徳井義実のチャックおろさせて~や

前回は「徳井チャックZ」と、まるでファイナルを思わせるタイトル設定で業界中を心配させた「徳井チャック」。あれから4ヶ月を経て、無事に帰ってきてくれた。「擬似ナマ」での放送と相なった今回の収録当日のドタバタの模様を、記者が現場からリポートする。

地上波では絶対NGの新企画! 手コキカラオケ始めました!

「春だから、ツクシも伸びるし、チ●コも伸びる!」

番組MC徳井義実のそんなひと言で幕を開けた、『徳井義実のチャックおろさせて~や』。その過激な内容ゆえ、これまでも放送されるたびに毎回、「これが最後だろう……」と噂されながらも、しぶとく生き残ってきた同番組だが、春の訪れとともに嬉しすぎる復活だ。

徳井の横でアシスタントをつとめるのは、3度目の正直を通り越して、4度目の登板となった吉木りさ! 歴代アシスタント最多登板に吉木は、収録直前、「(再登板は)なんとも複雑ですね。嬉しさと戸惑いがまだ交差してる感じなんですけど……。しかも、私自身が初めての体験を毎回、この番組で更新するという有様で。今回も何かを更新? あー、楽しみやら、不安やら……。頑張ります」と苦笑混じりにコメント。さらに、徳井と吉木の脇を中川貴志(ランディーズ)、レイザーラモンRGのチャックファミリーが固める盤石の布陣だ。

番組に華を添えるのは、徳井が「大好き」と公言する波多野結衣をはじめ、実に4度目の登場となる初美沙希、そして今回が初登場となる春原未来という豪華女優陣。収録前の初美と春原に話を聞くと……。

「毎回、面白いVTRが盛りだくさんなんですけど、今回も新しい企画があるみたいなので、ホントにすごいワクワクしてます。私もノミネートされていた『スカパー!アダルト放送大賞2015』のリポートもあるみたいですけど、まさか現場で、リポーターのRGさんとあんなことするとは思ってなくて、焦りました。マネージャーがいなかったので(笑)」(初美)
「すごく楽しみで、今回のために、スカパー!加入しました。今回は私もワンコーナー設けていただいたんですけど、『スカパー!アダルト放送大賞』の舞台裏で『あのとき体張って良かったな』みたいな気持ちです(笑)。面白いVTRと面白い人たちに囲まれて新たな自分が生まれたらいいなと思います」(春原)

と、ふたりとも「スカパー!アダルト放送大賞2015」の舞台裏で何かがあったことを示唆。一体、何があったのか!?

そして、スタジオゲストにしみけん、森林原人、赤いティッシュというAV男優3名を招聘。収録前の取材では、しみけんと森林がそれぞれ、ゲストの女優3名全員と絡んだことがあることを告白。負けじと、汁男優の赤いティッシュも「3人全員にかけたことがある」と衝撃の告白(笑)。番組が始まる前から、このカオスっぷり! さすがは、徳井チャックである。

そんななか、まずは3年連続で、もはや恒例となったRGの「スカパー!アダルト放送大賞2015」リポート。過去2回とも女優賞ノミネート女優の誰かに恋をしてしまい、その都度、リポーターとしての資質を疑われてきたRG。以下は、「今回もRGが誰かに恋をするのではないか?」と心配する番組ディレクターとのリポート直前のやり取り。

「RGさん、毎回恋してるじゃないですか?」
「恋したっていいじゃない。渡辺美里だっていってるじゃない」
「RGさん、ツイッターですぐ仲良くなろうとするじゃないですか」

痛いところを突かれ、返しに窮するRG。しかも、RGが恋をした女優は2年連続で女優賞を逃しているという、悪しきジンクスが発覚。それに配慮して、今年は、事前の密着取材ではなく、授賞式当日のひとり10分のインタビューに。しかし、RGは落ち込む様子も見せずに、カメラに向かって「今年は大丈夫です。恋しません(ウィンク)」と宣言。……今年もやらかす予感たっぷりだ。

そんなわけで、女優賞にノミネートされた女優ひとりひとりに10分間のインタビューを敢行することになったRGは、「チャックおろさせて~やBOX」なるものを用意。箱の中には「何かのエロ指令が書かれた紙」が入っており、それを女優に引かせてカメラの前で実践してもらうという作戦に出る。谷間の汗チェック、パンティでパッチン、大声で「オマ●コ」連呼などを各女優にこなさせて、ご満悦のRG。仕事の名の下に、初美沙希とは「ラップ越しのベロチュー」を敢行し、恍惚の表情。その様子を見ていた吉木にドン引きされる始末だ。

初美沙希とのラップ越しのベロチューを終えたRGは、「ファンのみなさん、あくまでラップ上ですからね。ついてないですから。怖いことやめてください」とコメント。さきっぽファンの怒りの導火線に火がつかないことを望みたい(笑)。

RGの様子が少し変わったのは、春原未来へのインタビューのとき。インタビューも盛り上がり、話の流れで「効果的な手マンの仕方」を披露した春原に、RGは他の女優とは違った感情を抱いた様子。授賞式の場でも、春原に「すのっちー!!」と大声で声援を送るRGの姿があった。

RGのリポートが終わると、番組はスタジオへ戻り、「RGの親友」と紹介された春原未来が「効果的な手マン」を実演。切ったメロンを女性器に見立てて、ポイントを解説しながらクンニを実演する春原に会場は大盛り上がり。さらには吉木にメロンを持たせて、手マンを実演すると、吉木はなんともいえない困惑の表情を浮かべる……。この春原の手マン講座はホントに試してみたくなる内容なので、男性視聴者は必見だ。

続いては、今回の目玉として、「地上波なら絶対にあり得ない新企画」がお披露目。ギターを持った芸人・AMEMIYAの熱唱で明かされたその内容とは、「手コキカラオケ、始めました~」。

手コキカラオケとは、普段カラオケで90点以上をたたき出す歌自慢の猛者たちが、手コキのスペシャリスト3名(の女性たち)に手コキされながら高得点を争うという驚愕の内容! しかも90点以上を出せば賞金100万円とあって、参加者たちは皆必死でマイクを握るのだが、下のマイクは悲しいほどに堪え性がなく、高得点を出す前に白い液を出してしまう人が続出。

最後に、街ゆく女子が「AV男優に聞きたいこと」をスタジオゲストのAV男優たちに質問し、しみけんらがそれらの質問に答えるコーナーも興味深い話が続出。スタジオはどんどんエロい雰囲気になっていき、最後は徳井と、RGがまさかの●●を露出!

……と、いつにも増して今回も見どころたっぷり!! 出演者もスタッフも興奮冷めやらぬなか、番組収録後のRGと徳井を直撃した。

「今回のリポートでは恋したのかって? すのっちからは、あくまで親友だといわれたんで、僕も親友という立場を保って、終わった後にハイタッチして別れました。『今日は俺たち、いい仕事したな』っていう。あとは、最後の場面が放送で使われるかどうかですね」(RG)
「今回は一線越えましたね、ついにね。あの場面が使われるかどうか心配ですけど(苦笑)。VTRの面白さはいつも通りですが、今回は特にスタジオのトークもすごい盛り上がったんで、それも良かったですね。手コキカラオケも良かったし。あれ、正直、僕もちょっとやってみたいですね。歌うとしたら? サザンの『白い恋人達』ですかね」(徳井)

最後の場面で一体、何が起きたのか!? そして、それはオンエアされたのか? も含めて、今回も見逃せない!!

■再放送はBSスカパー!(BS241/Ch.585)にて4/19(日)深1:00~3:00
■スカパー!オンデマンドアダルトでは4/26(日)まで無料配信中! 詳しくはコチラをチェック!

ご契約はこちらから

ご契約はこちらから WEBなら24時間受け付け

テレビでみるなら

WEBでのご加入はこちら

スマホ・PC・タブレットでみるなら

スカパー!アダルトオンデマンド 詳しくはこちら

閉じる