初はあんまり気持ち良さを感じることができなかったですね。わー、ヤバイ! 撮られてる! あー、どうしよう! 恥ずかしい! っていう気持ちで」

――でも、そういう口ぶりはなんだか楽しそうですよ。撮られてる感じが気持ち良さに振れてるみたいですね。

「最初のカラミはすべて男優さんにお任せしてたんですけど、失敗しちゃだめだなぁってずっと気は張ってました。体は気持ちよかったんですけど、終わったらすごく気疲れしちゃって、ヘトヘトになっちゃいました」

――そして「おねだりフェラチオ」になりますが、フェラはお好きですか?

「うーん……好きですね(笑)。私、Mなんで、メッチャ奥まで入れたくなるんですよ。苦しいぐらいが気持ちよくて。相手が気持ちいいかよりも、どこまで入るか、挑戦したくなるんです。苦しいけど入れたいみたいな」

皆野あい
「セクシー女優候補生Debut!~みんなのあい~ 皆野あい」(ミッドナイト・ブルー)

――攻撃的なMですね(笑)。そしてデビュー作なのに「初めての3Pセックス」も入ってます。

「アリスJAPANの先輩の川上奈々美さんとお話しをする機会があって、『3P、忙しくなかった?』っていわれて。本当にその通りで、すごく忙しかったです。かわるがわる、こっちもあっちも、みたいな。そうやってたら、アっという間に終わっちゃった感じです」

――忙しいと時間が経つのが早いですからね(笑)。チャプターメニューの最後には、「感謝と決意の独白」っていうのが入ってますが、これは?

「すごいタイトルですね(笑)。作品の最後に、撮り終わった感想をいうシーンなんですけど、撮影中は緊張したし、やっと終わってホッとしてたのもあって、号泣しちゃって。DVDを見たファンの方から『あいちゃん泣いてるの見て、俺ももらい泣きした』っていわれました(笑)」

皆野あい
「セクシー女優候補生Debut!~みんなのあい~ 皆野あい」(ミッドナイト・ブルー)

――精液も涙も、いろんな汁を搾り取る作品になってるんですね。

「もうファンの方にはいつも助けられてます。『皆野あい』って名前を募集したときに、同時にどんなプレイをしてもらいたいかっていうのも募集かけたんですよ。今回の『1人オナニー』もファンの方のリクエストなんですよね」

――ファンの方が育てていくAV女優っていうコンセプトなんですね。今後もリクエストがたくさん来そうですけども。

「いまはイメージ的にカワイイ系のコスプレとかそういうのが多いんで、今後はちょっと大人っぽい感じのシチュエーションとかいいなぁって。今までにない色っぽさを出したりとか、してみたいですね」

Profile

皆野あい(みなの あい)
1995年5月15日生まれ。2015年、アリスJAPANからデビュー。身長153cm、B86・W58・H85。
イベントの情報はツイッターをチェック!
Twitter:@sexyidol01


放送情報

皆野あいちゃんが今月出演している番組はコチラ!


スカパーアダルト番組検索

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる