徳井義実のチャックおろさせて~や

一周年の催し
童貞クンの純潔チ●ポを狙うペロペロ娘

「すいません、またやらしてもらいます!」

 番組MC徳井義実の、そんな一言でスタートした「徳井義実のチャックおろさせて~や 1周年の催し」(2014年3月28日)。そして徳井の横には、前回に引き続いてアシスタントの吉木りさ。お下品ぶりにおいては世界一過酷なエロバラエティである当番組。これまでアシスタントを2回連続でつとめた女性タレントはいないなか、ついに吉木がその悪しきジンクスを打ち破った!

 そんな吉木の男気(?)に、徳井がお礼まじりにツッコミを入れると、吉木は困惑の表情を浮かべながら「今回もまったく(事務所から番組の)内容を知らされていなくて……」と困り顔。これを聞いた一同をずっこけさせながらも、「私のツイッターでも、この番組が人生の中でいちばん大反響なんですよ。いろんなところで『吉木さん、チャック出てたね!』っていわれるんですよー」とすかさず番組を持ち上げ、巧みなポジション取りを見せた。

 昨年3月から始まり、7月、12月と物議を醸してきた「徳井チャック」は、今回の放送でめでたく1周年。ということで、過去3回の放送のダイジェストが流れた後に、「スカパー!アダルト放送大賞2014」の女優賞にノミネートされた女優5名(波多野結衣、初美沙希、桜木凜、吉川あいみ、浅野えみ)が次々に登場。スタジオが一気に華やいだところで、最初の企画、レイザーラモンRGによる「スカパー!アダルト放送大賞2014」舞台裏リポートが始まった。

 実はこのRG、昨年度も同大賞のリポートを担当。リポーターという立場ながら「カミシオ」こと神咲詩織に恋心を抱いてしまい、偏った感情でレポートをしてしまった前科の持ち主。スタッフに「今年は大丈夫ですか?」と釘を刺されて「今年は恋愛しません」と神妙な面持ちで宣言。

 スタジオの出演者が見守るなか、RGのVTRが流れる。同大賞のファン投票レース真っ最中の女優の元を訪れては、次々とインタビューしていくRG。だが、その視線はいつのまにか、恋する男子のそれへと暴走していったのである。

 まずは吉川あいみ、初美沙希とインタビューをこなすも、初美へのインタビュー後には早くも「さきっぽ(初美の愛称)、めっちゃタイプ。人間って弱いですね」と揺れる心境を吐露し、スタジオ内にも「本当に大丈夫なのか?」という空気が広がる。3人目となる波多野への取材後は「マジで学校ですね。あの娘も好き、この娘も好きっていう状態です」とコメント。さらに、4人目の桜木凜へのインタビューでは、RG自らが回すカメラに対してセクシーな演技を披露する桜木の姿に、なんとリアル勃起。スウェットパンツ越しに隆起したシルエットがくっきり映し出された。

 しかし、ここまではまだ序の口。5人目のインタビューとなる上原亜衣への取材を控えたRGは、「実はこれまで上原亜衣ちゃんで50、60回は抜いてます。静止画でもイケます」と、大ファンであることをカミングアウト。取材中も必要以上にデレデレし、当日に向けての緊張を隠せない上原を励まそうと、温存していた「RGあるある」まで披露。禁を破るどころか、ついに「俺は一人の男として、上原亜衣を愛す!」と宣言したRGに、冷静な顔で「オマエ結婚してるやろ」と徳井がツッコむ。

 そうして迎えた「スカパー!アダルト放送大賞2014」当日ーー。はたしてRGは上原への恋愛感情を抑えて、偏った感情なしに無事リポートを終えることができたのだろうか? それとも今年も暴走してしまったのか……?

 RGのリポート終了後は、さらなるゲストとして白石茉莉奈、続いて、前の撮影スケジュールとの兼ね合いで遅れていた上原亜衣が登場。フルメンバーが揃ったところで次の企画へ突入だ。前回の「クリスマスの催し」(2013年12月20日)で放送され、直後からツイッターなどネット上で大反響を巻き起こした「ペロペロハウス」の第2弾、「ペロペロハウス ~SEASON2」だ。某深夜番組をほうふつさせる、郊外のシェアハウスに集った男女8人の恋物語を追った企画なのだが、この中にひとり「めっちゃフェラする娘」が混ざっているというのがペロペロハウスの独自点。

 前回はイケメンと美女ばかりだったが、今回は男子メンバーの中に、メガネでオタクっぽい風貌のリアル童貞「ゆってぃー」(24歳)というトリッキーなキャラクターが新規投入。童貞の彼は、フェラ娘の誘惑に負けず操を守ることができるのか? という、もうひとつの興味も加わった。

 男女8人の動向を追ったVTRが流れ、男と女2人きりの展開へ移るたびにスタジオが期待と不安にどよめく中、ついに“フェラ娘”が、1本目の男子を毒牙にかけることに成功! 「フェラ娘は○○に違いない」という男性陣の事前予想を大きく裏切るフェラ娘の正体に、徳井ら男性陣は騒然。その後も巧みなアプローチで次々と男子を誘惑していく彼女に、今回もスタジオは大盛り上がりとなった。はたして、ゆってぃーは操を守ることができたのか? 続きは、ぜひ本編をご覧いただきたい!

 ペロペロハウスの余韻も冷めやらぬなか、取材班は番組収録後、スタジオから出てきた出演者たちに直撃取材を敢行。まずは、アシスタントとして初の連投となった吉木りさに感想をたずねると、「衝撃もありつつ、謎の感動もありつつという感じでしたね」と苦笑混じりでスタジオを後に。ほかにも、「ペロペロハウス、ドキドキしちゃった。私も出たい!」(浅野)、「ペロペロハウスで、ペロ子役やりたいです!」(波多野)、「ペロ子じゃなくても出たい。でも、カメラに映ってないところでこっそりフェラしちゃうかも」(初美)と、さまざまな意見が飛び交った。

 番組終盤、好評につき、次回からは放送頻度がペースアップされることが明かされた徳井チャック。今後もますます目が離せない!

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる